転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

インタビュー THE人事部 学校法人 株式会社ローソン


多種多様な人材こそがローソンの多角的ビジネスを支える

理事執行役員 ヒューマンリソースステーション ダイバーシティ推進担当 大隅聖子氏

大手人材サービス企業にて、人材開発や育成に従事。2006年ローソン入社。当初はおもに店舗開発(新規オーナーの開拓)を担当。2009年には開発統括本部長・オーナー開発部部長として、フランチャイズオーナーの複数店舗化拡大に尽力。その後、法人営業を経て2012年4月から現職。


全国に1万店舗以上のコンビニエンスストアを展開しているローソンは、店舗の運営拡張だけでなく、エンターテインメント部門、Eコマース事業や、農場経営等、幅広いビジネスに果敢にチャレンジしている。小売不況といわれる中、成長を続けるローソンの人材戦力について、お話を伺った。

ローソンが掲げる「ダイバーシティ採用」とは?

ローソンの採用方針を教えてください。
弊社では、2008年から本格的に「ダイバーシティ(=多様性)採用」を導入し始めました。新卒採用時における採用比率を女性5割、外国人3割にするというのがその基本方針です。2005年からは女性、2008年からは外国人の積極採用を始め、外国人でいえば、すでに100名以上が入社し、採用開始から3年で、十数名がSV(スーパーバイザー)として活躍するまでになりました。中途採用においても、同様な取り組みをしています。
ダイバーシティ採用導入への経緯は何だったのでしょうか?
このダイバーシティ採用は単に採用を容易に進めるための施策ではなく、ローソンが進めるビジネスや思想と連動しています。従来のコンビニエンスストアのフランチャイズを拡張していくだけのビジネスでは、時代と共に変遷を繰りかえす市場や消費者のニーズを満たせなくなってきました。市場の多様性やアジア諸国への海外事業の拡大に伴い、こうした人材の多様性は必然的なことといえるでしょう。

なかでも女性を増やしていきたい背景として、単身の若い男性をターゲットにしてきたコンビニが、「ナチュラルローソン」や「店舗での野菜類の販売開始」等により、女性の商品への視点が不可欠になってきたことが挙げられます。ディスプレイの方法一つとっても、男性と女性では全く違いますので、それが新たな店舗作りや店舗経営の戦略に、存分に活かせると考えているためです。

また外国人社員の場合、目標意識やモチベーションが高く、何事にも積極的です。その姿勢は同期の日本人社員や上長にまで、刺激を与える好材料となっており、今後組織をより活性化していってくれることと思います。

チャレンジャーを育成する社風とそれを支える教育研修プログラム

将来のキャリアプランは、どのようなものが描けるでしょうか?
当社では特に職種や階級に上限や枠組みを設けていません。例えば、SVとして実績を上げていただいた後は、コンビニエンスストア(CVS)事業でのマネージャー職を目指すことも、エンターテインメント部門やEコマース事業といった多岐にわたるビジネスからキャリアを選択していただくこともできます。業界のイノベーターを目指すローソンは、チャレンジャーをよしとする会社風土があり、自ら手を挙げれば新しいビジネスを創造することも可能です。そうして生まれたのが、「ナチュラルローソン」であり「ローソンファーム(農業事業)」なのです。

人材を育成するための制度には、どのようなものがあるでしょうか?
教育研修プログラムの「ローソン大学」を柱として、ビジネスパーソンとしての基本スキル、および職種別の専門スキルを育成する教育・研修を用意しています。またリーダー層へは、経営的視点を持って業務遂行する能力を体系立てて身につける「リーダー教育」を導入しています。

女性に限定して言えば、全国で活躍するSV約1,000名の内、まだ30名程度しかおらず、残念ながら女性役員は少数といった状態です。性別や国籍による役職や職種の制限がない、本当の意味でのフラットな組織となった今、重要なポジションを任される女性の誕生が待たれます。役員を任せられる逸材は自然に生まれてくるわけでなく、そうした人材を育てていかなければならないとの考えから、現在、女性専用の自己開発プログラムを用意するなど、ターゲットを絞った教育プログラムの拡充にも注力しています。

仕事と生活のバランスを考えたローソン流の働き方

働きやすい環境作りのための仕組みについて教えてください。
ローソンでは「ワークライフバランス」という言葉はあまり使いませんが、子供がいて両親が共働きであっても、いわゆる普通の家族の時間が持てるような労働環境を理想としています。時短勤務や在宅勤務、勤務日数の短縮制度、男女とも利用できる豊富な子育て支援の制度があり、毎年多くの社員が実際に取得・活用しています。日本にとって、人口減少は問題であり、特に流通業を中心とするローソンにとって、人口の増減が直接、企業の成長にかかわってくるだけに、社員の生活を考え、福利厚生制度を充実させることは責務でもあります。今後も、時代に先駆けて、ローソン・オリジナルのライフイベントに関する支援制度をどんどん出していく予定です。

最後に求職者へのメッセージをお願いします。
ローソンは、その歴史の中で複数の企業が一体となって現在のカタチを形成している、純血ではない、いわば多民族国家のような企業です。さまざまな企業文化が混在し、それが相乗効果となってパワーを生み、成長企業・ローソン誕生に至ったのです。キャリア採用の方に期待することも同じで、今まで培った経験を活かし、社内を活性化させていただくことに他なりません。イメージや先入観に左右されることなく、興味があれば、一度ローソンの門を叩いてみてください。「制限をされずに能力を発揮していきたい」とお考えの方には、たまらなくチャンスがあります。

大手・優良企業からのスカウトを受け取る!

併せて読みたい記事
あした転機になあれ。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。

キーワードから記事を探す

検索フォーム

人気コンテンツランキング
転職成功ガイド