転職ノウハウ 応募企業の探し方、面接のポイントから、円満退職の秘訣まで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!
このエントリーをはてなブックマークに追加
キャリぺディア

転職実用事典「キャリペディア」

大失敗! 見当外れだったアピールポイント3例

タイトル画像

転職活動の面接において、自己ピーアール(自己紹介)は重要なもの。大いに話を盛り上げて、面接官に好印象を残したいものです。しかし、「しっかり自己ピーアールしなきゃ!」と意気込むあまり、アピールポイントが見当外れなものになっては逆効果です。かえってマイナス評価につながってしまいかねません。

そこで、自己ピーアールの考え方と、失敗してしまいがちな「見当外れなアピールポイント」を3つの例でお話ししていきたいと思います。

基本は「面接官ファースト」

あなたは、「自己ピーアールとは、自分がアピールしたいことをアピールするもの」と思っていませんか?
残念ながら、面接の場ではそれはNGです。これは、提出書類も面接も同じですが、自分がアピールしたいことではなく、“面接官が知りたいことをアピールする”という「面接官ファースト」の姿勢が大切です。

では、面接官が知りたいこととは何でしょうか?それは、

  • 当社の一員として、会社や組織にメリットをもたらす人か?
  • 当社が求めているスキルを持っている人か?

の2点です。

ですから、すべてのアピールポイントは「それが当社にとってどう役立つのか?」という面接官の関心に沿って語るべきではないでしょうか。「私のアピールポイントは……」と語るのではなく、「御社に私が貢献できる点は……」という文脈で話を進めていくと、好意的に受け止めてもらいやすいでしょう。

こうした基本を押さえておけば、次に挙げるような「見当外れな自己アピール」は、自然としなくなるはずです。

失敗その1 自慢話をしてしまった!

「自己PRはスキル・実績自慢とは違う」ということは誰でも知っているはずです。しかし、面接官に誘導されるままに一生懸命しゃべっていたら、いつの間にか自慢話のようになっていた……。これはありがちな失敗です。

なぜ、失敗しやすいのか? 理由は簡単です。「自己PRと自慢の違いを、なんとなく分かっていたつもりだったけど、実は区別できていなかった」という人が多いからです。

「こんな成功体験がある」「こんな実績がある」「こんな能力がある」ということのアピール自体に問題はありません。では、自己PRと自慢の違いはどこにあるのでしょうか?

それは、

  • 主張が客観的事実に基づいているか?
  • 面接官が感情移入できるか?
  • 「だから御社に〇〇のような形で貢献できる」という結論になっているか?

の3点です。

「客観的事実」とは?

1点目の「客観的事実に基づいているかどうか」についてですが、それを判断するのは面接官です。ですから、自慢話になるのを避けるためには、面接官が「なるほど、それは客観的事実だ」と納得できる形で話す必要があります。具体的には、規模、金額、期間、パーセンテージなど、数値的な根拠を添えて話すことが大切です。

例えば、「〇〇によって売上を前期比20%伸ばしました」「アンケート調査で、顧客満足度が5ポイントアップしました」といった形で実績を語れば、面接官もあなたの実績を客観的事実として受け止めやすいでしょう。

ドラマ語りで感情移入を誘う

次に、感情移入についてです。
これは多くの人が経験していると思いますが、「私はこんなことができる! 私はすごい!!」と言われた時、たとえそれが事実だったとしても、「ハイハイ、あなたはすごいですね」と受け流したくなります。

ですが、例えばテレビドラマや映画で、主人公が数々の困難に直面し、それを乗り越える過程を見ていれば、最後に主人公が大成功したシーンでは「すごいね! よかったね!!」と素直に称賛できるはずです。これが「感情移入」の効果ではないでしょうか。

これを自己PRに置き換えれば、単に「こんなことができる。こんな成功をした」という結果部分だけを語るのではなく、そこに至るまでの苦労や努力、自分なりに工夫した過程を加えた「ドラマ語り」をしようということになります。

具体的には、「最初は失敗したが、その失敗から得た■■という教訓を基に自分を成長させ、成功につなげた」といった経過を付け加えたり、成功を自分だけの手柄にするのではなく、「〇〇によって周囲の協力を得ることができ、その結果▲▲という課題を克服できた」といった伝え方をしたりすることでストーリーに起伏が生まれ、面接官が感情移入しやすくなります。

面接官が納得できる結論を

最後に重要なのが「結論」です。どんなすばらしい自己PRも「どうです、私はすごいでしょう?」という結論になってしまっては台無しです。「このようなスキルや経験が、〇〇のような形で御社のお役に立つことと思います」と結論付けることで、面接官に納得してもらいやすくなるでしょう。同時に、あなたの謙虚さも好印象を与えると思います。

失敗その2 会社のニーズとマッチしていない

ありがちな「見当外れの自己PR」その2は、「会社の人材ニーズと違う部分をアピールしてしまう」ということです。「自分にはこんなスキルがある」ということをアピールするのはいいのですが、そのアピールポイントが、会社の人材ニーズにマッチしていなければ、どんなすばらしいスキルも評価対象にはなりません。

例えば、豊富な実務経験がある人を求めている会社に対して取得している資格の数をアピールしても、面接官の胸には響きません。「確かにすごい人なのかもしれないが、ほかの会社に行ってみては?」となってしまうでしょう。その会社が求めている人材像や、重視しているスキルはどのようなものか。これは、求人情報の募集要項をしっかりチェックしておけば事前に確認できます。

もしも「募集要項で求めている人材とはちょっと違うが、ぜひこの会社で働きたい」という場合は、熱意だけで押し切るのではなく、足りない部分があることを正直に認めた上で、その部分を補うべく自分がどのように取り組んでいこうと思っているのか、自分なりの考えをしっかり伝えることが必要です。

失敗その3 アピール要素が多すぎる

「私は〇〇ができます。また、■■の経験もあり、△△も勉強中で、××という資格も持っています」など、あまり多くのアピール要素を自己PRに盛り込むのも考えものです。採用されるために、自分の持っているスキルをすべてアピールしたいという気持ちはよく分かりますが、あれもこれもと並べ立てると全体像がぼやけてしまい、「結局、どんな人物なのか」が面接官に伝わりにくくなってしまいます。

あるベテラン面接官は「自分に自信がある人ほどアピール要素はシンプル。それは、1つのアピールだけで十分説得力があることが分かっているから。逆に、自信がない人ほどアピールポイントを数多く並べ立てる。しかし、採用の決め手は自己ピーアールの合計点ではなく、『この人を採用したい!』と思わせるただ1点」と言います。

企業研究の段階で会社が求めている人材像をしっかり確認したうえで、「この会社にとって、自分の最大のアピールポイントは何か」を絞り込み、その1点を強く印象付けることに注力したほうがいいのではないでしょうか。

その他の注意点

以上の3点が、採用面接でやってしまいがちな「見当外れなアピールポイント」の代表的なものです。このほかに注意したいことには、次のようなものがあります。

× 意気込みだけの自己PR

「自己ピーアールをしてください」と言われて、自分の意欲や信念などの「意気込みだけ」をぶつけるのはNGです。特に社会経験がある人の転職に際しては、「何を考えているか」よりも「何をしてきたか」という実績のほうが重要です。

× 志望動機と自己PRが一貫していない

「なぜ当社に入りたいと思うのか?」という志望動機と自己PRが首尾一貫していないと、面接官に違和感を与えてしまいます。面接官はあなたの人物像を正しく理解したいと思っていますから、矛盾点は必ず確認のために深く掘り下げてきます。面接全体の流れを考え、一貫した受け答えができるよう、自己PRのポイントに気を付けてください。

【まとめ】自分のアピールポイントをしっかり伝えて!

採用面接の場では、自己PRは採否を決定付ける非常に重要な場面です。とはいえ、自分のスキルや経験は変えることができません。ですから、大切なことは「アピールするべきポイントを間違えない」「面接官が納得できるように伝える」の2点になります。

今回ご紹介した3つの失敗例

  • 自慢話になってしまった
  • 会社のニーズとマッチしていない
  • アピール要素が多すぎる

を意識して、あなたの魅力をしっかり面接官に伝えましょう。

バックナンバー

【タイプ別&方法別】やりたい仕事が分からない時の探し方を転職のプロ5人が解説!

転職実用事典「キャリペディア」 【タイプ別&方法別】やりたい仕事が分からない時の探し方を転職のプロ5人が解説! 「今の仕事を辞めたい」「...

資格なしでも転職できる! 企業が重視する「資格より有利なアピール」とは?

転職実用事典「キャリペディア」 資格なしでも転職できる! 企業が重視する「資格より有利なアピール」とは? 転職したいけれど、自分は資格...

【例文】グループ会社への出向・転籍・合併は履歴書・職務経歴書にどう書く? 転職に不利?

転職実用事典「キャリペディア」 【例文】グループ会社への出向・転籍・合併は履歴書・職務経歴書にどう書く? 転職に不利? 転職活動をしてい...


適職をディグる! ジョブリシャス診断(適職診断)
履歴書の添削を受ける
  • マイナビ転職 グローバル
  • マイナビ転職 エンジニア求人サーチ【IT】
  • マイナビ転職 エンジニア求人サーチ【ものづくり】
  • マイナビ転職 女性のおしごと
マイナビ転職 適性診断
マイナビ転職 適性診断

会員登録(無料)


メカラボ
土地柄タイプ診断
オフィシャルBOOK
シゴトサプリ