転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

キャンプ初心者の目線で開発。「ソロキャンプスタートパッケージ」に込めた思い/本田 圭悟さん
求められるものにするためその特性を考え抜く イメージ画像

専用キャリーケースの中にテント、寝袋、チェア、ミニテーブル、LEDランタン、クッカーセット、バーナー、たき火台など10アイテムを収納

自然の中で一人のくつろぎの時間を楽しめると人気のソロキャンプ。そのブームがコロナ禍で加速している。そこで老舗のアウトドア用品メーカー、コールマンは「ソロキャンプスタートパッケージ」を今年3月に発売。ソロキャンプに必要なアイテムをセットにしたもので、用具のそろえ方など未経験者から難易度が高いと思われていた部分にアプローチした。

宅配便で送れる縦横高さの計、約140センチサイズの専用キャリーケースの中に、ワンタッチで組み立てられるテントを軸にした、食べる、寝る、くつろぐ、たき火をするといったソロキャンプを楽しむための道具を一括収納。同商品の企画開発を担った本田さんは、気軽に安全にチャレンジできるものを入念に考えたと語る。

本田さんもまた熱心なキャンパーだ。ただ、最初からこの道に進もうとしていたわけではなかった。元々、水泳のアスリートで、それに関連する仕事を目指してアメリカへ留学した。そこでスポーツビジネスに興味を持ち、その分野に強い同国の大学院に進学。学ぶうちにアウトドアにも目覚め、当地で親しまれていたメーカー、コールマンの日本支社に就職した。

営業2年を経てマーケティングに15年ほど携っている本田さんは、企画開発の仕事ではLEDランタンがその原点となった。「当時、ランタンは実際に火を付ける燃料型のものがメインでした。一方、LEDは同様の明るさでやけどや火事の危険性がない。それを強調して、キャンプ場全体を安全にともすと打ち出したら爆発的に売れたんです。この時、ユーザーに喜んでいただけたことにすごく手応えを感じました。以来、新商品を出す際は、そのものの特性や役割を徹底的に考え抜くようになりました」

そしてコロナ禍の2020年。ソロキャンプに興味を持った友人から「どんな道具を買えばいい?」と相談を受けた。「必要なグッズを細かく挙げたのですが、後日聞いたら迷ってしまって買えなかったと。初心者には選択肢が多くて難しかったようです。その時思いました。製品を充実させるだけでなく、新規ユーザー獲得のためにも、アウトドア未経験者に向けた売り方というものもあるのではないかと」

そこから着想を得たソロキャンプスタートパッケージ。ただ、その商品化は社にとって新しい試みとなる。そのうえ、アウトドアの達人が多い社内では、キャンプ初心者に絞った製品のセットについて、その展望が今一つつかめず、未開の地を行くこととなった。

細やかに伝えることでいいアイデアがもらえる イメージ画像

専用キャリーケースに10アイテムを各自の裁量で自由に詰められるよう、空間に少し余裕がある作り

「これさえ購入すれば初心者でも安心してソロキャンプに行ける」。それを目的に作られたコールマンの「ソロキャンプスタートパッケージ」。企画開発した本田さんが意識したのは、未経験者がチャレンジする際のハードルの高さをできるだけ取り除くことだった。

まず、ソロキャンプが楽しめる道具を10種類選択してセットにし、何を買えばいいのかという悩みに応えた。そしてグッズをすべて専用キャリーケースに収納することで、車がなくても移動できるようにした。しかもケースは宅配便で送れる縦横高さの計、約140センチサイズ。

ただ、その大きさにテントや寝袋などすべてを収めるのには苦心した。「車がないからといってキャンプを諦めてもらいたくなかったので、公共交通機関や宅配便を使える手段を備えるために収納サイズには徹底的にこだわりました。そのうえで機能性や快適性についても妥協せず、細部まで追求して最終製品に仕上げたので、製造工場も大変だったと思います」

何より大事にしたのは安全に配慮した機能と使いやすさ。特に難しかったのはテントだった。「初心者が現地で最初につまずくのがテントの設営です。そこで今回は誰でも一人で設置できるよう、傘のようにワンプッシュで開き、固定も簡単にできるものを開発しました」

更にテントは、雨天でもくつろげるよう広さにこだわったが、一方でコンパクトに畳める工夫も必要で、その兼ね合いが難しかったという。「製造工場とのやり取りでは、ただ依頼するのではなくその背景も細かく伝えました。そうすると工場の方から技術面などでいいアイデアを出していただけたりするので」

こうして完成したソロキャンプスタートパッケージは、発売前に製品情報を発表したことでSNSを中心に大きな反響を呼んだ。価格はまとまった額になるので不安もあったが、この内容で、スーツケースとしても利用できるキャリーケースがセットされて7万円台はリーズナブルと捉えられた。初心者に加え、経験者にも、そして防災グッズとしても好評で、販売数は想定よりかなり上回っているという。

「今回は製品開発だけでなく、パッケージ化という新しい売り方についてもさまざまなチームと一緒に成し遂げられました。今までにない価値を世の中に提供できたと感じています。キャンプは人間力を高めるものと僕は思っています。未経験の方が参加をためらう理由を一つひとつクリアし、多くの方に快適なキャンプを体験してもらえるよう頑張りたいです」

私の情熱を支えてくれるモノ

アメフトのレプリカユニフォーム

留学していたアメリカの大学で購入したアメリカンフットボール部のレプリカユニフォームです。自室の壁に飾ってあるんですが、これを見ると、世界中から集まった同級生たちと一緒に学び刺激し合った日々を思い出します。世界に散らばっていった彼らに思いをはせ、自分も負けないようにと志が新たになる。特に仕事が大変で逃げ出しそうになった時は、また頑張ろうっていう気になれます。

イメージ画像
朝日新聞とマイナビ転職が厳選した求人を掲載中!
朝日新聞xマイナビ転職ロゴ
  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
自分を向いて歩こう。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。