転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

インタビュー THE人事部 株式会社バルス


更なる成長と変革に向け、接客レベルの向上が課題。バルスの魅力を伝え、表現できる店舗スタッフを募集

常務取締役 管理本部長 佐野 一幸(Kazuyuki Sano)氏

2005年入社。もともとショッピングが好きで、以前からバルスの成長に注目していたことが出合いのきっかけになった。2013年から現職。店舗視察や販売スタッフの声をじかに聞く機会が増え、改めて「小売業はピープルビジネス」との思いを強くしている。


1992年に1号店をオープンした「Francfranc」をはじめ、時代の変化や空気感を捉えたライフスタイル提案型のインテリア・雑貨ブランドを次々に展開してきたバルス。日本国内はもとよりアジアまでコアなファンを獲得している同社の人材戦略や今後の採用方針について、常務取締役・管理本部長の佐野一幸さんに話を伺った。

住関連雑貨を通して、感性豊かなライフスタイルを提案

バルスの企業理念と事業の特徴についてお聞かせください。
当社の企業理念は、「VALUE by DESIGN」――デザインによって付加価値を創造し、住空間における文化的で感性豊かなライフスタイルを提案する――。売上の大半を占める「Francfranc(フランフラン)」を核に、「AGITO」「BALS TOKYO」「J-PERIOD(ジェイピリオド)」「WTW (ダブルティー)」など、企業理念に基づいてさまざまなライフスタイル提案型のブランドを展開しています。初期はファッション性の高い商品を仕入れて編集するセレクトショップ的な動きが中心でしたが、事業規模が拡大するにつれて編集だけでは表現しきれなくなり、2000年代半ばからはモノづくりにも積極的に取り組んできました。現在「Francfranc」事業は、オリジナル商材が大半を占め、仕入販売型小売から「デザイン創造型SPA企業」へと更なる進化を遂げようとしています。
キャリア採用の背景について教えてください。
モノづくりを強化する一方で、「Customer is a Dear Friend」、つまりお客さまに対して親友のように接することをモットーとし、全社規模で接客レベルの向上に取り組んでいます。雑貨の場合、アパレルに比べて対面販売がもともと少ないこともあり、お客さまへの声掛けやアプローチ、接客を通して得た情報を販売政策や商品企画にフィードバックする仕組みはまだまだ弱いと感じます。お客さまに支持される店舗は、良い商品と良い人材がそろうことで成り立つもの。そこで、お客さまとじかに接する店舗の人材強化を図るべく、昨年からキャリア採用を大々的にスタートしました。現状の課題を解決することで、次のステップにつなげていければと考えています。

フレンドリーな接客で「Customer is a Dear Friend」を体現

求める人材のイメージを教えてください。
志望理由をお聞きすると、「好きなモノに囲まれて働きたい」と答える方がたくさんいます。雑貨やインテリアが「好き」という気持ちは大切ですが、それ以上に大切なのはブランドの価値観や世界観、会社の方針をきちんと理解し、ビジネスとして組み立てていく視点です。店舗の最終的な目標は、お客さまに支持され、販売につなげること。例えば「Francfranc」は全国に100以上のショップがありますが、店のしつらえ、品ぞろえ、接客も店舗によって違います。ブランドイメージをリードするフラッグシップショップ、立地を生かした駅ビルなどの小型店、豊富な品ぞろえを強みとしたSC型店舗など、店舗ごとの役割も含め、そのマーケットやお客さまに最もフィットする形が考えられているのです。ですから、店頭演出で単に自分が良いと思うものを表現するのではなく、もう一歩踏み込んでお客さまのニーズをとらえたコーディネートや、売るべき商品を魅力的に見せる手法を考えてほしいと思います。「好き」をベースに、お客さま視点と会社の利益を考えて行動できる方ですね。

採用のポイントについて教えてください。
先ほどのビジネス視点に加え、「Customer is a Dear Friend」を体現できるコミュニケーション力やホスピタリティも重要です。私は買い物が好きでよくいろいろなお店に行きますが、店頭演出や商品のコーディネートを見たり、お店の雰囲気や販売員との会話を楽しんだり、買い物にはさまざまな魅力があると思います。ただモノを買うだけならネットショッピングで事足りる時代だからこそ、「Customer is a Dear Friend」――お客さまを大切な友達や家族のようにおもてなしする。そして、店頭でしか味わえない体験やプラスαの満足感を提供することが大切なのです。同業他社をはじめ、接客・サービス、営業など、人と触れ合う仕事の経験値が高い方は大歓迎です。

自分に合った将来像を描ける多彩なキャリアパス

入社後の教育とキャリアパスについて教えてください。
まず集合研修で会社の理念や専門知識、販売の基礎的スキルなど業務の基本を学んだ後、店舗に配属されます。その後も、フォローアップ研修、接客やインテリア販売の知識などレベルに応じた教育研修があり、段階的にスキルアップできる仕組みになっています。また、今回のキャリア採用には店舗の上級職を育成する狙いもあり、本人の志向に合わせた多彩なキャリアパスを用意しました。よりレベルの高いインテリア販売スキルを持ったBIS(Bals Interior Stylist)資格や店頭演出を担うVMD担当のようなスペシャリスト、店舗スタッフを指導するトレーナー、あるいは販売職から総合職に転換してマネジメントコースに進み、店長やエリアマネージャーを目指すこともできます。

最後に、求職者へのメッセージをお願いします。
お客さまと直接触れ合うのは店舗スタッフです。店舗や商品の魅力を伝えるのも、私たちが提案するライフスタイルを表現するのも店舗スタッフです。個人的には店舗こそ最も優秀な人材が集まっているべきだと考えています。社内でよく語られることですが、一人の旅人がある町を通りかかった際に、石を切っている人がいて、何をしているのか聞くと、一人目は「石を切っているだけ」、二人目は「日々の糧を得て家族を支えるため」、三人目は「多くの人を救済する大聖堂を建てるため」と答えるという、例え話があります。同じ作業をしていても、考え方次第で仕事の価値や意義は大きく変化します。ですから、感性豊かなライフスタイルの提案というバルスの企業理念を常に意識して仕事に取り組んでほしいと思います。そして、お客さまや一緒に働く仲間に対する「愛」、成長し続けるための「志」、良い仕事をするための「こだわり」、この3つを持った社員に成長してください。

※この記事は2014年4月に作成されたものです。
※2017年9月1日に「株式会社バルス」より「株式会社Francfranc」に社名変更いたしました。

この企業の求人情報へ

併せて読みたい記事
賛成! あたらしい生き方。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。

キーワードから記事を探す

検索フォーム

人気コンテンツランキング
転職成功ガイド