転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

マイナビ転職データLABO 仕事、転職、ホントのところ アンケートデータから、仕事や転職にまつわるアレコレをマイナビ転職が調査。これから転職を考える人に役立つ、さまざまな実態を読み解きます。

20代の●割以上が「仕事に自信がない」!? 自信を失うきっかけとは……?

仕事をするなかで、先輩や上司の一言でやる気になったり落ち込んだりと、一喜一憂する経験をした人もいるのではないでしょうか? 今回マイナビ転職では「仕事に対する自信」についてアンケートを実施。周りからどういう言葉を掛けられて、自信を持てたのでしょうか? 逆に自信喪失のきっかけになった言葉とは……。自信をつけるために皆さんが意識していることもご紹介します。

調査方法/マイナビ転職の来訪者を対象としたインターネット調査。調査期間2021年7月8日~7月12日、回答数1,351名

若手ほど仕事に対する自信を持てていない

Q. あなたは自身の仕事に自信はありますか?

「あなたは自身の仕事に自信はありますか?」の回答結果

まずは率直に「仕事への自信について」聞いてみることに。年代が若いほど仕事に自信が持てない傾向にあることが分かります。20代は3割が仕事に「自信がある」と回答。30代は41.4%、40代は57.4%、50代以上は76%が仕事に「自信がある」ようです。キャリアの長さが影響していると考えられます。

20代の約4割が自信をなくす言葉を掛けられた経験あり

Q. 自信を持つきっかけとなった言葉はありますか?

「自信を持つきっかけとなった言葉はありますか?」の回答結果

次に自信につながる言葉を掛けられたことがあるかを調査。実際にそのような経験がある人は3割弱という結果に。多くの人が自信を持つきっかけとなった言葉を掛けられたことがないようです。

Q. 自信をなくすきっかけとなった言葉はありますか?

「自信をなくすきっかけとなった言葉はありますか?」の回答結果

反対に、自信をなくすきっかけになった言葉について聞いてみると、全年代を通して「ある」と回答した割合が約3割以上となりました。前述の結果と比較すると、自信がつくよりも自信を失う言葉を掛けられた人のほうが多いということが分かります。「ある」と回答した年代は20代が最も多く、50代は比較的少ない結果となりました。

自信を持つor失うきっかけとなった言葉とは?

仕事に関する自信を左右したのは、具体的にどういう言葉がきっかけだったのかを聞いてみました。褒められたり仕事を任せてもらえたりした時には自信がつきますよね。一方、たった一言で自信喪失した人も……。言葉の影響力は大きいようです。

自信を持つきっかけとなった言葉

  • 対応した方から、出会えて良かったと言っていただけた
  • 〇〇さんが褒めていたよ
  • 〇〇だから任せたいと思った。君じゃなきゃやり遂げられなかった
  • あなたに任せておけば大丈夫
  • 大丈夫だから自信を持て
  • あなたじゃなきゃ駄目。あなたならできる。大丈夫
  • あなたのような丁寧な対応をされたのは初めてです。ありがとう
  • よくやった!

自信を失うきっかけとなった言葉

  • 全然だめですね
  • 前に教えたよね?
  • 思ってたのと違った
  • 泣いていたら仕事できなくなるよ
  • はぁ?
  • これはラフ? 完成系?
  • ほかの人はできてる
  • もういい
  • 給料泥棒
  • この仕事に向いてないんじゃない?

自信をつけるために意識していることとは?

Q. 自信を持つために最も必要だと思うことは何ですか?

「自信を持つために最も必要だと思うことは何ですか?」の回答結果

転職希望者が自信を持つために必要だと考えていることは何でしょうか? 全年代で最も回答数が多かったのは「自分で成長を実感する」でした。30代、40代、50代の2位は「自分で目標を達成する」、3位には30代、40代は「上司から褒められる」、50代は「新しい仕事を任される」が続きました。一方、20代の2位は「上司から褒められる」、3位は「役職や給与が上がる」となり、ほかの年代とは傾向が異なっています。上司からの評価、またそれに伴う待遇の変化がほかの年代と比較して上位にきていることを考えると、他者からの評価軸に重きを置いているのかもしれません。

仕事への自信がある人の「自信を持つために必要だと思うこと」

仕事への自信がある人の「自信を持つために必要だと思うこと」の回答結果

仕事への自信がない人の「自信をもつために必要だと思うこと」

仕事への自信がない人の「自信をもつために必要だと思うこと」の回答結果

自信を持つために必要なことは、仕事に自信がある人とない人共に「自分で成長を実感する」ことが最も必要なことだと感じているようです。他人の評価も大事ですが、自分自身を認められるかどうかがポイントのようです。

  • ほかの人が褒めてくれてうれしいけど気を使っているのではないかと疑ってしまう(20代)
  • 人から褒められても、自分が納得できなければ実感できないので(30代)
  • 周りが何を言おうと 、最終的には自分で自分を認められるようにならないといけないと思うから(40代)
若手に自信を持ってもらう方法とは?

自信がある人の30代、40代、50代以上の2位は「自力で目標を達成する」だったのに対して、20代の2位は「上司から褒められる」でした。自信がない人の20代・30代でも「上司から褒められる」が2位にランクインしており、若手世代は他者から褒められることを欲していると考えられます。若手世代が自信を持つためには、成長を感じられる体験を積むことや上司から積極的に褒められることが必要なのかもしれません。

自信の有無で「評価」の捉え方が異なる

仕事への自信を持っている20代は「役職・給与が上がる」ことよりも「新しい仕事を任される」ことが必要だと考えている比率が高いです。それに対して、自信が持てない人は「新しい仕事を任される」よりも「役職・給与が上がる」ことを重視するという結果になりました。新しい仕事を任されることと、役職・給与が上がることはどちらも評価されるという意味で同じですが、自信の有無で表面上の捉え方に違いがあるようです。

まとめ

以上、「仕事への自信」についてお送りしました。今回のアンケートには「自信をなくすきっかけになった言葉」がたくさん寄せられました。ご紹介したのはほんの一例ですが、言葉一つで相手の気持ちが大きく変わることを思うと、発する言葉には気を付けていきたいですね。

あした転機になあれ。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。

キーワードから記事を探す

検索フォーム

人気コンテンツランキング
転職成功ガイド