転職ノウハウ 応募企業の探し方、面接のポイントから、円満退職の秘訣まで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!
このエントリーをはてなブックマークに追加
朝日新聞×マイナビ転職 Heroes File

vol.169 俳優 向井理 人生の決断はいつも「人」で決める


数々のドラマや映画、舞台の主演を務めている俳優・向井理さん。
涼しげで甘い顔立ちだが、発する言葉にはどこか覚悟のようなものがあり
その奥に潜む芯の強さをにじませる。
2017年は自身が企画した映画の公開、更には念願だったドラマへの出演などが続く。
そんな向井さんに、仕事に対する思いを伺った。

「原作が池井戸潤さんで、同い年の斎藤工とダブル主演。2年前に始まった企画でようやく実現できるというのもあって、渇望しているような感覚というか、いつも以上にギラギラしている自分がいます」

向井さんが静かに、しかし熱くそう語るのは、2017年7月9日(日)から放送開始予定の「連続ドラマW アキラとあきら」だ。バブル期の銀行を舞台に、生い立ちの異なる2人の男の宿命を描いたヒューマンドラマである。

クランクイン前、この時代に銀行員だった叔父に話を聞いた。「銀行は経済の最先端の仕事だと認識を深めました。また、銀行員はいろんな業種の人たちとかかわり、そこをつなげることができる面白い仕事だなとも思いました」

向井さんの経歴はちょっと異色だ。大学時代、人見知りを直したくて選んだアルバイトが飲食店での接客だった。やがてカクテルに興味を持ち、バーへ転職してバーテンダーとなる。大学卒業後、誘いを受けた別のバーに正社員として就職。後に1年間店長も務めた。

「バーテンダーは先ほど話した銀行員と同じで、いろんな職業のお客さんから話が聞ける。そこが純粋に楽しかった」

また、カウンターは舞台なのだとも教えられた。シェーカーの振り方だけでなく、話術も含めてどういうパフォーマンスをすればお客さんを魅了できるか。そして、お客さんの仕事、好きな酒、どんなタイミングでタバコを吸うかなどを感じ取れないと理想の接客はできないと。

「100点はないけれど、100点を目指さなくてはいけない。そういうことをすごく勉強させてもらいました」

芸能界入りを決めたのはスカウトに来た前マネジャーの人柄だった。「今もそうだけど、僕は何でも『人』で決めます。すでに23歳だったし、俳優業に興味があったわけではなかったのですが、とにかく熱意を感じ、この人なら信じられる、いや、むしろこの人と絶対仕事がしたいと思えたのが決め手でした」

足を突っ込むからには成功するまで頑張ろうと覚悟した矢先、初めて受けたオーディションに合格し、いきなりデビュー。だが、それ以降は幾らオーディションへ行っても受からず、仕事がまったくない状態がしばらく続いた。

「プロフィールを記した紙を目の前で捨てられたり、悔しい思いは何度もしました。でも、その悔しさは常に原動力になったし、すごく早い段階で天国と地獄を経験したお陰で、浮かれずに、地に足をつけて前に進めた気がします」


PROFILE

むかい・おさむ/1982年神奈川県生まれ。2006年に俳優デビュー。池井戸潤さん原作の「連続ドラマW アキラとあきら」(WOWOW)に斎藤工さんとダブル主演、17年7月9日(日)から放送開始予定(毎週日曜・全9話)。自ら企画した映画『いつまた、君と ~何日君再来~』が公開中。


バックナンバー

vol.178 お笑い芸人 矢部太郎 ずっと受け身でもつかめるものはある

お笑いコンビ「カラテカ」の矢部さんが初めて描いた、エッセー漫画『大家さんと僕』が好調に売れている。2017年10月末の発売からすでに20万部を突破...

vol.177 俳優 高良健吾 逃げずにいたことで自信をつかんだ

高良さんが20代最後の作品という意識を持って挑んだのが、2018年2月17日(土)放送開始予定の「連続ドラマW バイバイ、ブラックバード」だ。ベス...

vol.176 映画監督 大九明子 もうダメって感じたら次を見つけに動こう

主人公の24歳OLヨシカが二つの恋に悩み、暴走する姿を描いたラブコメディー映画『勝手にふるえてろ』が2017年12月23日(土・祝)から公開される。...


適職をディグる! ジョブリシャス診断(適職診断)
履歴書の添削を受ける
  • マイナビ転職 グローバル
  • マイナビ転職 エンジニア求人サーチ【IT】
  • マイナビ転職 エンジニア求人サーチ【ものづくり】
  • マイナビ転職 女性のおしごと
マイナビ転職 適性診断
マイナビ転職 適性診断

会員登録(無料)


1分で分かる! あなたの強み「社会人力診断」
メカラボ
土地柄タイプ診断
職務経歴書・履歴書テンプレのダウンロード
オフィシャルBOOK
シゴトサプリ