転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

マイナビ転職データLABO 仕事、転職、ホントのところ アンケートデータから、仕事や転職にまつわるアレコレをマイナビ転職が調査。これから転職を考える人に役立つ、さまざまな実態を読み解きます。

2014年冬の賞与の実態を探る!

全国の正社員、リアルなボーナス事情は?

日本経済団体連合会(以下経団連)によれば、大手企業における2014年冬のボーナス妥結額は平均84万8,405円(※)。2年連続で前年を上回っています。しかし、現実には大手を除くとボーナスの減額あるいは支給なしといった企業も多く、実際は懐寂しい冬を過ごしている人も多いのではないでしょうか。

そこで、全国の正社員480名にアンケートを実施し、リアルな冬のボーナス事情を探ってみました。すると、やはり冬のボーナスは「現状維持」という回答が最も多く、理想と現実のギャップもかなり見られる結果に。そうした厳しい状況を受け、転職への意識が強くなった人も多いようです。

※参考元 日本経済団体連合会「2014年年末賞与・一時金 大手企業業種別妥結結果(加重平均)最終集計」

調査方法/2014年の冬に賞与が支給されて、かつ、転職を検討している正社員25〜39歳の男女を対象にインターネット調査。実施期間2014年12月9日〜12月10日、回答数480名

冬の賞与、前年と比較してどうだった?

中途採用の面接回数

「2013年の冬の賞与と変わらない」が58.3%で最も多く、次いで「やや増えた」が18.1%、「やや減った」が13.5%となっています。経団連の調査とは若干の差異があり、実態としては現状維持が多かったようです。

業種別に見てみると、「大幅に増えた」「やや増えた」を合わせた回答が最も多かったのは「製造・メーカー」と「運輸・交通・物流・倉庫」で、ともに26.7%。「大幅に増えた」が最も多かったのは「IT・通信・インターネット」(6.7%)でした。

一方、「大幅に減った」「やや減った」を合わせた回答が最も多かったのは「流通・小売・フード」(23.3%)。「賞与が支給されなかった」は「医療・福祉」が6.7%で最多という結果になりました。

冬の賞与額の「理想」と「現実」は?

中途採用の選考基準で重視しているポイント

理想の支給額の平均が71.1万円であるのに対し、実際(現実)の支給額は平均50万円。額にしてマイナス21.1万円、20.7%もの開きがありました。業種別に見ると、特にギャップが大きかったのは「医療・福祉」。理想70.3万円に対し、現実は40.5万円とかなりの開きが見られます。一方、実際の支給額が最も高かった「金融・保険」も、理想と現実を比較すると平均でマイナス約23万円もの開きがありました。

その他の業種も軒並み20万円前後のギャップがあり、どの職種も総じて理想と現実の間にかなりの格差があるようです。

冬の賞与額を知った後、「転職意識」は変わった?

中途採用の選考基準で重視している能力とは?

ここまでのアンケートを見る限り、なかなか厳しい状況であるといえそうな冬のボーナス事情。この結果、転職意識にはどの程度の影響が生まれたのでしょうか?

冬の賞与額を知った後で「転職意識は強まった」という人は37.3%と全体の約4割。業種別に見ると、特に、前述の質問で「賞与が支給されなかった」の回答が最も多かった「医療・福祉」は唯一「転職意識は強まった」が過半数を超えています。一方、ボーナスが「大幅に増えた」「やや増えた」の回答が多かった「IT・通信・インターネット」「製造・メーカー」「不動産・建設・設備」などは「転職意識は特に変わらない」あるいは「弱まった」という人が多く、ボーナスの動向が転職意識に影響を及ぼしていることが見てとれます。


あした転機になあれ。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。

キーワードから記事を探す

検索フォーム

人気コンテンツランキング
転職成功ガイド