転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

キャリぺディア

転職実用事典「キャリペディア」

「御社」「貴社」の違いは? 面接で「弊社」と言う? 使い分けの基本

御社、貴社、弊社の正しい使い方について調べているイメージ画像

相手の会社を指す「御社」「貴社」、また自分の会社を指す「弊社」「当社」や、あて名の「御中」「様」の言葉。転職活動において、履歴書などの書類作成や面接で、どのように使い分けるのが正しいのでしょうか? 転職活動を始める前に、言葉の使い分け方を理解しておきましょう!

<INDEX>

「御社」「貴社」の違いは? 転職活動での使い分け

どちらの言葉も相手の会社を指し、敬って呼ぶ時の言葉です。
違いについて簡単に言うと

御社(おんしゃ)・・・話し言葉で使う

貴社(きしゃ)・・・書き言葉で使う

つまり、面接などで話す時は「御社」を使い、履歴書や職務経歴書などの書類作成や、メールなどの文中では「貴社」を使います。

また「御社」「貴社」は敬語なので、「御社様」「貴社様」という言い方は二重敬語にあたり、間違った日本語です。敬語表現を重ねすぎるとかえって「失礼だ」と思われることも少なくないので、使わないようにしてください。

一般企業でない場合は別の言い方があります。

銀行=「御行」「貴行」
信用金庫=「御庫(御金庫)」「貴庫(貴金庫)」
学校・学校法人=「御校」「貴校」
※学校名が●●学園の場合は「御学園」「貴学園」、●●学院の場合は「御学院」「貴学院」もOK
市役所、区役所=「御庁」「貴庁」
病院=「御院」「貴院」
機構=「御機構」「貴機構」
組合=「御組合」「貴組合」
協会=「御会(御協会)」「貴会(貴協会)」
など

いずれにしろ、話し言葉の時は「御」を付け、書き言葉の時は「貴」を付けると覚えておくと良いでしょう。

「御社」「貴社」を使った例文

【履歴書など応募書類では……】

  • 貴社が、他社と比較してお客さまに合わせたきめ細かいサービスを提供している点に共感しました。
  • 現職で培った店舗運営の経験を生かし、即戦力として貴社に貢献したいと考えております。

【面接では……】

  • 御社は業界のパイオニアであり、海外拠点の展開も視野に入れているからこそ経験できる業務に携わりたく志望しました。
  • 前職の事務経験を生かしながら、新しい知識も吸収し、早く御社に貢献できるように努めます。

「御社」「貴社」の使い分けは転職活動だけでなく、あらゆるビジネスシーンで使える基本マナーなので、しっかりマスターしましょう。

「弊社」「当社」の違いは? ビジネスシーンでの使われ方

自分の会社を指す言葉に「弊社」「当社」という言葉もあります。
どちらも意味は同じですが、「弊社」のほうがへりくだった印象を与える言い方です。

一般的なビジネスシーンにおいて、よくある使い分け方としては

弊社(へいしゃ)・・・社外の人に話す時に使う

当社(とうしゃ)・・・自社の人に話す時に使う

実際、取引先との会話や、商談などでは「弊社」を使っている方も多いのではないでしょうか。ただし、厳密な使い分けのルールはないようで、取引先に対しても「当社」と言う場合もあるようです。

転職面接で「自分の会社」をどのように言うべき?

応募先・面接先の企業は、取引先や商談相手ではありませんので、「弊社」とへりくだる必要はありません。

また、「弊社」や「当社」は、“今の会社の一員あるいは代表としての発言”になってしまいます。面接は会社の代表として受けるのではなく、あなた個人として受けているものです。

ですから面接で今の会社のことを説明する時は「現職」「現在の勤め先」(すでに退職している場合は「前職」)などの言い方のほうがふさわしいでしょう。

「御中」と「様」の書き分け

履歴書や職務経歴書を郵送する、あるいはメールでコンタクトを取る際など、あて名書きで「御中」や「様」といった敬称を使うことがあります。

この使い分けは

御中(おんちゅう)・・・組織の中の誰かに対して使う敬称

様(さま)・・・特定の個人に対して使う敬称

「御中」は、企業名・団体名・部署名などの後に付ける敬称のため、“組織に対して使うもの”と思われがちですが、実は違います。「御中」は、「名前は分からないが、組織の中のどなたかへ」という意味があります。反対に、名前が明らかな場合は「様」を使います。そのため「御中」と「様」の併用はNGです。

株式会社●● 人事部御中
株式会社●● 人事部 舞名比 太郎様

× 株式会社●●御中 舞名比 太郎様
「様」を使う場合、「御中」は不要です。

では、あて名となる部分が名前や部署名ではなく、「採用担当」などの場合はどうすれば良いでしょうか?

「採用担当」の後に「者」を付け、「採用ご担当者」とする場合は、相手が人であることが明確になっているため「様」を付けましょう。

しかし「採用担当」を「組織」としてとらえると「採用担当御中」のほうが適切です。

株式会社●● 採用ご担当者様
株式会社●● 採用担当御中

まとめ

いかがでしたか? ちょっとした言葉の違いですが、採用担当者によっては「基本的なビジネスマナーが身に付いていない人」と受け取り、マイナスイメージを持たれてしまうこともあるかもしれません。正しい「御社」「貴社」などの使い分けをマスターして、自信を持って転職活動を進めてくださいね!

マイナビ転職 編集部

賛成! あたらしい生き方。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。

キーワードから記事を探す

検索フォーム

人気コンテンツランキング
転職成功ガイド