転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

朝日新聞×マイナビ転職 Heroes File
Heroes Fileロゴ

第一線で活躍するヒーローたちの「仕事」「挑戦」への思いをつづる

Vol.237 俳優 井上小百合
人に流されず、自分のタイミングを見定める

掲載日:2021/7/30

井上小百合さんの写真1

2020年4月27日、9年近く在籍したアイドルグループ乃木坂46を卒業し、現在は俳優として精力的に芝居に取り組んでいる井上小百合さん。
乃木坂46時代にさまざまなことを経験したことで、多少のことではめげないほどの鋼の心を持つことができたという。その強靭(きょうじん)な心をもって今、少女の頃からの夢である俳優という仕事に就き、日々芝居に向き合っている。

Profile

いのうえ・さゆり/1994年埼玉県生まれ。2011年から20年4月まで乃木坂46のメンバーとして活躍。「帝一の國」(14年)をはじめ数々の舞台に出演。東京・日比谷のシアタークリエにて21年8月26日(木)から上演予定のミュージカル「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」に出演。

2020年3月、コロナ禍により途中で上演中止となったミュージカル「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」が、21年8月26日(木)から再演される予定だ。実は昨年、同公演の千秋楽の出演をもって、井上さんは約9年間在籍したアイドルグループ乃木坂46を卒業しようと決めていた。

「結局、千秋楽まで公演できなかったわけですが、それでも私の分岐点にあった作品であることに変わりません。何より前回と同じ共演者たちとできるのが素直にうれしい。今度こそみんなで完走したいです」

役者を目指して芸能界に飛び込んだ。右も左も分からなかった時期に「芝居をやりたいなら舞台を見たほうがいい」と言われ、15歳の時に初めて舞台を見に行った。そしてさまざまなオーディションに挑戦するが、一向に受からない。そんな時「アイドルを目指すのはどう?」と勧められる。最初は迷いもあったが、「でも、もしかしたら役者になれるチャンスがあるかもしれない」と思い直す。そうして乃木坂46の1期生オーディションを受け、合格した。「やり始めたら発声や歌、ダンスや芝居のレッスンがあり、色々と習得できたのは大きな収穫でした」

井上小百合さんの写真2

アイドルの仕事は想像以上にきつかったが、活動を通して得られるものは多かった。「一人では絶対にできない経験をたくさんさせてもらい、多少のことではめげない鋼の心が培われました。それと、メンバーがいるからこそ乗り越えられたこともいっぱいあり、自分の夢だけでなく、このグループのために何か役に立つことがしたいと自然に思うようになりました」

乃木坂46の人気はどんどん上昇し、NHK紅白歌合戦出場、日本レコード大賞受賞、そして東京ドームでのライブやアジア進出なども体験。国民的アイドルグループとして確たる地位を築いていった。そんな喜びの中で井上さんは、「では一方、井上小百合という個人ではどうなのか」と考えるようになる。

14年、初めて外部の舞台「帝一の國」に出演し、手応えを感じた井上さんは徐々に舞台の仕事を増やしていく。そして、本来の夢である役者を目指してかじを切ったのは18年のことだった。「20年に卒業して本格的に役者として活動するため、18年を種まき期間として一からボイストレーニングや演技のレッスンを受け、翌年はジャンルを絞らず色々な舞台に挑戦して自分の力を試す期間としました」

その間、自らの道を見つけて卒業していく仲間もいた。しかし、井上さんは人に流されなかった。自分の機が熟す時期を見定め、3年計画を立てて、その通りに行動していったのだ。

「一念岩をも通す」でチャンスに巡り合えた

井上小百合さんの写真3

アイドルグループ乃木坂46の元メンバーで、現在は俳優として活躍している井上さん。アイドル時代から積極的に舞台に出演し、20年4月にグループを卒業してからの1年ちょっとの間に、もうすでに5本の舞台を経験。21年8月下旬からはミュージカル「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」に出演する予定だ。

「私の夢の原点は、演じる私を通して人に元気になってもらうこと。舞台は、お客さまのそういった反応をダイレクトに感じることができます。だけど、同じ演目を毎日演じていても見てくださるお客さま次第でまったく違うものになるので、何が正しいのか分からない。ただ、そういうふうに正解を求めて頑張るという、そんな果てしないところがやっていて楽しいんです」

柔らかな雰囲気があるせいかおとなしそうに見られがちだが、なかなか強靱(きょうじん)な心の持ち主である。事実、乃木坂46を卒業後の移籍先を自らの意志と積極的な行動によって決めた。「本格的な俳優として舞台を中心に活動したい」。そんな井上さんが強く志望したのがシス・カンパニーだ。日本を代表する俳優が多数所属するだけでなく、独自に制作する舞台作品への評価も高い芸能事務所である。

「以前からシス・カンパニープロデュースの公演は見ていて憧れていたのですが、絶対に入りたいと思ったのは19年に舞台で共演した俳優の八嶋智人さんとの出会いがきっかけでした。稽古場での在り方や、何歳になっても新たな挑戦をし続ける姿勢が素晴らしく、こんな先輩がいる事務所でたくさんのことを学びたいなと思ったのです」

ところが事務所では新人を公募していない。そこで井上さんは社長に直談判する。「案の定、さらっと断られました(笑)」。それでも諦めきれず、過去に出演した舞台作品のDVD資料を一式、社長に送った。「そうしても良いお返事が頂けなかったのですが、ある日突然、社長から連絡があったんです。新たに若い俳優を入れてみようと考えたそうで。少しでも私が諦めていたら、このチャンスは絶対につかめなかったと思います」

「一念岩をも通す」ということわざのように、井上さんは自分の夢を諦めず、果敢な行動で自身の道を切り開いた。「好きだという気持ちを大切にして努力をし続ければ必ず報われる日がくるんだと実感しました。乃木坂46時代は1期生だったこともあり、いつも後輩から背中を見られる立場でした。今は周りに百戦錬磨の先輩たちがたくさんいて学び放題(笑)。楽しくて仕方ないですね」。希望の事務所に入ったからには生涯、役者を続ける覚悟だ。

ヒーローへの3つの質問

井上小百合さんの写真4

現在の仕事についていなければ、どんな仕事についていたでしょうか?

役者という夢はありつつも、保育士の資格を取って保育施設で働くつもりだったので、そうしていたかもしれません。ただ、「保育士はいくつになっても目指せる。今やるべきことをやりなさい」と母に背中を押されて芸能界へ入りました。

人生に影響を与えた本は何ですか?

星野源さんの『そして生活はつづく』『働く男』です。文筆、音楽、俳優のすべてを「好きだから」とやり続けている星野さん。星野さんの本はもう何度も読んでいて、私の大きなモチベーションになっています。

あなたの「勝負●●」は何ですか?

決まり事は何もないのですが、おいしいお酒を楽しみにすると気合が入ります。仕事で疲れたあとのお酒は格段においしいです。

Infomation

ミュージカル「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」に出演!

ポップで刺激的な異色ミュージカル「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」が、東京・日比谷のシアタークリエで2021年8月26日(木)~9月11日(土)に上演される予定だ。映画『リトルマーメイド』『美女と野獣』『アラジン』の音楽を手掛け、アカデミー賞をはじめ数々の賞を受賞したハワード・アシュマンとアラン・メンケンの名コンビが、1960年の同名ホラー映画をミュージカル化した作品。日本では84年の初演以来、数多くの実力派キャストによって何度も上演されてきた人気作だ。2020年3月の上演は残念ながら途中で公演中止となってしまったが、今回ほぼ同じキャストによって再演される。井上小百合さんも、ヒロインのオードリー役を元宝塚歌劇団の妃海風さんとダブルキャストで演じる。「コロナ禍の今、誰もが大なり小なり不安を抱えて生きていると思います。でも、そんなことを一気に吹き飛ばしてくれるほど面白いミュージカルです。音楽も素晴らしく、アトラクション感覚で楽しめますよ」と井上さん。

出演:鈴木拡樹・三浦宏規(ダブルキャスト)、妃海風・井上小百合(ダブルキャスト)、阿部裕、石井一孝、デーモン閣下(声)ほか
公式サイト:https://www.tohostage.com/little-shop-of-horrors/

Heroes File 人気記事ランキング

5月9日(金)更新

朝日新聞とマイナビ転職が厳選した全求人一覧を見る
あした転機になあれ。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。

キーワードから記事を探す

検索フォーム

人気コンテンツランキング
転職成功ガイド