転職ノウハウ 応募企業の探し方、面接のポイントから、円満退職の秘訣まで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!
このエントリーをはてなブックマークに追加
キャリぺディア

転職実用事典「キャリペディア」

既卒の就職は難しい!? 既卒就活で内定を得る方法とは?

タイトル画像

<INDEX>

既卒(既卒者)とは?

「既卒(既卒者)」とは、高校、専門学校、大学などの学校を卒業後、一度も就職したことがない人(社会人経験がない人)を指します。明確な定義はありませんが、一般的には卒業後1~3年程度の人を差すことが多いようです。

既卒と同様、よく聞く言葉に「第二新卒」があります。学校を卒業して1~3年程度であることは同じですが、一度は就職し、社会人経験がある人のことを指しています。
⇒第二新卒の詳しい説明はこちら

最近では新卒の就活(就職活動)が思うように行かなかった場合、「既卒」になることを避け、次年度に新卒として就活をできるようあえて留年する人もいるようです。しかし、学費がかかるなどのデメリットもあります。

では「既卒」として就活をする場合、就活の方法や、気をつけるべきことはあるのでしょうか?

「既卒」の現状・就活方法について、キャリアアドバイザーに聞いてみた!
マイナビジョブ20’s/キャリアアドバイザー

求人市場における既卒の求人ニーズや、企業が既卒者に求めること、就活で気をつける点などを、マイナビの20代専門人材紹介サービス「マイナビジョブ20’s」のキャリアアドバイザーに聞いてみました!

新卒の内定率が高くなっても、既卒の数は変わらない!?

Q:既卒って増えている? 減っている?

近年の新卒採用は売り手市場(就活生のほうが有利)と言われており、大学生の内定率も上がってはいるのですが、「マイナビジョブ20’s」に相談に来る既卒者の数は、年度で大きく変わらないという印象です。というのも、既卒になる理由はさまざまで、就活を始めようとする時期も人によって違うからです。

<「既卒」になる理由>

  • 在学中に就活をしていなかった
  • 就活はしてみたけれど、積極的になれず、そのまま卒業してしまった
  • 就活し、面接に進んでいたけれど内定が出なかった
  • 公務員試験に受からず、卒業してしまった
  • 内定を得たが、その会社のインターンやアルバイトをしてみて、合わないと思い内定を辞退してしまった
  • 学校卒業後、資格学校や専門学校に通っていたため
  • 海外留学などで卒業時期がほかの学生と異なり、新卒就活ができなかった
  • など

「企業の採用難」によって、既卒の就職チャンスは広がっている!

Q:既卒を採用する企業は増えていますか? また、既卒を採用する理由は何ですか?

既卒を採用する企業は増えているという実感はあります。その理由の多くは、売り手市場に関係していると思われます。

<企業が既卒を採用する理由>

  • 新卒採用だけでは人員を確保しきれない企業が多くなっているため
  • 新卒採用の競争の激化により、中小企業の採用が難しくなっているため
  • 組織の年齢構成上、20代の人員を確保するため
  • などが挙げられます。

売り手市場によって、大手・中小企業を問わず、採用予定人数を確保しきれない企業が多くなっています。また学生側の応募も有名・大手企業に偏ってしまい、中小企業が人材確保に苦戦している、という現状があります。

企業は組織の年齢構成を適正に保つため、定期的に若手を採用することが多く、更に「3年以内に辞める新卒入社社員が多い」と言われる現代、企業側の「若手を採用したい」というニーズは絶えることがありません。

最近では一部の大手企業が、新卒一括採用のシステムを見直し、新卒・中途の採用枠や卒業年度、年齢にとらわれない採用手法を取り入れることを発表するなどの動きを見せています。

そのため「既卒」だからといって一概に「就職が難しい」とは言えない時代になってきていると思います。

既卒が企業にアピールできることって何?

Q:社会人経験のない、既卒が企業にアピールできることは何ですか?

当然ですが既卒者には社会人経験や業務にまつわる知識・スキルはありませんし、企業もそこに期待はしていません。企業が期待しているのは、「仕事への意欲」や「入社後の成長」「ポテンシャル」です。

<企業が既卒を採用する時に重視している点>

  • 素直さがあり、育てやすいか
  • 入社意欲の高さ、熱意があるか
  • 「社風にフィットするか」「一緒に働いていけるか」などの人柄

企業によって採用基準は異なりますが、多くの採用担当者がチェックしているのはこれらに集約されると思います。

企業にとって、既卒は基本的なビジネスマナーをイチから教えていく必要があり、教育の手間がかかるためデメリットと捉えられることもあります。しかし、経験を積んだ中途入社者では、「前職の社風や業務の進め方に捉われてしまい、入社後にうまく会社になじめない」という心配もあります。

その点、既卒者であれば新卒と同様に「社会人経験がない分、柔軟で適応力がある」「社風になじみやすい」と考えられ、教育の手間はかかるが育てやすく、成長スピードや伸びしろに期待できると考えている企業が多くあります。

入社後の伸びしろを重視して採用する点は、新卒とほぼ同じです。ですから「既卒で社会人経験もないのに、求人に応募しても良いのかな……」と不安に思う必要はありません。ただし新卒一括採用が定着している会社の中には「既卒」に対するマイナスイメージを持つ採用担当者がいるのも確か。新卒の時よりも工夫した就活方法・アピールが既卒就活を成功させるカギになります

既卒の就活方法とは?

Q:既卒が就活をするには、どんな方法がありますか?

既卒者が就活を行う時、例えば以下のような応募の方法があります。

  • 求人サイトからの応募
  • 企業ホームページなどからの応募
  • 人材紹介(就職エージェント)
  • ハローワーク
  • など

ただし、新卒採用のように定期採用しか行わない企業や、ある程度のスキル・経験を持つ中途しか採用しない企業もあるため、既卒は応募できる企業が少なくなってしまいます。そのため、さまざまなメディアやサービスから求人を探すことが大切です。

Q:新卒向けの就職サイトや、転職サイトから既卒者は応募できますか?

一概には言えません。新卒向け就職サイトに掲載される求人の多くは「卒業予定者を対象にした求人情報」ですが、企業によっては既卒者のエントリーを受け入れていることがあります。

転職サイトの場合、「社会人経験や業務経験を求める求人」が多く、求人情報には「応募資格」が記載されていることがほとんどです。スキルや経験を求める募集ではなく「未経験歓迎」「経験不問」などと書かれている場合は、既卒にもチャンスがあるかもしれません。なかには「既卒者も歓迎します」とうたっている求人もありますので、「既卒」などのキーワードで転職サイト内を検索してみるのもいいかもしれません。

求人サイト、あるいは企業ホームページなど、いずれにしても「応募したい」と思う企業が見つかれば、まずは応募してみる、あるいは応募前に「既卒ですが応募可能でしょうか?」と問い合わせてみましょう。企業によっては、問い合わせること自体が「入社意欲がある」と捉えられ自身のアピール要素の一つとなるかもしれません。

Q:人材紹介とは何ですか? 既卒でも利用できますか?

人材紹介とは、採用ニーズのある企業からの依頼を受け、応募条件に合う人材を紹介する就職支援サービスです。人材紹介サービスの多くは募集職種や業界の経験がある人を対象にしていますが、最近では既卒や第二新卒など、社会人未経験や経験の浅い人材に特化した人材紹介サービスも増えています。求人の紹介だけでなく、キャリアカウンセリングや、履歴書作成・面接対策などのフォローも行っていますので、一度相談してみるのも良いでしょう。

既卒の就活を成功させるコツとは?

Q:既卒の就活を成功させるため、心がけておくべきことを教えてください。

まずは「自分が既卒である現実」を受け入れる

既卒を積極的に募集している企業が少ないことや、中には「既卒」というだけで良くないイメージを持つ採用担当者がいることを考えると、既卒の就活は新卒や中途に比べると不利であると思っておいたほうがいいでしょう。

だからといって、「既卒は就職が難しい」ということに直結しません。なぜなら採用担当者は「既卒になった理由」や「社会人としての経験がないこと」よりも、「既卒になったことを踏まえて、就職するためにどんな努力をしてきたか」を重視しているからです。履歴書や面接では、これらの点をどれだけアピールできるかが大切になります。

「視野を広げて就活を行う」

就活は、幅広く社会を知る機会です。「自分がやりたいこと」だけに絞らず「今の自分ができること」も踏まえて、幅広い業種や職種に興味を持つようにしましょう。

更に言うと、漠然と「自分がやりたいこと」を考えるのではなく、「将来的にこういうことができるようになっていたい」という具体的な目標を持ちましょう。目標を達成するために必要な経験や、身に付けておくべきスキルが分かれば、どんな会社や職種に応募すれば良いかが明確になり、志望動機が書きやすいことはもちろん、応募後・入社後のミスマッチも防げます。

「主体的に行動する」

「志望業界や企業についてよく調べる」「応募可能かを企業に問い合わせてみる」「面接・面談の機会を得たら、とにかく採用担当者に会ってみる」など、主体的に行動することが大切です。

応募前には、企業の求人情報やホームページなどをしっかりと読み込んでいく必要があります。実店舗や製品・サービスがある企業ならば、店舗へ行く、商品を見る・使うなど、実際に利用してみましょう。応募企業の特徴や強みがより分かります。この点がアピールできれば、採用担当者も「うちの会社のことを良く調べているな」と好感を抱くでしょう。

求人情報やホームページに書かれている文章や条件だけでは、判断できないことはたくさんあります。これは新卒・中途にかかわらず、共通して言えることなので、社会人経験のない既卒の場合はより主体的に動くことが必要です。

既卒ならではの履歴書・面接対策とは?

Q:履歴書作成や面接で使える、具体的な対策はありますか?

書類の書き方や、面接時のあいさつや身だしなみなど、就活・ビジネスマナーの基本を押さえておくことはもちろん必要ですが、既卒だからこそ注意して欲しい点があります。

【POINT.1】「志望動機」に「自己PR」を織り交ぜること

履歴書・面接の志望動機には、ほかの求人と比べて良いと思った点を説明しましょう。仕事内容や企業理念、その企業が扱う製品・サービスなどでも構いません。でも単に「良いと思ったから」ではなく「自己PR」を交えながら述べるのがポイントです。

たとえば応募企業に入社したら「これまでの自分のどういう経験を生かせるか」や、「自分のこういう目標をこの会社なら叶えられる」など、自分との接点や結びつきを探して説明しましょう。そうすると、自分の強みをアピールできるだけでなく、採用担当者も志望動機に納得しやすくなります。学生時代に一生懸命取り組んだことや、アルバイト経験からアピールできる強みなどを探しましょう。

【POINT.2】「就職するためにどんな努力をしているか」をきちんと説明できること

「なぜ既卒になったのか」という問いは、面接ではよく聞かれる質問です。既卒になった理由は人によってさまざまあると思いますが、正直に話して構わないと思います。大切なのは「既卒になった事実を自分自身がどう受け止めているか」と、「就職するためにどんな努力をしてきたか」をきちんと説明できるかです。

例えば「学生時代は就活に積極的になれなかったことを反省して、卒業後になりましたが、企業研究や業界研究を進めるべく、さまざまな本を読んだり、御社が運営する店舗にも足を運びました。またビジネスマナーを身に付けるため本で勉強しています」と、就活をしなかったことや、社会人経験がないことをカバーするため、現在どんな努力をしているのかを述べましょう。「接客スキルを身に付けるため、接客業でバイトをしている」「WordやExcelの勉強をしている」「志望する職種に必要な資格取得を目指している」などでもいいでしょう。

採用担当者は単に既卒になった理由を知りたいのではなく、そこから何を学び、どう考え、どんな行動や努力をしているのかを知りたいのです。

なぜならば仕事で失敗をしたときも同じだからです。「失敗してしまった」で終わるのではなく、「その経験から何を学び、次にどう生かしていくか」を考えられる人は、新卒・既卒・中途を問わず、企業にとって本当に採用したい人といえるでしょう。

【POINT.3】「熱意・意欲」をしっかりアピール!

既卒であるということは、企業から「就業意欲が低いのでは?」と思われてしまう可能性もあります。そこを払拭するためにも、「御社に貢献したい」「一生懸命に努力します」と熱意や意欲をアピールすることが大切です。たとえ社会人経験がなくても、意欲や熱意がある人なら「一緒に働きたい」と思う企業は多いはずです。

まとめ

「既卒だから就職できない」と悲観的になることはありません。社会人経験の有無にかかわらず、採用したいと考えている企業は多くあります。視野を広げて自分から行動することを心がけましょう。まずは応募してみる、応募しても良いか問い合わせるなど、そこからチャレンジしてみましょう!

【取材協力】

マイナビジョブ20's

マイナビジョブ20'sは、マイナビグループが運営する20代のための転職支援(人材紹介)サービスです。専任キャリアアドバイザーが個別キャリアカウンセリングによって最適なお仕事をご紹介します。カウンセリングに強みを持っており、ユーザー満足度は90%を超えています。

マイナビ転職 編集部

バックナンバー

短所を長所に変換! 面接での長所・短所の伝え方・NGポイント【例文あり】

「あなたの長所・短所は何ですか?」という質問は面接の定番ですが、「自分の長所・短所が分からない」「長所・短所は分かっているけれど、ありのままに答えて...

履歴書の「通勤時間」「健康状態」「賞罰」欄、どう書くのが正解? 【記入例・書き方】

履歴書に「通勤時間」、「健康状態」、「賞罰」の記入欄がある場合の書き方を解説。転居予定の場合の通勤時間の書き方や、交通違反は賞罰に当たるのか? など...

みなし残業とは? 転職前に知っておきたい「みなし残業代」や「みなし労働時間制」について

「みなし残業ならいくら残業しても残業代は変わらないのは嘘?」「みなし労働時間制って?」「裁量労働制との違いは?」など、みなし残業とは何かを解説。実は...


賛成! あたらしい生き方。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。

  • マイナビ転職 グローバル
  • マイナビ転職 エンジニア求人サーチ【IT】
  • マイナビ転職 エンジニア求人サーチ【ものづくり】
  • マイナビ転職 女性のおしごと
マイナビ転職 適性診断
マイナビ転職 適性診断

会員登録(無料)


1分で分かる! あなたの強み「社会人力診断」
メカラボ
土地柄タイプ診断
職務経歴書・履歴書テンプレのダウンロード
オフィシャルBOOK
シゴトサプリ