転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

朝日新聞×マイナビ転職 Heroes File

vol.42 俳優 中尾明慶 ヒット作を乗り越えてこそ


「『WATER BOYS2』の頃は、同世代の女の子から
ファンレターをたくさんもらったんだけど、最近はやや減っているような。
今、気づいてちょっとショック(笑)」そう言いながら、にっこり。
少年のあどけなさの残る笑顔で人を惹きつける若手俳優、中尾明慶さんに、
この世界へ入ったきっかけや、力を入れている舞台のことをうかがった。

芝居のレッスンだけはさぼらなかった

屈託のないちゃめっ気たっぷりの笑顔とユーモア。陽気で、そばにいるだけで心が和む。現在、ドラマや映画で大活躍の俳優、中尾明慶さんだ。

「ちょっとやんちゃで元気な小学生」だった中尾さんが、芸能界に興味を持ったのは島田紳助さん司会の番組「オールスター感謝祭」がきっかけ。
「クイズに答えてゲームして賞金がもらえるなんて、楽しそうだしいいなあと思って(笑)。そう母親に話したら、タレントスクールに通ってみたらと勧められて。小学4年ごろから芝居、歌、ダンスのレッスンを受け始めました」

歌とダンスは苦痛だったが、芝居だけは何かが違った。
「芝居のレッスンだけはさぼらなかったし、他人の芝居を見るのも楽しかったですね」
同時に甘い世界ではないことも身に染みて分かってくる。
「オーディションを受けても落ちてばかりだったんです。こんなに僕が不合格続きだなんておかしい、もしかしてオーディションって形だけのものなんじゃないの?と、小学生ながら思ったりして、やさぐれた時期もありました(笑)」

そんな中、ようやく受かったのがドラマ「3年B組金八先生」だった。周りからは「10人の中からでも落ちるんだから、1千人以上受けるオーディションで受かるはずがない」と言われ、自身も「ダメもと」で受けた。その気負いのなさがよかったのかもしれない。
「それが中学1年の時。この『金八先生』がきっかけで、ドラマ『GOOD LUCK!!』の主演・木村拓哉さんの弟役に抜擢(ばってき)されたんです。その後は他のドラマにもちょくちょく出させてもらえるようになって。そう考えると、これまでの仕事のどれが欠けても今の自分はなかったんじゃないかなと思います。運と僕を引き上げてくれた周りの方々に本当に感謝しています」

大ヒットの後には必ず壁が現れる

中尾さんを一躍世間に知らしめた作品として、「WATER BOYS2」などの青春ドラマの存在は大きい。若い人たちに支持され、大ヒットした。
「こうした作品に巡り合えたのは本当に幸せなこと。でも、作品が大きければ大きいほど役柄のイメージが定着してしまうので、それをいかにぬぐい去るかが毎回、自分にとっての課題。イメージをぶっ壊して次の作品でまた新しい中尾明慶を見てもらうという、その繰り返しで成長させてもらっているんだとも思う」

これらの作品で、同世代の共演者から受けた刺激も大きかった。「何か一つでもいい、自分だけの強みを作りたい」。そう思って向かった先は舞台の世界だった。


PROFILE

なかお・あきよし 1988年東京都生まれ。2000年に子役でデビュー。ドラマ「3年B組金八先生」「GOOD LUCK!!」「WATER BOYS2」「ROOKIES」、舞台「奇跡の人」「カーディガン」など多数出演。1月16日(日)から舞台「ギルバート・グレイプ」(会場:東京グローブ座)に出演。


Heroes File 人気記事ランキング
賛成! あたらしい生き方。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。

キーワードから記事を探す

検索フォーム

人気コンテンツランキング
転職成功ガイド