転職ノウハウ 応募企業の探し方、面接のポイントから、円満退職の秘訣まで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!
このエントリーをはてなブックマークに追加
キャリぺディア

転職実用事典「キャリペディア」

転職直前にボーナス(賞与)をもらうのは後ろめたい? それとも当然?

タイトル画像

ボーナス(賞与)シーズン前は、誰でも心躍るものでしょう。一般的に年に2回しかない大きな収入のチャンスで、「いくら支給されるかな?」「何に使おうかな?」と思いを巡らせる時間がまた楽しいですよね。

しかし、転職の決意を胸に秘めている場合は、「ボーナスをもらってすぐ転職っていうのも、なんだか申し訳ないような気がして……」と気後れしたり、「ボーナスをもらってすぐ辞めるなんて、常識外れじゃないか?」と不安になったりする人もいるのではないでしょうか。

このようにためらってしまう「ボーナスをもらってすぐ転職」ですが、決してネガティブに考える必要はありません。ボーナス本来の意味を知り、ベストタイミングをつかんで堂々と転職しましょう!

ところで「ボーナス」とは何?

ボーナスとは、労働の対価として、毎月支払われる給与とは別に支給される賃金です。毎月の給与との大きな違いは、支給額が会社や個人の業績によって「後から決まる」という点であり、役割としては以下の2点が考えられます。

ひとつは、夏休みや年末年始といった何かと物入りな時期を前に社員を労い、同時に社員の家計を補助する役割です。「夏のボーナス」「冬のボーナス」という呼び方からも分かるように、多くの企業で夏と冬、だいたい6月と12月の2回に分けてボーナスを支給しています。何かと出費がかさむ時期、「ボーナスがあって助かった」という経験をした人も多いでしょう。

ちなみに、ボーナスの習慣は江戸時代の商家が支給していた年末の「餅代」に端を発するという一説があります。

当時の商家には、住み込みの働き手が帰省する際、主人から奉公人にお小遣いやお仕着せ(着物)を支給する習慣がありました。この時のお小遣い額は、勤続年数やそれまでの仕事ぶりを加味して決定されていたそうです。日本には古くから、「労に報いる」という現在のボーナスと同じ仕組みが存在していたのですね。

もうひとつは、会社にとっての人件費調整という役割です。会社や社員の業績によって「後から」支給額を決められるボーナスの特性を、経営者も上手に利用しているのです。

毎月の給与に関しては、労働基準法に厳しい定めがあり、経営者都合で勝手に金額を減らしたり、支払いを遅らせたりすることはできません。しかし、ボーナスについては、支給の時期も金額も要件も会社ごとのルールによって決めることができます。

つまり、業績が悪い時や個人の働きぶりに納得がいかない時は、ボーナスの支払い額を減らすことも「支給なし」とすることもできるのです。想定より少ない金額を支給するようにすれば、人件費の削減にもつながるというわけです。

ボーナスの額と支給の有無は会社側の「査定」による

では、ボーナスの具体的な金額は、どのように決まるのでしょうか。
ボーナスは、一般企業の場合「毎月の給与額×〇カ月分+評価内容+」などの計算式で算出されることが多いようです。なお、中小企業などで、就業規則に計算式の定めがない場合は、経営者の主観で金額が決められることもあります。

いずれも、支給日までの期間の会社の業績や、貢献度、勤務態度などが大きく影響します。そのため、賞与の支給条件として「評価の対象となる一定期間に在職していること」と「支給日に在職していること」を就業規則に定めている企業がほとんどです。

この「支給日に在職している場合のみボーナスを支払う」という規定は「支給日在籍要件」と呼ばれ、最高裁判例をはじめとする多くの係争事例で有効としています。このことから、就業規則に支給日在籍要件が盛り込まれていて、支給日を待たずに退職した場合は、たとえボーナス査定期間に在籍していたとしても支給されないと考えたほうが良いでしょう。ちなみにボーナス支給日が有給休暇の消化などで出社していない期間にあたる場合は、会社に籍があるので支給されます。

なお、ボーナス支給日に在籍していたとしても、退職を予定している人に対するボーナス額はカットするという企業も少なくありません。ですから、ボーナス査定期間中に退職を申し出て、支給日後に退職するという場合はもらえる可能性が高いですが、減額されることは十分ありえます。

労働の対価である以上、「もらえるものはもらう」で良い

ボーナスというと、「無条件にありがたいもの」「会社から恩情で支給されている」という気持ちになる人もいるかもしれませんが、実際には過去の労働に対する正当な対価であり、経営者都合の側面も含んでいると考えると、だいぶ見方と感じ方が変わるのではないでしょうか。

会社側に支払いの義務があるわけでもないので、たとえ支給されてすぐ退職するとしても、「もらえるならもらっておく」という気持ちでいて良さそうです。

とはいえ、ボーナス支給直後に退職することが公になっている場合、「辞めるけどもらって当たり前」「ボーナスをもらってから辞めることを第一に考えて退職時期を決めた」という思いが周りの人伝わってしまうと、悪印象を与えてしまい、円満退職の妨げになりかねません。

退職するとはいえ、人とのつながりはどこでつながっているか分からないものです。これまでお世話になった会社と周囲の人に対して恩を返す意味でも、ボーナス支給日だけを気にして退職タイミングを決めるのではなく、十分な引継ぎ期間を設けて自身の業務についてはしっかり責任を果たすことを考えると良いでしょう。

このように「ボーナスをもらってすぐに転職」をスムーズに行うカギとなるスケジュールの組み方は、こちらの記事「ボーナス(賞与)転職で損をしないための5つのポイント」も参考にしてください。

【まとめ】ボーナスとはあなたの労働の対価。堂々と受け取ってスムーズな転職を!

このように、ボーナスとは「社員への労働の対価」「企業側が調整可能な人件費」という役割を持っていることを考えると、後ろめたい気持ちになることなく「ボーナスをもらってすぐ転職」ということも検討できるのではないでしょうか。

あなたがこれまで「ボーナスをもらえるだけの成果は出した」「退職はするが、これまでベストを尽くしてきた」という自信があるのであれば、頑張った自分への労いとして堂々と受け取り、ボーナス査定期間・支給日を加味して転職活動のスケジュールを立てましょう。

バックナンバー

求人情報の効率的な探し方・ネットの転職活動で気を付けるべき落とし穴

転職実用事典「キャリペディア」 求人情報の効率的な探し方・ネットの転職活動で気を付けるべき落とし穴 転職活動を始めてみたけれど、「求人の探...

面接官の気持ちが分かる方法~面接を突破するにはどうすればいい?

転職実用事典「キャリペディア」 面接官の気持ちが分かる方法~面接を突破するにはどうすればいい? 面接の時に、面接官が何を考えているのか……...

パソコンなし、スマホだけでスムーズに転職活動を進める方法は? 履歴書はどうする?

転職実用事典「キャリペディア」 パソコンなし、スマホだけでスムーズに転職活動を進める方法は? 履歴書はどうする? 普段の生活で調べものをす...


適職をディグる! ジョブリシャス診断(適職診断)
履歴書の添削を受ける
  • マイナビ転職 グローバル
  • マイナビ転職 エンジニア求人サーチ【IT】
  • マイナビ転職 エンジニア求人サーチ【ものづくり】
  • マイナビ転職 女性のおしごと
マイナビ転職 適性診断
マイナビ転職 適性診断

会員登録(無料)


メカラボ
土地柄タイプ診断
オフィシャルBOOK
シゴトサプリ