転職ノウハウ 応募企業の探し方、面接のポイントから、円満退職の秘訣まで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!
このエントリーをはてなブックマークに追加
キャリぺディア

転職実用事典「キャリペディア」

転職エージェント(人材紹介)と転職サイトの違いとは? どっちを使う人が多い?

転職エージェントと転職サイト、どっちを使うかアンケートを集計する画像

「転職エージェント(人材紹介)」と「転職サイト」、どちらも転職活動を支援するサービスですが、「違いや特徴がイマイチ分からない」「自分はどちらを使うべきか?」と、悩む人もいるのではないでしょうか?

そこで、転職経験がある人にアンケートを実施し、転職エージェントと転職サイトのサービスで「どちらのサービスを利用した人が多いか」や「使って良かった」と感じたこと、更に「入社した企業への応募で利用したサービス」について調べてみました。

また、それぞれの違いや特徴についてもまとめて解説。自分に合ったサービスを選ぶ参考にしてくださいね!

調査方法/1年以内に転職経験のある全国の男女20~39歳を対象にインターネット調査、回答数200
調査期間/2017年7月21日~24日

<INDEX>

転職エージェントと転職サイトの違いとは?

アンケート結果を見る前に、それぞれのサービスの違いを簡単に説明します。

「転職エージェント(人材紹介)」とは?

対人型のサービスです。多くの転職エージェントの場合、まずは転職エージェント会社へ出向き、エージェント(キャリアアドバイザー、キャリアコーディネーターなど、呼び方が異なる場合もある)と個別に面談を行います。そこで伝えた自身の経歴や希望をもとに、転職エージェントから求人が紹介されます。応募書類作成や面接の際にもサポートを受けることができます。

「転職サイト」とは?

WEBサイトを通じたサービスです。転職サイトは一般的に、さまざまな業界・職種の求人が掲載されていて、自由に検索、閲覧が可能です。数多くの求人情報を比較、検討したうえで、転職サイトを通じて手軽に応募することができます。

転職エージェントも転職サイトも、あらゆる会社のサービスがあり、中には特定の業界や職種に特化している場合もあります。

それでは、転職経験者はどちらのサービスを使って転職をしたのでしょうか? アンケート結果を見ていきましょう!

転職エージェントと転職サイト、どっちを使った人が多い?

Q.転職活動をする際に登録したサービスは?

転職エージェントのみ 26%、転職サイトのみ 24%、どちらも登録した 29%、その他 21%

1年以内に転職経験のある20~39歳の200人に、「転職活動で登録したサービス」を聞いたところ、一番多かった回答は「転職エージェントと転職サイト、どちらも登録した」で29%でした。

次に「転職エージェントのみ登録した」が26%、「転職サイトのみ登録した」が24%と続き、それぞれにあまり大きな差はありませんでした。

また、どの回答の中にも複数の転職エージェントや転職サイトに登録した人が多く、さまざまなサービスから情報収集や応募検討をしていることが分かりました。

では、転職エージェントと転職サイトを利用した人が感じた、それぞれのサービスの「良かった」点について紹介します。

転職エージェントを「使って良かった」と感じたことは?

Q.転職エージェントを利用して良かったことは何ですか?(複数回答可)

担当エージェントの対応

44.4%

自分に合った求人の紹介

44.4%

面接日程の調整など、企業への連絡代行

23.6%

応募企業に関する情報提供

22.2%

応募書類の添削

19.4%

面接対策

18.1%

非公開求人の紹介

18.1%

希望の求人を取り扱っていた

15.3%

その他

8.3%

一番多かったのは、「担当エージェントの対応が良かった」と「自分に合った求人を紹介してもらえた」が同率で44.4%。2番目に多かったのは、「面接日程の調整など、企業への連絡を代行してもらえた」で23.6%、続いて「応募企業に関する情報提供」で22.2%でした。

そのほか、応募書類の添削、面接対策などが挙げられており、一人ひとりに担当エージェントが付く転職エージェントならではの特徴が上位を占める結果となりました。

転職エージェントの特徴とは

転職エージェントの良い点について、アンケートを通じて以下のような特徴が見えてきました。

●やっぱり心強い! 相談できる「エージェントの存在」

転職エージェントでは、個別に担当エージェントが付き、面談から内定まで転職活動をサポートしてくれます。キャリアの相談や求人の紹介だけでなく、応募書類や面接に関するアドバイスがもらえるので、人に相談しづらい転職活動への不安も解消しやすく、心強いと思う人が多いのかもしれません。

●「求人の紹介」や「面接日程の調整」など、効率の良い転職活動をアシスト

転職エージェントは、面談で話した経歴や、希望する条件とマッチする求人を紹介するので「自分に合った求人が紹介してもらえる」と感じる人が多いのかもしれません。閲覧できる求人数は、転職サイトに比べると少なくなるかもしれませんが、その分、自分で求人を探す手間が少なくなります。

また、企業との面接日程の調整なども転職エージェントが代行し、スケジュール管理を行ってくれることもあり、効率よく転職活動ができると感じる人もいるようです。

●転職エージェントならではの「非公開求人」や「情報提供」

転職エージェントでは、一般公開していない求人(非公開求人)を紹介されることもあります。また、企業への質問や、給与の交渉についても、転職エージェントを通して行えることがあるようです。

求人情報や企業ホームページでは分からない情報を得られる可能性があるのは、転職エージェントならではの特徴かもしれません。

転職サイトを「使って良かった」と感じたことは?

Q.転職サイトを利用して良かったことは何ですか?(複数回答可)

求人情報が多い

56.7%

自分のペースで転職活動ができる

44.0%

複数の求人に応募しやすい

29.9%

応募したい求人を取り扱っていた

19.4%

応募企業と直接やりとりできた

17.9%

サイトやアプリが使いやすかった

16.4%

自分で応募企業を選択できる

10.4%

便利なサービスや使いたいと思うサービスがあった

9.7%

その他

2.2%

転職サイトを利用して良かったと感じることで一番多かったのは「求人情報が多い」で56.7%、次に「自分のペースで転職活動ができる」で44.0%でした。

以降、「複数の求人に応募しやすい」29.9%、「応募したい求人が掲載されていた」19.4%、「応募企業と直接やりとりができた」17.9%と続き、求人情報の数や内容、また企業への応募の段階で「良かった」と感じることが上位を占めています。

転職サイトの特徴とは

アンケートから、転職サイトの良い点についても以下のような特徴があると言えそうです。

●転職サイトならではの「豊富な求人数」

転職エージェントは、紹介された求人の中から応募を検討していくことが一般的ですが、転職サイトでは、掲載されているすべての求人を閲覧することが可能です。業界や職種、企業規模など問わず、あらゆる求人を比較、検討したうえで応募できます。そのため「自分で応募企業を選択できる」という納得感も高いのかもしれません。

また、転職エージェントの場合、転職希望者の経歴を踏まえて求人を紹介するため、「経験者を募集する求人が多い」と一般的に言われています。

しかし、転職サイトの場合は「未経験者募集」の求人も多く、応募条件に当てはまれば誰もが応募できるので、「職種や業種を変えたい」と思う人にはチャンスが多いでしょう。求人を見ているうちに、自分が考えてもみなかった業界や職種とのマッチングに気づくこともあるかもしれません。

●いつでも、どこでも自分のペースで転職活動ができる

求人検索だけでなく、履歴書、職務経歴書の作成や、応募、応募企業とのやりとりなど、転職活動の多くをサイト上で行うことができるのは転職サイトの大きな特徴です。

「サイトやアプリが使いやすかった」、「便利なサービスや使いたいと思うサービスがあった」などの声も挙がっています。パソコンだけでなく、スマートフォンに対応している転職サイトも増えているため、特に在職中などの場合は、仕事の休憩時間や移動時間にもサービスを利用でき、便利だと思う人が多いのかもしれません。

転職エージェントでは、「求人を探す手間が少ない」「スケジュール管理を代行してもらえる」などの「効率の良さ」を示す声があった一方、転職サイトはまた違った面で「効率良く」転職活動ができるのかもしれません。応募のタイミングや面接日程の調整も含め、自分のペースで転職活動を進めることができると言えるでしょう。

●複数の求人へ応募がしやすい

転職サイトを通じてすぐに応募ができるうえ、転職サイトによっては履歴書などの応募データを一度登録してしまえば、複数の求人に同時に応募することが可能なことも。また、企業によっては応募時は詳細な履歴書、職務経歴書が不要な場合もあるようです。

中途採用は募集期間が限られていることもあり、「気になる求人を見つけたら、まずは応募したい!」と思う人にとっては「応募しやすい」と感じるのかもしれません。

転職エージェントと転職サイト、どっちから応募した企業に入社した?

Q.入社した企業への応募で使ったサービスは?

転職エージェント 27%、転職サイト 49%、その他 24%

転職エージェントと転職サイトに登録して転職活動を行った人に、「どちらのサービスから応募した企業に入社したか」を聞いてみると、「転職サイトから応募した企業に入社した」が49%、「転職エージェントから応募した企業に入社した」が27%、「どちらも使わなかった」が24%に。今回のアンケートでは、転職サイトから応募した企業に入社した人が多いという結果になりました。

しかし、それぞれのサービスで「使って良かった」と感じることの1位が「求人情報」に関する内容だったことから、利用したサービスで扱っている求人や、「自分が応募したい(入社したい)」と思える企業に出合うタイミングにもよるのかもしれません。

転職エージェントと転職サイト、どちらのサービスも利用した人が多かったことからも分かるように、複数のサービスから求人企業や転職活動全般に関する情報を収集し、気になる企業を見つけたらすぐ応募できるよう準備しておくことが、転職活動を上手に進めるコツなのかもしれません。

転職エージェントと転職サイトの違いと特徴まとめ

「転職エージェント(人材紹介)」の特徴

  • 転職エージェントとの面談で、キャリアや転職活動の相談ができる
  • 経歴や希望を踏まえたうえで求人が紹介される
  • 応募書類の書き方、面接対策などのアドバイスを受けることができる
  • 面接日程の調整など、企業とのやりとりを代行してもらえる
  • 非公開求人など、一般公開されていない求人を紹介されることがある
  • 企業の情報収集をエージェントを通じて行うことができる

「転職サイト」の特徴

  • WEB上での会員登録だけで手軽にサービスを利用できる(求人検索や閲覧は、登録しなくても利用できるサービスもあり)
  • 多くの求人情報を自由に閲覧、比較したうえで応募できる
  • 業種・職種など、未経験者を歓迎する求人が多い
  • 時間や場所を問わず、自分のペースで転職活動を進めることができる
  • 気になる求人にすぐ応募することができる

それぞれの違いや特徴を理解したうえで、自分に合うサービスを選んだり、幅広く情報収集を行い、後悔のない転職活動をしてくださいね!

マイナビ転職 編集部

バックナンバー

子供のころと今を比較! 社会人のなりたい職業ランキング

転職実用事典「キャリペディア」 子供のころと今を比較! 社会人のなりたい職業ランキング 掲載日:2017/12/28

【テンプレあり】退職願・退職届の書き方・渡し方、封筒への入れ方は? ポイントを学んで円満退職!

転職実用事典「キャリペディア」 【テンプレあり】退職願・退職届の書き方・渡し方、封筒への入れ方は? ポイントを学んで円満退職! 掲載日:2...

年収とは? 手取りとどう違う? 違いの解説と確認方法

転職実用事典「キャリペディア」 年収とは? 手取りとどう違う? 違いの解説と確認方法 掲載日:2017/12/18


適職をディグる! ジョブリシャス診断(適職診断)
履歴書の添削を受ける
  • マイナビ転職 グローバル
  • マイナビ転職 エンジニア求人サーチ【IT】
  • マイナビ転職 エンジニア求人サーチ【ものづくり】
  • マイナビ転職 女性のおしごと
マイナビ転職 適性診断
マイナビ転職 適性診断

会員登録(無料)


1分で分かる! あなたの強み「社会人力診断」
メカラボ
土地柄タイプ診断
職務経歴書・履歴書テンプレのダウンロード
オフィシャルBOOK
シゴトサプリ