転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

キボウのアシタ リーダーたちに学ぶ、これからの働き方の道しるべ オピニオンリーダーたちが語る、これからの時代の仕事観。明日の働き方のヒントが得られる、スペシャル対談。
スペシャル対談 vol.16 好き、が道を開く(後編)土屋礼央×伊沢拓司

喜んでもらうことが自分の喜びになった

土屋:伊沢君は今、クイズの会社を経営しているんですよね。

伊沢:はい。2016年から東京大学クイズ研究会のメンバーでウェブ展開していた「クイズノック」を19年に法人化。ここが一つの節目になりました。基本理念は「楽しい」から始まる学び。クイズにエンターテインメントと教育を合体させ、動画やアプリで発信。僕がテレビなどに出ているのも会社の広報活動の一環だったりします。と言いつつ現場では無邪気に楽しんでいますが(笑)。礼央さんが大きく変化した時期はいつですか?

土屋:結婚して子どもが生まれてから、前世や来世ほど変わりましたね。昔は自分のことしか考えていなかったけど、今は家族のために生きることが一番の幸せになったし、目の前にいる人に喜んでもらうことこそが自分の喜びになった。無数の三角形の集合体で円はできるけど、大小さまざまな三角形の人たちを集めて円を描くことが今は楽しい。昔は自分とまったく同じ形の人だけを集めていた気がする。

伊沢:そう聞くと僕はまだ変われていないな。親しい仲間からは、お前は本当に他人に興味がないなと言われますし。

土屋:いいねえ。それが最高だよ。

伊沢:いいんですか!? まだ自己と他者との境界線が分からぬままエゴを発揮している段階。身に降りかかる火の粉だけ振り払う動物の本能みたいな感じです。

土屋:いやいやそれでいいんです。僕は大きな山を登り切って一度下山し始めた気でいます。振り返るとあの時こうすればよかったという「たられば」後悔はたくさんあるけど、今は下山していて見える景色もいいもんだなと。でもそれは44歳になるまでの経験があったからこそ。20代の伊沢君には登れる所まで登って行ってほしい。僕の話を聞いてまだ変われていないかもと思うのは20代として正しい感性だけど、分からないまま突き進んでほしいし、失敗もしてほしいよね。

伊沢:面白いなあ。いつか礼央さんの境地までいけるよう、今は突き進みます。

土屋:おじさんの僕は、今この瞬間に出会った人に楽しかったと思ってもらえるようなことを日々積み重ねていきたい。自分の人生は自分にしか歩めないのだと強く意識するようになって、そんなふうになりました。

5月9日(金)更新

朝日新聞とマイナビ転職が厳選した全求人一覧を見る
併せて読みたい記事
あした転機になあれ。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。

キーワードから記事を探す

検索フォーム

人気コンテンツランキング
転職成功ガイド