転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

キボウのアシタ リーダーたちに学ぶ、これからの働き方の道しるべ オピニオンリーダーたちが語る、これからの時代の仕事観。明日の働き方のヒントが得られる、スペシャル対談。
スペシャル対談 vol.9 自分をどう鍛えるか(後編)広瀬すず×満島真之介

経験の積み重ねが答えを教えてくれる

広瀬:真之介さんにとって役者としての転機はいつだったのですか?

満島:もう、転機だらけ(笑)。一つひとつ作品の顔が違いすぎるせいか毎回が転機と思えるほどで、赤ちゃんのように一年一年、ものすごく成長させてもらっている。

広瀬:私もそういうところがあります。

満島:ただ、映画デビューの時に若松孝二監督と、舞台では演出家の蜷川幸雄さんと出会っていて、お二人ともその出会いの後に間もなく亡くなられたということもあり、あの方たちの長年の思いを託されたような、そんな使命感を勝手に持っている。この使命感が続く限り役者を続けたいというのは強く心にあるなあ。

広瀬:監督や演出家との出会いがモチベーションにつながることはあります。私にとっては是枝裕和監督がまさにそう。今回出演した映画『三度目の殺人』の撮影に入る時、どこか「ただいま」って言いたい気持ちになっていました。それがすごくうれしくて。特に今回は人間の裏側を探る作品だということもあり、自分の中にあるものを是枝監督に見透かされている気がしてドキドキしつつ、でもそれが安心感であり心地良さでもありました。構えることなく、役としてあの場を生きることができたと思います。実際、セリフを自分の言葉として発する瞬間が本当に多かったんです。

満島:僕も役所広司さん演じる容疑者に発したセリフで、自分が登場人物になり切って言ったというか、「今、映画の世界に百%入ったな」と感じる瞬間があった。以前、大林宣彦監督に「映画の世界に居る幸せを思う存分感じろ。それだけでいいから」と言われたんだけど、その幸せを是枝監督の現場で初めて感じることができたという気がするんだよね。

広瀬:私も今回の現場では幸せを感じていました。でも、私の年齢が追いついていないこともあって、監督と共有できるものがまだまだ少なくて寂しかった気がします。

満島:役者の仕事って、一つひとつが積み重なっていく中で気づかされること、得るものがあったりするよね。その時に分からなくても、後にほかの現場でその答えが見つかることもある。だから、すずちゃんも僕もこれからだよ、きっと。

併せて読みたい記事
賛成! あたらしい生き方。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。

キーワードから記事を探す

検索フォーム

人気コンテンツランキング
転職成功ガイド