転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

キボウのアシタ リーダーたちに学ぶ、これからの働き方の道しるべ オピニオンリーダーたちが語る、これからの時代の仕事観。明日の働き方のヒントが得られる、スペシャル対談。
スペシャル対談 vol.1 失敗の集積で人生は開けていく(前編) 工藤公康×為末大

限界を超えるには下地のある根性が効く

工藤:実は僕、小さいころは野球が嫌いでした(笑)。

為末:そうなんですか?

工藤:野球好きの、「巨人の星」の星一徹みたいなおやじに無理矢理やらされたからなんです。西武に入団した時も、ほかの選手より足も球も遅く、格段にレベルが低かったのでなかなか戦力になれず、「選ぶ道を間違えた」と悔やんでばかりでした。

為末:僕は9歳で陸上を始め、中学で100メートル走の全国一になりました。でも、高3から記録が伸びず、限界を感じていた。そんな矢先、シドニーの世界ジュニア選手権でハードルの試合を見たらうまい選手がいない。この種目なら勝負できる余地があり世界一を目指せると思って、400メートルハードルに転向しました。

工藤:400メートルって無酸素状態の中では一番長いトラック種目。ハードルの技術も新たに身に付けなければならない。むしろ過酷な道を選択された気がするのですが。

為末:この種目なら「根性が効く」と思ったんです。その時の僕は勝つことをあきらめたくなくて、世界一を目指したかった。だから、好きな100メートル走に見切りをつけ、根性と技術で勝負できるハードルに懸けたわけです。

工藤:僕、大好きです、根性って。野球でも何でも、限界を超えるには努力と根性しかないと思う。

為末:一番根性で踏ん張った局面って何ですか?

工藤:9回裏ノーアウト満塁という状況の時です。「どうにでもなれ」と思いながら「おりゃあ」って自分の気をボールに込めて全力で投げる。何も下地がない状態では、大体根性って出せないんです。自分はこれだけのことをやってきたんだというものがあるから、最後の最後に残った力を振り絞ることができる。

為末:その通りだと思います。

工藤:正直、ノーアウト満塁ではきっちり投げても打たれる時には打たれる。そういう時に何を考えるか。打てるもんなら打ってみろと。俺はお前の何倍も練習やっているんだぞ、と。そういう気持ちがないと投げられない。

為末:決して投げやりではなく、前向きな「どうにでもなれ」が、案外力強い武器になりますよね。

工藤:少しでも腰が引けると結果は出せない。為末さんは走っている時、何を考えていますか?

為末:練習の時は「こう走った方がいい」「踏み込みはこうしよう」といろいろ考えますが、本番では何も考えず、雑念を振り切ることに徹しています。陸上は1回でも失敗したらそこで終わってしまう。2度目のチャンスはない。だからこそ、「失敗したらまた何年間か待たなければならない」といったような恐怖感には負けず、ドンと出る。そんな時、一切のちゅうちょがない心理状態に入って「行けえ!」と勢いよく突き進めるかどうか、それが重要なんです。

併せて読みたい記事
賛成! あたらしい生き方。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。

キーワードから記事を探す

検索フォーム

人気コンテンツランキング
転職成功ガイド