転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

vol.12 REPORT.03 異業種からの転職者インタビュー - 野村証券株式会社の事例

土岐 薫

インタビュイー:土岐 薫(野村證券株式会社)

ファイナンシャル・アドバイザー課
ファイナンシャル アドバイザー

都内の大学を卒業後、大手のビールメーカーに就職し、物流コストの管理や医薬事業の事務などを経験。その後、地元に戻り地方銀行、運送会社、大手新聞社の支局にてキャリアを積み、2008年4月、野村證券のファイナンシャル アドバイザーへ。従来のやり方にとらわれない柔軟なアプローチ方法で個人・法人問わず幅広い顧客を開拓し、地元で幅広い人脈を築いている。趣味は読書と筋力トレーニング。2人の娘を持つ母親でもある。

「もう一花咲かせたい」という想いで、野村證券のFAへ転身

新卒で入社した大手ビールメーカーでは、月間20億円規模の物流コストを管理する仕事などバックオフィス業務を任されていました。当時業界のトップを走る企業で働くことは多くの刺激があったのですが、実家に戻らなくてはいけない事情ができたため勤続3年で退職。地元の地方銀行に準行員として入りました。地銀では営業企画のアシスタントなどを担当し、こちらも3年務めた後、結婚を機に退職。このときは「家庭に入ろう」と思っていたのですが、すぐに飽きてしまって1週間後には転職活動を始めていました(笑)
まずはパートタイマーとして地元の運送会社に就職し、間もなくフルタイムの正社員へ転身。小さい会社だったので、経理から総務、人事、株主総会の準備まで、管理部門の業務はすべて担当しました。ここで2度の産休・育休を経験しましたが、当時は会社史上初めての出来事。産休・育休という制度すらなかったので、自分で制度を作りました(笑)。その後、大手新聞社の支局での勤務を経て、2007年秋に野村證券のFA募集の広告に出合いました。自分のキャリアにとって「これが最後のチャンスになる」という予感があったので、迷いなく応募しました。内定受諾のときに「もう一花咲かせたい」という思いを伝えると、担当の方から返ってきたのは「一花でも二花でも、どれだけ咲かせられるかはあなた次第」という言葉。このとき、「この仕事なら年齢に関係なくずっと活躍できる」という確信を持ちました。

土岐 薫

顧客拡大のために、個別訪問に加えて新たに挑戦したアプローチ

現在はFAとして約500件のお客様を担当させていただいていますが、最初は思うような成果は出せませんでした。それまで4社の経験があったものの営業は未経験でしたから、今思えば当然ですよね。営業として手応えを感じ始めたのは、入社3年目の頃。当時、首都圏の同期FAと比較すると地方の支店とでは営業成績では見劣りしてしまい「今までのやり方では業績が上がらない」──そう思った私は、営業の主流である戸別訪問に加えて、新しい営業戦略を考えました。効率よく顧客を広げられる方法はないかと考え、注目したのは地域の団体。さまざまな団体の集まりに顔を出し、親交を深め、勉強会やセミナーで講師を務めることにしました。一対一でお客様とコミュニケーションをとるのではなく、一度に大勢の方と接点を持つアプローチ方法に切り替えたのです。これが功を奏して、今では地元で相当顔が広くなりました。最初の入口が「グループの仲間」や「セミナーの講師」という関係性なので、多くの方が警戒心を持たずに相談を持ち掛けてくださり、自然と人脈が広がっていくんですね。
そしてもう一つ、これだけでは物足りないとチャレンジし始めたのが法人顧客の開拓。競合他社が活動していないエリアに車で通い、地道に訪問を繰り返すことにしたのです。今でもこの取り組みは続いていますが、少しずつ努力が実り始め、今では担当顧客の1割が法人のお客様になりました。

土岐 薫

すべての人生経験が武器になる

法人顧客の開拓にあたっては、今までさまざまな会社で勤務してきた経験が本当に活きています。特に配送会社に勤めていた時代にバックオフィスの一連の業務を経験したことは、大きなアドバンテージになっていると感じます。会社運営や法人税の知識を身につけていること、そして中小企業が抱える課題を具体的にイメージできることは私の大きな強みですね。このように、これまで培ってきたすべての人生経験が何らかの形で活かせるところがFAの面白さであり、やりがいと言えるかもしれません。不動産投資信託(REIT)の中には「物流施設特化型」という商品がありますが、そのご案内にあたってはビールメーカーで物流関連の経験をしたことが大いに活きていますし、お子さまのいるお客様にご提案する際には育児経験がある女性としての視点が役に立っています。経験が武器になる。だからFAは年齢を重ねてもずっと活躍できるんです。
お客様からご相談いただく内容は、投資に関するものだけではなく、相続やお墓に関するものまで多岐にわたります。中には、お見合い相手を探してほしいとお願いされることもあります(笑)。「資産運用」という一点だけでお客様と付き合うのではなく、お客様の「人生そのもの」に寄り添ってコーディネートしていくこと。それが地元に根ざしたFAの役割だと思います。一人でも多くのお客様に「あなたに出会えてよかった」と言っていただける、そんなFAになりたいですね。

求人情報

野村證券株式会社

ファイナンシャル アドバイザー(営業専門職)※経験不問

業界大手『野村證券』で生涯の仕事に出会う――地域に密着し、ゼロから挑戦できるチャンスです!

仕事内容
【原則異動ナシ】
地域に密着しながら、『野村證券』の誇る様々な金融サービスをご提供。お客様の資産管理を生涯にわたってお手伝いする仕事です!
求める人材
金融業界の経験・知識は一切不問! 高い志と意欲を持って業務に取り組める方を歓迎します!
《応募条件》
◆大卒以上◆社会人経験必須◆国籍不問
勤務地
◎全国47都道府県の各支店
(原則、異動はありません)

本記事は2016年11月時点のものとなります。下記、求人情報の掲載は終了している可能性がございますので、予めご了承ください。

この企業の求人情報はこちらをご覧ください

併せて読みたい記事
賛成! あたらしい生き方。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。