転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

キボウのアシタ リーダーたちに学ぶ、これからの働き方の道しるべ オピニオンリーダーたちが語る、これからの時代の仕事観。明日の働き方のヒントが得られる、スペシャル対談。
スペシャル対談 vol.9 自分をどう鍛えるか(後編)広瀬すず×満島真之介

経験の積み重ねが答えを教えてくれる

広瀬:真之介さんにとって役者としての転機はいつだったのですか?

満島:もう、転機だらけ(笑)。一つひとつ作品の顔が違いすぎるせいか毎回が転機と思えるほどで、赤ちゃんのように一年一年、ものすごく成長させてもらっている。

広瀬:私もそういうところがあります。

満島:ただ、映画デビューの時に若松孝二監督と、舞台では演出家の蜷川幸雄さんと出会っていて、お二人ともその出会いの後に間もなく亡くなられたということもあり、あの方たちの長年の思いを託されたような、そんな使命感を勝手に持っている。この使命感が続く限り役者を続けたいというのは強く心にあるなあ。

広瀬:監督や演出家との出会いがモチベーションにつながることはあります。私にとっては是枝裕和監督がまさにそう。今回出演した映画『三度目の殺人』の撮影に入る時、どこか「ただいま」って言いたい気持ちになっていました。それがすごくうれしくて。特に今回は人間の裏側を探る作品だということもあり、自分の中にあるものを是枝監督に見透かされている気がしてドキドキしつつ、でもそれが安心感であり心地良さでもありました。構えることなく、役としてあの場を生きることができたと思います。実際、セリフを自分の言葉として発する瞬間が本当に多かったんです。

満島:僕も役所広司さん演じる容疑者に発したセリフで、自分が登場人物になり切って言ったというか、「今、映画の世界に百%入ったな」と感じる瞬間があった。以前、大林宣彦監督に「映画の世界に居る幸せを思う存分感じろ。それだけでいいから」と言われたんだけど、その幸せを是枝監督の現場で初めて感じることができたという気がするんだよね。

広瀬:私も今回の現場では幸せを感じていました。でも、私の年齢が追いついていないこともあって、監督と共有できるものがまだまだ少なくて寂しかった気がします。

満島:役者の仕事って、一つひとつが積み重なっていく中で気づかされること、得るものがあったりするよね。その時に分からなくても、後にほかの現場でその答えが見つかることもある。だから、すずちゃんも僕もこれからだよ、きっと。

流されることで強くなる方法もある

広瀬:ここ数年、常に構えているというか、肩に力が入っている感じがするんです。

満島:僕は女優の姉(満島ひかり)が居て、小さいころから見ていたからすごくよく分かる。女優さんって力が入るものなのかも。

広瀬:そう言う真之介さんはいつも自然体ですよね。臆するところがなくて、オープンマインドでいいなあって思います。

満島:誰に対しても一人の人間として居られるように生きていたいから。常に素直でありたいし、常に誠実にその人と向き合いたい。それは役者であろうとなかろうと変わらない部分だと思う。

広瀬:共演した福山雅治さんにも何でも聞いてましたよね。これはマズイとか思わず素直に聞いちゃいますよね(笑)。

満島:そういうところから信頼関係が生まれるからね。そう思うようになったのは、19歳の時に日本一周自転車の旅に出た経験から。生きている間に出会える人なんてごくわずかで、奇跡なのだということに気づかされた。だからこそすべての人との出会いが愛(いと)おしいし、大事にしたくなった。それでつい誰にでも話し掛けちゃう(笑)。

広瀬:人との出会いが真之介さんの生きる原動力になっているんですね。私も人と話すことが大きな原動力になります。そこからいろんな思いが生まれるし、いろんなものを与えてくれる気がするから。

満島:これからも僕らしく、のびのびと素直に誠実に生きていく。それは変わらない。どんな人になりたいかという目標はなくて、ただ水のように生きたいなと思ってる。ピュアな澄んだ心で。

広瀬:私も先のことはほとんど何も考えてないです。ここ数年あまりにも目まぐるしくて、どうなるんだろう、どこに行くんだろうって思うことはあるけど、どうしたいのかっていうことまでは考えられない。でも一方で、いっそのこと流れに身を任せてみるのも面白いかなって。

満島:一つ面白いことを教えようか?

広瀬:何ですか?

満島:手の指の第一関節を意識して1ミリ、すっと伸ばそうとすると、自分が大きく見える気がする。そんなふうに細部にまで神経を行き届かせてみると、いつもとは違う自分になれるし、違う景色を楽しめるよ。

リーダーが語る、アシタを開く言葉

広瀬すずさん

「まずは自分を信じてみる」

映画『怒り』の撮影の際、李監督と話している時に言われた言葉で自分でも驚くほど強く刺さりました。それ以来、大事にしている言葉です。

満島真之介さん

「ファンタスティック」

口癖で、ことあるごとに使っている言葉です。サインは撮影中にすずちゃんに考えてもらったのを書きました(笑)。

キボウノアシタ読者プレゼント

下記のボタンよりキボウノアシタ読者プレゼントへ応募できます。アンケートにお答えいただいた方の中から、抽選で1名さまに広瀬すずさん、満島真之介さんの限定サイン色紙をプレゼントいたします。

応募締め切り:
2017年10月19日(木)15:00

※当選者の方には、当選のお知らせと景品送付先の確認のため、入力いただいたメールアドレス宛に締切後1週間以内にご連絡させていただきます。当選の発表はこのご連絡をもってかえさせていただきます。

※ご入力いただいた個人情報は、当選者への連絡、景品(賞品)の抽選・発送の目的以外で使用することはありません。

※ご応募はお一人さま1回限りとなります。

応募はこちらから

広瀬すず

1998年静岡県生まれ。2013年女優デビュー。映画『海街diary』(15年)で日本アカデミー新人俳優賞など数々の賞を受賞。出演作に『ちはやふるー上の句・下の句―』『怒り』『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』(声の出演)など多数。公開待機作に『先生!』『ちはやふるー結びー』『ラプラスの魔女』など。

満島真之介

1989年沖縄県生まれ。2010年俳優デビュー。12年NHK連続テレビ小説「梅ちゃん先生」で注目を浴びる。近作に『オーバー・フェンス』『無限の住人』『忍びの国』『STAR SAND―星砂物語―』『散歩する侵略者』など。公開待機作に『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY』『花筐/HANAGATAMI』など。

※2人が出演する映画『三度目の殺人』(主演/福山雅治、監督/是枝裕和)が9月9日(土)から全国公開中。

朝日新聞とマイナビ転職が厳選した求人を掲載中!
朝日新聞xマイナビ転職ロゴ
  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
自分を向いて歩こう。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。