転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

品薄になるほど大反響「Yakult(ヤクルト)1000」「Y1000」のヒットへ続く道のり/工藤 洋介さん
商品価値を直接伝えた宅配営業の経験が糧に イメージ画像

乳酸菌を予防医学に生かし、人々の健康に役立てようと1935年に誕生した「ヤクルト」。写真は昭和30年代のガラス容器

乳酸菌ブームの中、乳酸菌飲料のパイオニアとも言えるヤクルト本社が、2021年に全国展開した宅配商品の「Yakult(ヤクルト)1000」とスーパーやコンビニなどの店頭商品「Y1000」がヒットしている。同社の「乳酸菌 シロタ株」がヤクルト史上最高密度、1ミリリットルあたり10億個含まれ、一時的な精神的ストレスがかかる状況でのストレス緩和や睡眠への質向上の機能があることが報告されている。

「『Yakult1000』は、当社初の機能性表示食品でもあります」。そう語るのは、同商品のマーケティングや部署間の調整などハブ的な役割を担っている工藤さんだ。健康に役立つものをつくりたいと、理系の学部を卒業して同社へ。現部署に来るまでは、ヤクルトレディによる宅配事業をサポートする営業に長く携わり、顧客づくりから販売促進の企画まで担当してきた。

「宅配営業の最前線で、消費者にいかに分かりやすく商品の価値を伝えられるかを考え、実践してきた経験は自分の財産となっています。また、前部署の上司は、私が今いる部署にかつていた方でした。メーカー社員としての考え方や仕事ぶりに憧れ、自分も商品の導入に関わる部署で働きたいという気持ちが強くなっていきました」

そうして、18年に現部署に配属。それはまさに「Yakult1000」が機能性表示食品として届出公表された年だった。「現代社会の健康課題をサポートするヤクルトのフラッグシップとして育てていこうと、発売に向けてスピード感をもって臨みました」

これまでの「ヤクルト」はどちらかと言えばファミリー層に向けたものだが、今回はストレスや睡眠の対策をしたいと思うビジネスパーソンをターゲットとした。

そして、全国展開の前に関東1都6県で宅配商品の「Yakult1000」を先行販売。その際、エビデンス(科学的根拠)に基づく商品価値を伝えていくため、従事者の理解を深めることにも力を注いだ。「営業社員やヤクルトレディたちに一定期間商品を飲んでもらい、機能を体感してもらいました。その結果、彼女たちがより自信をもってお客さまにご説明できることにつながったと思います」

また、ターゲット層との接点・話題づくりのため、高級スーパーや自動販売機での販売もテスト的に実施。こうして工藤さんたちは、新商品「Yakult1000」の船出に向けた調整に入っていった。

部署間の調整では「理を優先し、情を添える」 イメージ画像

左は店頭商品「Y1000」(110ml)、右はヤクルトレディによる宅配商品「Yakult1000」(100ml)

話題を呼んでいる「Yakult1000」。その21年の全国展開前、19年10月に関東1都6県で先行販売が開始された。ヤクルトレディによる宅配での販売、そしてテスト的に高級スーパーや自動販売機での販売にも取り組み、消費者の飲用実態調査も行われた。

「自ら一定期間試飲して機能を体感し、自信をもったヤクルトレディたちがコツコツと商品の価値を訴求してくれ、また、お客さまの飲用の感想がSNSで拡散されたこともあり、売り上げは伸びていきました。それに、宅配のみならず、ライフスタイルに応じた購入方法を望む消費者のニーズも確認できました」

その結果を受け、全国展開に向けて生産ラインを整えつつ、より多くの人が利用できるよう、スーパーやコンビニなどの店頭向けに、容器や容量を変えた商品「Y1000」の企画も進行。「競合品が並ぶスーパーの棚で視認性を高めるために、背の高い容器を採用しました」

こうして準備を進め、21年4月に宅配商品の「Yakult1000」を全国展開、10月に店頭商品「Y1000」の販売も開始。高価格帯にもかかわらず、じわじわと出ていた人気と共にSNSで評判が広がり、テレビなどでも紹介されて火がついた。一方、生産が追いつかず品薄となって、「どこに行けば買えるの?」という声が聞かれるほどの状況に。

「十分な量の商品をお届けすることができず、本当に申し訳ございません。短期間に予想を超えるご注文が集中し、それにお応えするため全力で生産体制を整えています」

工藤さんはこういう時、関係する部署間の調整役も担う。「生産や開発、営業など多くの部署の連携が必要な際は、『理を優先し、情を添える』という言葉を常に心掛けています」。何事もまず理にかなっているかどうかを考えて調整を行なう。しかし、理屈だけでは前に進まないこともあるので、各部署の事情にも最大限配慮できるよう、コミュニケーションを積極的にとるようにしている、と。

そういった責務を果たしながら工藤さんは前に進む。今回の「Yakult1000」や「Y1000」は、「乳酸菌 シロタ株」により一時的な精神的ストレスがかかる状況でのストレス緩和や睡眠への質向上の機能があることが報告されている商品。「乳酸菌にできることはまだまだあると思っています。今後も、皆さんの健康に貢献できる業務に携わっていきたいです」

私の情熱を支えてくれるモノ

前部署の同僚からもらった財布

前部署の同僚たちが、私の2018年の異動の際に贈ってくれた財布です。今回、情熱を支えるものとしてこれを選んだのは、今の自分があるのはこれまで携わってきた業務や関わってきた方々のおかげだと思っているからです。特に前部署には一番長く所属していましたし、自分のやりたいことが現部署にあると気づくきっかけとなった場所。この財布を見るとさまざまなできごとが頭に浮かび、異動の希望がかなった当時のうれしさもよみがえって、原点に返れる気がするんです。

イメージ画像
朝日新聞とマイナビ転職が厳選した求人を掲載中!
朝日新聞xマイナビ転職ロゴ
  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
自分を向いて歩こう。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。