転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

キャリぺディア

転職実用事典「キャリペディア」

ポートフォリオを使って転職を有利に進めるには? 面接でよくある失敗と対処法

健康保険証イメージ画像

<INDEX>

クリエイティブ系の仕事に就きたい人にとって、作品(成果物)の履歴書であるポートフォリオは大切なものの一つです。ここではポートフォリオの理想的な作り方や、効果的なプレゼンテーションの実施方法などを、分かりやすくご紹介します。

ポートフォリオとは?

ポートフォリオ(portfolio)という言葉(英語・イタリア語が語源)は、もともとは「紙ばさみ」や「折りかばん」「書類を運ぶケース」を表すものとして、日本に入ってきた言葉です。

ポートフォリオは業界によって、意味が異なる

このポートフォリオという言葉は、使われる業界によって意味が異なります。ここではポートフォリオを使用する「金融・投資系業界」「教育業界」「クリエイティブ業界」の3業界に絞って、言葉の意味や使われ方を説明します。

<金融・投資系>

金融・投資系業界で用いられるポートフォリオとは、投資家が保有している金融商品の一覧を表す言葉として使われています。主には分散投資を目的とした金融資産の組み合わせをまとめたものをポートフォリオと呼び、金融取引の一つの指標になっています。

<教育系>

教育業界で用いられるポートフォリオとは、教育機関が担当する生徒の成長の記録をまとめたものという意味で使われています。試験などの成績、日々のレポートや成果物、学校生活のなかで撮影された写真や動画などが、ポートフォリオとして記録されます。

<クリエイター系>

クリエイティブ業界でのポートフォリオとは、クリエイターの成果物をまとめた作品集のことを指す場合が多いです。いわばクリエイターの作品の履歴書。採用面接などでこのポートフォリオをうまくプレゼンすることで、制作に臨む姿勢やその方向性、品質の高さなどを伝えることができます。

この記事では転職活動などで使う「クリエイター系」のポートフォリオについて解説していきます。

転職時にポートフォリオを作成する理由

デザイナーやフォトグラファー、イラストレーターなどクリエイターが転職する場合、その成否に大きく影響を与えるものの一つにポートフォリオがあります。

「どんな作品を作る(撮る)人なのか」「どんな工夫を凝らしているか」「独創性が感じられるか」など、ポートフォリオから得られる情報は思った以上に大きいものです。

きちんと作られたポートフォリオは、自分の強みやスキルをアピールする資料になります。作品の方向性や自身の得意分野、時にはその作品が醸し出す情報により、作り手の人柄までが透けて見えることも。

最近ではWEB上にポートフォリオを公開しているクリエイターも見受けられます。紙のポートフォリオと比べ、検索エンジンやSNSなどから採用担当者に見つけてもらう可能性を高める効果があります。自ら売り込まなくても「この人と共に仕事がしてみたい」「スカウトしたい」など、採用担当者からのアプローチによって、希望どおりの転職がかなう場合もあります。

ポートフォリオは紙・WEBどちらで作ればいい?

紙のポートフォリオを面接に持参する場合、作品を見せながらその制作意図(コンセプト)や工夫のポイントなどが説明できるなどのメリットがあります。

最近では、転職の書類審査でWEBのポートフォリオのURLを求められることが多く、凝ったデザインのWEBサイトを作り上げる人もいます。

採用側からすれば紙のポートフォリオもWEBサイトも、合否の判断材料になるため、どちらかが良いという訳ではありません。面接で説明しやすいほうを選んだり、応募企業によって紙とWEBを使い分けたりするなど、ベストなプレゼンテーションができる媒体を柔軟に選ぶようにしましょう。

面接官の目を引くポートフォリオの作り方

ポートフォリオは、ただ作品を集めてファイリングすれば良いというものではありません。面接官の印象に残るようなポートフォリオの作り方にフォーカスし、作成時の重要ポイントや留意点などをご紹介します。

目次

ポートフォリオ全体を一目で理解させる工夫として挙げられるのが「目次」の存在です。どんなコンセプトで作られたものなのか、どこにフォーカスしているのか、どんな分野か、何を伝えたいのかなど、目次を設けることで内容や全体のボリューム感が把握できます。特に注目してほしい部分を「目次」で目立たせるなど、面接時の限られた時間で最大限のアピールができるよう作りましょう。

また、読みやすさを考慮してデザインすることも大切。読み手のことをイメージして工夫を凝らすと、更にメッセージが届きやすくなるはずです。

自己紹介

ポートフォリオ内に自己紹介コーナーを設ければ、作り手の人となりを伝えることもできます。

必ずしもすべての職務経歴に触れる必要はありませんが、他人から見てインパクトのある経験、自らのクリエイター人生に多大な影響を与えた出来事などを記載すると、個性を伝えることができるでしょう。

特に自身の強みは、具体的に記載すると効果的です。デザイナーの場合、紙のデザイナーなのか、WEBなのか。コーダーとして活躍可能なのか。手描きのイラストが描けるか。どんなテイストの作品作りが得意なのかなど、詳しく記載することでそのバリューが伝わると思います。

特に以下のポイントは必須項目ですので、ポートフォリオには必ず記載するようにしましょう。

【自己紹介で記載すべき項目】

  • 名前/フルネームで。読み仮名も併記
  • 生年月日・顔写真/あると印象に残りやすい
  • 趣味や特技/人となりが伝わる
  • 職務経歴/インパクトのある経験や影響を受けた経験など
  • スキル/できることのメニュー
  • 保有資格/クリエイティブ系以外も列記することを推奨
  • 使用可能なツール/Illustrator、Photoshopなど、職種に応じて記載
  • 自身の強み/記載すると印象に残りやすい

作品紹介

複数の作品がある場合は、上記のように「目次」などを活用し、作品のカテゴリーごとに紹介しましょう。自身の個性をアピールすべきか、入社を希望する企業の事業・クリエイティブに則した作品を前面に出すべきか、応募企業ごとに作品の順番を変えるなどの戦略も必要です。

作品紹介の項目では以下を記載し、自身のスキルや成果を一目で伝えられるようにしましょう。

  • 作品のジャンル/ポスター、サイネージ、交通広告、テレビ広告、冊子、WEBなど
  • 作品名やプロジェクト名/守秘義務に注意して記載
  • 作品コンセプトやターゲット/企画意図と制作物に一貫性があるか
  • 担当した部分/デザイン・ディレクション・撮影・スタイリストなど
  • メインビジュアルや制作時の工夫点/こだわりの部分を紹介
  • 成果/どのような効果があったか、具体的な数字を用いると説得力UP
  • 作品数/10~20程度。作品が少ない場合は新たに作品を作成
  • 作品の説明分/長過ぎず短過ぎず、200〜400字程度を目安に作成

ポートフォリオを作成するうえでの注意点

ポートフォリオに掲載してもよい作品かをチェック

自身が制作に携わった作品といえど、その制作を行った会社やクライアント企業に著作権が帰属することがほとんどだということを意識しましょう。作品の内容や自身の担当範囲など、守秘義務に反しない範囲内での記載は、問題にならないこともあります。しかし、事前に著作権を持つ企業に転載の許可を得るなど、事後にトラブルにならないよう気を付けることが重要です。

またクライアントと秘密保持契約を交わしている場合、著作権や知的財産権のほか、企業情報などの機密保持を心掛けましょう。更にWEBサイトのポートフォリオでは、紙とは違い誰が見ているのか分かりませんので、管理を万全にする必要があります。

WEBのポートフォリオでの注意点

URLを伝えるだけで手軽に作品紹介ができるWEBのポートフォリオですが、メールアドレスや電話番号といった連絡先の情報がないなど、採用担当者がコンタクトができないサイトでは意味がありません。どういった企画意図のもと作成されたポートフォリオなのか、連絡先と共に記載しましょう。またSNSをポートフォリオとして代用する場合も、誰に見られても問題が起きないもの、自身の仕事や人柄が伝わるものを作成しましょう。

【職種別】ポートフォリオ作成のコツ

ここでは職種ごとにどのようなポートフォリオが適切か、説明します。

グラフィックデザイナー

紙の作品を残すグラフィックデザイナーの場合、作品のダイナミックさがストレートに伝わるようファイリングしたポートフォリオが適しています。紙の作品の場合、どんな紙で趣を演出したのかなども大切な訴求ポイントです。

また最近では作品の広がりやコンセプトが伝わりやすいという理由から、WEBのポートフォリオを使うグラフィックデザイナーも増えてきています。

≫グラフィックデザイナーの求人・転職情報はコチラ

WEBデザイナー・WEBディレクター

WEB系クリエイターの場合、活躍の舞台はWEBとなる関係でWEBのポートフォリオサイトが望ましいでしょう。さまざまなシーンを想定したサイトデザインやコンセプトメイキング。こだわった部分が分かるようなプロモーションサイトを用意することが必要です。

またコーディングスキルに関しても問われることが多いので、タグベースでの説明ができるようなポートフォリオが効果的です。

WEBディレクターの場合、WEBデザイナーやライター、フォトグラファーに対してどのような働きかけ(ディレクション)をして、作品のクオリティを上げてきたのかが分かるページなども必要になってきます。

≫WEBデザイナー、WEBディレクターの求人・転職情報はコチラ

ITエンジニア

WEBサイトやスマホサイトアプリのUI/UXデザイナーや、バックエンドでサイト全体の情報管理を支えるインフラエンジニア、データの扱いに特化したデータサイエンティストといったITエンジニアの場合、システムの設計方法や、実際のシステムの動きや見栄えが分かるプロモーションサイトが効果的です。その際ユーザがどのように遷移するかなど、ユーザビリティーの工夫点を見せるといいでしょう。

≫ITエンジニアの求人・転職情報はコチラ

ライター

ライターと言っても千差万別。広告コピーをひねり出すコピーライターから、ブログに特化したライター、メーカーの製品や技術を伝えるテクニカルライターまで実にさまざまです。共通することは「文章を書いてお金にする」こと。

ポートフォリオはその文章の出来栄えが分かるものということになります。携わった書籍や新聞・交通広告・ポスターなどの紙媒体からWEBサイトまで、いずれもポートフォリオの素材になり得ます。転職の選考では、上記の作品説明として企画意図や担当部分、成果をしっかり伝えられるかが重要視されます。

≫記者・ライターなど編集・制作の求人・転職情報はコチラ

フォトグラファー・動画クリエイター

静止画を扱うフォトグラファーと、動的コンテンツを扱う動画クリエイターでは、訴求するポイントが変わってきます。

フォトグラファーの場合、効果的なボケや適切なライティング、シズル、レンズなどの機材、ロケーションなど、絵作りに関するこだわりが分かるような構成にすると伝わりやすいです。またポートフォリオは紙でもWEBでも構いません。

動画クリエイターの場合も上記に共通する項目が多いですが、動画という性質上動くものが見せやすいWEBに軍配があがります。またどのように編集したのか、エフェクトは何を使ったかなど、制作環境が分かる記載も必要となります。

≫フォトグラファーや映像関連職の求人・転職情報はコチラ

ポートフォリオを面接でどうアピールする?

ポートフォリオを使って面接を成功させるには、どのようにアピールすればいいのでしょうか? ポイントを紹介します。

面接官がポートフォリオを見ているポイント

クリエイティブ系のポートフォリオの場合、どんな見せ方や要素が必要なのか。ここでは面接官がポートフォリオのどこを見ているか、といった点から考えてみたいと思います。

紙のポートフォリオも、サイト形式のWEBポートフォリオであったとしても、面接官はどのような創意工夫を凝らし制作してきたかを見ています。

見せ方に必ずしもルールはありませんが、得意分野にフォーカスして見せたり、華のあるコンテンツを前面に押し出して目を引いたり、面接官が感心するようなストーリーを展開したりすることで、クリエイターとしてのスキルはもちろん、将来に向けた可能性や秘めた情熱を伝えることができます。

また、自分の言葉でしっかり伝えることも大切です。話し方や表情・コミュニケーション能力の高さなどを、面接官は判断材料として見ています。

プレゼンする際に押さえておくべきポイント

上記を踏まえて、ポートフォリオのプレゼン時に押さえておくべきポイントを考えていきましょう。

●ポートフォリオのアピールポイントをしっかり伝える

どのような企画意図で作ったか、作品を通じ課題に対してどのように対応し解決したのかを伝えましょう。

●初対面の面接官とのコミュニケーションに気を配る

一方的にプレゼンするのではなく、時には作品に対する感想や意見を引き出す話し方を心掛けましょう。

●プレゼンに掛けるタイムスケジュールを考えておく

さまざまなパターンを想定し、少なくとも所要時間3~5分のショートバージョンと、10分~20分のロングバージョンをシミュレーションしてプレゼンの準備をしておきましょう。ショートバージョンの場合は作品ごとに紹介したい部分を絞ることで好印象が得られます。

●オンライン面接では画面共有の許可を得てからポートフォリオをプレゼン

急に画面遷移すると失礼に当たる場合があるので、画面共有の可否を確かめてから行いましょう。また、本番で慌てず、スマートなプレゼンができるよう準備を整えておくと安心です。会議ツールの種別があらかじめ分かる場合は、共有方法のテストを事前にしておきましょう。

面接での失敗あるある。どう対処すればいい?

ここではポートフォリオを使ったプレゼン時にありがちな失敗や、面接官を困らせてしまうよくある失敗を紹介します。

<失敗例その1>

ポートフォリオを使い自分が得意とする分野の作品を中心に説明したが「ウチのテイストには合わないかもしれません」と返されてしまった。

【面接官経験者の回答】

その企業で求めているスキルや作品の傾向がマッチしていなかったようですね。

自社で活躍できる人材かという視点で面接官は見ているので、まずはその企業の理念やブランドなどを研究し、企業が求めている内容に近い作品と、自分の特徴を伝える作品の両方をプレゼンすべきだったと思います。

<失敗例その2>

実績を多く掲載しデザインにこだわった渾身のポートフォリオを作ったが、面接官は数ページ目を通すだけ。ポートフォリオをしっかり見てもらえないまま面接が終わってしまった。

【面接官経験者の回答】

渾身のポートフォリオとのことですが、「何を面接で伝えるのか」が明確になっていたでしょうか。一般的にポートフォリオではデザイン性や作品のクオリティも評価しますが、受け手に何をどのように伝えたいのか、分かりやすく記載されていることが重要です。面接という限られた時間の中で、すべての実績やコンセプトを伝えることは現実的ではありません。アピールしたい要点を整理し、短時間でも自分の強みを伝えられるポートフォリオの作成を心掛けましょう。

<失敗例その3>

気に入っている作品の説明を事細かに長時間行ったが、面接官の反応が薄く一方的に話すだけになってしまった。

【面接官経験者の回答】

細かなこだわりの説明ばかりで、場をしらけさせてしまったのではないでしょうか。スキルや実績も評価しますが、面接官は一緒に働きたいと思える人の採用を考えています。そのため、コミュニケーション能力も重要な評価項目です。簡潔に分りやすい説明を行うことがプレゼンの基本。常日ごろからロールプレイングするなど話し方を研究するのも、転職成功のカギだと思います。

まとめ

クリエイターにとってのポートフォリオは、自分の魅力を伝えるうえで大切な財産。転職活動においても、作品の履歴書として欠かせないものの一つです。作り方のポイント、面接での注意点をしっかり押さえて、転職活動に臨みましょう。

マイナビ転職 編集部

あした転機になあれ。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。

キーワードから記事を探す

検索フォーム

人気コンテンツランキング
転職成功ガイド