転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

Heroes Fileロゴ

第一線で活躍するヒーローたちの「仕事」「挑戦」への思いをつづる

Vol.85歌手/女優 増田有華(AKB48)
全力でつかみ取ったチャンス

Heroes File Vol.85
掲載日:2012/10/12

増田有華(AKB48)さんの写真1

国民的アイドルグループAKB 48の増田有華さん。その歌声はグループ№1と呼び声も高いがそのことがプレッシャーだった時期が長かったと言う。しかし彼女は今、ミュージカルという新たなフィールドを手に入れ心身共に大きく変わり始めている。

Profile

ますだ・ゆか 1991年大阪府生まれ。2006年「第二期AKB48追加メンバーオーディション」に合格してメンバー入り。10年ソロCDデビュー、11年ダンス・ボーカル・ユニット「DiVA」結成。女優としても活躍しており、NHKドラマ「野田ともうします。」などに出演。現在はミュージカル「ウィズ~オズの魔法使い~」(翻訳・演出/宮本 亜門)に主人公ドロシー役で出演中(東京公演は東京国際フォーラムにて12年10月18~28日)。

「必死」の意味を知ったオーディション

「パワフルで、出演者全員がぶっ飛んでいます。私も思い切りはじけまくってます」

目をキラキラと輝かせ、増田有華さんがそう語るのはミュージカル「ウィズ~オズの魔法使い~」のこと。彼女は主演ドロシー役を、AKB48プロジェクトメンバー186人を対象に行われたオーディションを勝ち抜いてつかみ取った。

「どうしても出たかった。オーディションではあまりにも気合が入り過ぎ、2次の歌審査の時に『ちょっと落ち着いて』と言われ、音を一回止められたほど(笑)。でも、ここで力の出し惜しみをしたらきっと私は自分を一生恨むことになると思い、命懸けでぶつかりました」

それだけに、合格した時は「これで新たな人生の一ページが始まる、とうれしくて涙が止まらなかった。必死になるって、こういうことなんだなと実感しました」

なぜ、そこまでこのミュージカルに挑戦したかったのか。

「変えたかったんです、自分を。いつも私はもがいていて、コンプレックスもいっぱいあった。そのくせ、何とか上を目指したいと思いながら、何をやるにも全力を出し切ることができない。そんな自分が嫌でたまらなかったんです」

人からの評価がつらく、怖かった

増田有華(AKB48)さんの写真2

ギターと歌が得意な父親の影響で、小さな頃から歌うことが大好きだった。

14歳でAKB48のオーディションに合格し、上京。当時から「メンバーの中でも歌唱力はナンバーワン」と評価されていたが、実はそれがいつも大きなプレッシャーだったという。

「歌が上手で当たり前という前提になっているから、実際に歌うと『想像と違う』『きれいな歌声だけど響かない』などと言われてしまうこともあって。人からの評価が気になり、歌うことがどんどんつらくなっていきました。完全に自分を見失い、舞台で棒立ちになって泣き出したこともありました」

何のために東京へ出てきたのか。なぜAKBに居るんだろうか。ここ数年はそんな風に悶々(もんもん)と悩むことも多かった。

「そんな時にミュージカル『ウィズ』のオーディションの話が巡ってきたんです。演出を手がける宮本亜門さんが、審査前に『周りの人や、こうして僕らが出会えたことに感謝して歌ってください。そうすればきっとうまくいく』とみんなに話してくれました。ああ、そうだなって思ったら何か吹っ切れて、これでもかというぐらい気持ちを入れて歌えました」

人の評価を気にしすぎることから卒業し、自分らしく生きるための一歩をようやく踏み出した瞬間だった。

AKBのメンバーは大きな心の支え

ミュージカル「ウィズ~オズの魔法使い~」の稽古が始まってから約1カ月後。増田さんは、AKB48のメンバーと久々に会った際、「顔つきが全然違う」と驚かれたそう。「それだけ充実しているんだねと言われ、すごくうれしかったです」

AKBのメンバーは掛け替えのない仲間だ。

「もともと女の子の集団は苦手だったのですが、今はAKBに入れて良かったなって心底思う。一人ひとりいいところがあるし、みんながお互いを支え合い、認め合っているところもAKBの魅力です」

ミュージカル「ウィズ」に出演するためAKBを少し離れたことで、今まで自分がAKBに甘えていたことにも気づかされた。「AKBに居られることに努力を怠っていたなと。そんなことも含め、いろんな意味で前はちょっとひねくれていたかな(笑)」

そんな風に思えるようになったのも、やはり「ウィズ」のお陰。共演者はみんな、いいところはいいとすごく褒めてくれるので「次第に自信も芽生え、自分を認められるようになってきた気がします」。

仕事に対して貪欲(どんよく)になってきた。これからは歌だけでなく、踊りや芝居にも旺盛に挑戦していきたいという。

「求められる限り何でもやりたい。同時に、そう思える自分がすごくうれしい。正直、つらいことや悔しいこともたくさんあったけれど、諦めずに頑張ってきて良かったと思います」

想像以上に周りは愛してくれている

増田有華(AKB48)さんの写真3

現在21歳。同世代に対して感じることは?と尋ねると、「抱え込んでしまう人が多いかな。ていうか、私もそうだった。一人で悩みを抱えて、勝手に解決できないなどと判断して落ち込んで」。

そんな増田さんも、最近は意識して人に悩みを打ち明けるようにしているという。

「ラクになれるし、案外周りは自分をちゃんと見てくれているもので、いいアドバイスがもらえたりするから。それと、想像以上に自分が愛されていることが分かる。その実感が勇気となり、自分を前へと押し出してくれる。だからこそ、やりたいことがあるなら人に話した方がいいと思う」

幼い頃、父親が毎日「まんが日本昔ばなし」のビデオを見せてくれた。だから今でもつらいことがあると、ふとあの映像と音楽が浮かんできてピュアな気持ちに戻れるという。

「両親にも随分支えてもらった。これからは恩返しをする番です」。一点の曇りもない元気な声。これからはこの純粋さが彼女の才能をさらに開花させていくに違いない。

ヒーローへの3つの質問

増田有華(AKB48)さんの写真4

現在の仕事についていなければ、どんな仕事についていたでしょうか?

プロのバスケットボール選手です。中学生の頃、大阪市の代表選手の一人でした。よく試合とオーディションが重なり、どちらに行くかで毎回悩んでいました。

人生に影響を与えた本は何ですか?

本ではなく、アニメーションの「まんが日本昔ばなし」。父親はなぜかこのビデオばかりずっと私に見せてくれたんです。

あなたの「勝負●●」は何ですか?

香水。いざ勝負という時、つい自分を見失いがちになるのですが、いつもと同じ香水をつけることで、いつもと同じ場所に自分が居るように感じられるんです。香りの範囲だけ何だか自分の家のように感じられてホッとします。

Infomation

増田有華さんが主人公ドロシーに挑戦!
日本中を元気にするパワフルミュージカル 「ウィズ~オズの魔法使い~」

演出家の宮本亜門さんが「若い人たちに次の未来を、自信を持って切り開いてほしい!」という熱いメッセージを込めて演出するミュージカル「ウィズ~オズの魔法使い~」。ドロシー役の増田有華さんを始め、強烈な強烈な個性を放つキャストが勢ぞろい。9月28日の横浜公演を皮切りに大阪を回り、いよいよ10月18日から東京国際フォーラムにて上演! まるでノリノリのコンサートのように楽しめる。ぜひお見逃しなく!

東京公演:2012年10月18日(木)~28日(日)
会場:東京国際フォーラム ホールC
脚本:ウィリアム・F・ブラウン
翻訳・演出:宮本亜門
出演:増田有華(AKB 48) ISSA 良知真次 エハラマサヒロ 森久美子 小柳ゆき ジョンテ モーニング 瀬戸カトリーヌ 吉田メタル 陣内孝則 ほか
問い合わせ:サンライズプロモーション東京(電話0570-00-3337)
公式サイト:http://www.parco-play.com/web/play/wiz/

朝日新聞とマイナビ転職が厳選した求人を掲載中!
朝日新聞xマイナビ転職ロゴ
  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
自分を向いて歩こう。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。