転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

キボウのアシタ リーダーたちに学ぶ、これからの働き方の道しるべ オピニオンリーダーたちが語る、これからの時代の仕事観。明日の働き方のヒントが得られる、スペシャル対談。
スペシャル対談 vol.12 「諦めない心」が導いてくれる(後編)井上芳雄×栗山千明

小手先ではなく体全体でぶつかれ

栗山:私の場合、経験を積めば積むほど自分のできなさ加減が見えてきて、どんどん課題が増えていくんです。

井上:僕もそうですよ。歌はわりと得意だし才能もあるのかなと自負していたので、芝居ができなくても歌でカバーすれば何とかなると思っていました。でも、経験を重ねていくと自分でも分かるんですよね、本当に芝居ができないってことが。

栗山:井上さんでもそうなんですか! その課題はどう乗り越えてきたのですか?

井上:井上ひさしさんの遺作となった戯曲、舞台「組曲虐殺」で作家・小林多喜二の役をやらせてもらった時、「小説を書く時は小手先で書くな、体全体でぶつかっていかなくてはダメだ」というセリフにガツンとやられました。ほかにもいろいろ教えられることがあり、この作品に出演してからは意識が百八十度変わりましたね。

栗山:と言うと?

井上:それまでは自分は芝居が下手なんだからやってはダメだと思いながらやっていました。でも、やっていいとか悪いとか考えることすらおこがましいな、と。機会を与えてもらっているんだから、下手でも何でも全力で挑むしかないと腹をくくれた。

栗山:本当にそのとおりですよね。私、10代のころは幽霊や人殺しなど特殊な役が多かったんですが、20歳を超えてから少しずつ人間らしい役をやらせていただくようになって、自分の下手さがより明確に分かってきました。それでも求めてもらえる、それがすごくありがたい。芝居が下手だとかうんぬん言う前にまずは全力投球。自分にできることを一生懸命やるしかないんです。

井上:その謙虚さも、第一線で活躍し続けるうえで大切なことです。

栗山:それと昔、演出家の蜷川幸雄さんに「舞台を嫌いにならないで。楽しんで」と言われ、楽しむことを心掛けているかな。

井上:えっ、そんな優しい言葉を! 僕も蜷川さんの作品に2回出演させてもらったけれど、最初の時なんてボロボロでした。結構めげましたよ(笑)。

栗山:蜷川さんは、見込みがあると思った俳優さんには厳しいんですよ。

井上:温かいフォロー、ありがとうございます(笑)。

現状維持のために今以上に努力する

栗山:20年のキャリアの中で、一番しんどいって思ったことは何ですか?

井上:デビュー後、2度目となる舞台「モーツァルト!」の時ですね。主役で、中川晃教君とダブルキャスト。僕はまず、モーツァルトの気持ちがつかめなくてどう演じていいか分からない。一方、中川君はモーツァルトそのものを生き生きと演じていて歌も素晴らしい。公演が始まると中川君の評価は急上昇し、賞も取ったんです。

栗山:それはけっこうキツイですね。

井上:いやあ、だから当時は随分、僕の人間性はゆがみましたよ(笑)。でも結局、自分と向き合わざるを得ないんですよね。彼にあって自分にないものは何だろう、なぜ自分は評価されないんだろう、と。

栗山:それをどう乗り越えたんですか?

井上:再演の話があったんです。また中川君とダブルキャストでした。逃げるのも嫌だったので自分なりに一生懸命やったら、少し手応えがあって今度は僕が賞をもらえた。結局「モーツァルト!」は5回やらせていただきました。公演中は中川君ともそこまでは仲が深まらなかったのですが、終わってからはすっかり仲良くなりました。

栗山:なら良かったです。私は日々小さな挫折が幾つもありますが、そこまでの経験はまだないかもしれません。ただ、私はお仕事がなかったら家に引きこもってアニメを見たり、ゲームをしてばかり。人間らしく居られるのはお仕事のお陰だなって最近つくづく思うんです。だから、夢はこの仕事を長く続けられることですね。

井上:僕も長く続けていきたいです。仕事の幅を広げたいという気持ちもあるけれど、まずは現状維持を目指したい。実は同じことをしていては現状の維持なんてできないと思うんです。つい欲張って大きな夢を追ってしまいがちですが、小さいことも少しでも前へと進めていけるよう努力して、それで初めて現状維持ってできると思うんですね。

栗山:間もなく始まる舞台「十二番目の天使」でも、毎日少しずつ成長できるよう頑張りたいです。それこそ今、前へ進めなくて落ち込んでいる人がいたら見てほしいですね。自分なりの「キボウノアシタ」を照らしてくれる作品ですから。



リーダーが語る、アシタを開く言葉

井上芳雄さん

「小さな役というものはあるが、小さな役者というものはいない」

ミュージカル『ファンタスティックス』の中に出てくるセリフ。本当にそうだなと思いました。役者だけでなく、どんな職業の方にもあてはまる言葉ですよね。

栗山千明さん

「逃げちゃ駄目だ」

『新世紀エヴァンゲリオン』の主人公・碇シンジの有名なセリフです。いつもどんな時も常に自分に言い聞かせています。

井上芳雄

1979年福岡県出身。東京藝術大学音楽学部声楽科卒。大学在学中の2000年に、ミュージカル『エリザベート』のルドルフ役でデビュー。以後、ミュージカル、舞台を中心にテレビや映画などにも活躍の場を広げている。TBSラジオ「井上芳雄 by MYSELF」は毎週日曜22時から放送中。

栗山千明

1984年生まれ。幼少時より芸能活動を開始し、99年に映画『死国』で女優デビュー。2003年には『キル・ビル』でハリウッドデビューを果たす。その後、数々の映画、ドラマ、舞台に出演。17年には舞台『ミッドナイト・イン・バリ』で主演を務めた。

※2人が出演する舞台『十二番目の天使』は東京・日比谷シアタークリエにて3月16日(土)から4月4日(木)まで上演。

朝日新聞とマイナビ転職が厳選した求人を掲載中!
朝日新聞xマイナビ転職ロゴ
  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
自分を向いて歩こう。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。