転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

面接の臨場感を動画で体感! 動画版! 激辛面接攻略法

これまで接客業から事務系の業務まで、さまざまな仕事をこなしてきた挑戦者。今回、未経験ながらフードビジネスを展開する企業の販促企画・デザイナー募集にチャレンジした。内情を見極めずに転職した前職で、職場環境や仕事内容に違和感を持ち4カ月で退職した苦い経験がきっかけだ。「やりたい仕事に就きたい」という思いを強くして、憧れのデザイナー職への道を探る。しかし、42歳という年齢で未経験からの挑戦は、企業側にとっては慎重にならざるを得ない条件。経歴書では伝わらない、人間力やスキル、自分の可能性をアピールできる、面接こそが勝負のカギとなるのだが……。

今回の挑戦者
挑戦者:石川さん(仮名)応募業種:フードビジネス 応募職種:クリエイティブ 年齢:42歳・女性
面接挑戦者のプロフィール写真
  • 40代前半
  • クリエイティブ
  • 未経験転職

高校卒業後、公益団体で嘱託員として勤務し、接客や労務管理など幅広い業務をこなす。その中で販促用ツールのデザイン業務に関わったことから興味が湧き、働きながら通信制の大学で情報デザインを学ぶ。その後、デザイン関連の仕事を探したがかなわず、派遣社員としてデータ入力の業務に約1年間携わった後、同様の仕事で正社員採用となるが、約4カ月で退職。本来やりたかったデザインの仕事に絞り、転職活動を再開した。

あなたならどう答える?他人の面接を体感してみる!

前編の見どころ

面接官が経歴書を見てまず感じた疑問が、これまでの仕事に一貫性がないことだった。接客販売や事務職、データ入力などの職種を転々とし、また正社員としての経験も浅い。さらに今回、経験のないデザイナーという職種に応募している。挑戦者の仕事に対する意識や姿勢に問題はないかを確認するため、経歴と転職の経緯をたずねた。鋭い質問に戸惑いを見せる挑戦者。弱みを見せずに、うまく切り抜けたい場面だ。

中編の見どころ

今回の採用で、もっとも重要なのは、デザイナーとしての技量やセンスだ。特に挑戦者の年齢であれば、当然、即戦力として活躍できるかどうかを見極めたいところだ。そこで面接官が「実績となる作品を見せてほしい」と求めると、準備していた作品を見せる挑戦者。デザイナーとしての実績に乏しいところが弱点だが、むしろ自分の作品を通してその実力をアピールできるチャンスとも言える。面接官の心をつかむプレゼンテーションを展開できるだろうか。

後編の見どころ

特にクリエイティブな業務では、入社してからどのような仕事をこなしていけるかをイメージできる人材が求められる。面接官は、挑戦者が自社イメージをどれだけ理解し、またそれに合った表現力があるかを知りたいところ。そこで「当社の店舗でメニューを作るとしたら?」と具体的なアイデアをたずねた。当然予測される質問である。きちんとした企業研究を行い、面接への準備を周到に行っていれば、決して困難な質問ではないが、挑戦者の回答は?

挑戦者はどう答えたか?緊迫のシーンを振り返る!

POINT1企業研究がまったくできていない

「この会社に入りたい」という熱意は、挑戦者がどの程度真剣に企業研究をしているかによってあらわれる。今回の募集はレストランのメニューやロゴ、販促ツールなどを制作するデザイナー。採用するうえで、企業側は自社のブランドイメージを理解しつつ、新しい風を起こしてくれる人材を期待する。面接を受ける際には、当然、入社したらこんなことができる、というアピールが必要。ショップを展開している企業に応募するなら、店舗に足を運び、考えられる課題や、自分ならこんなことがしてみたいなど、具体的な提案ができるくらいの準備が求められるだろう。

POINT2やる気のアピールは逆効果

新卒や第二新卒ならともかく、年齢的には十分に社会経験を積んでいるであろう挑戦者。「熱意だけは他の人には負けない」と言っても、それ以外に訴えるものはないのかと思われてしまう。企業側にとってはやる気はあって当たり前のものなのだ。即戦力として求められているのだから、言葉だけでやる気を見せても、マイナスイメージしか持たれないだろう。精神論は抑えめに、できるだけ具体的に何ができるかを伝えられる言葉を持とう。

POINT3キャリア設計が甘い

挑戦者の経歴からは、これまで明確な意志を持って仕事を選んできたようには感じられない。今後につなげるためには、一度キャリアの棚卸しをして自分の仕事への取り組み方を見つめ直し、改めてこれからの方向性を明確にしたい。もう少し、仕事を通してキャリアを積むという意識を持つと良いだろう。自分がなりたいもの、これからどのように生きたいかを考え、その目標に向かってステップを一つずつ踏んでいくことが望まれる。好きな仕事をする前に、今の仕事を好きになる努力も必要だ。

回答のコツを伝授! 面接官のアドバイス

デザイナー志望の挑戦者。20年以上の社会人経験はあるものの、大学で勉強しただけで、デザイナーとしての実績がほとんどない状態でのキャリアチェンジ。しかも正社員としての採用は、かなりハードルが高いというのが現実です。現在離職中ということなので、じっくりと希望に合う仕事を探していくのか、あるいは少しでも早く仕事に就きたいのかによっても、今後の転職活動の方向性は変わってきます。デザインの仕事にこだわるのであれば、正社員に限定せず派遣社員や契約社員としてキャリアを積んで、正社員を目指す道もありますし、あるいは事務職などで、IllustratorやPhotoshopなどのソフトのスキルを生かせる職場を選ぶという選択肢もあると思います。もう少し視野を広げ、さまざまな可能性を考えてみてもいいのではないでしょうか。

挑戦者の感想

デザイナーとしての実務経験はないので、私はこれができる、とアピールできる部分が弱いことを改めて感じました。単に作品を見せるだけではなく、新しい提案をしていく姿勢が大切だということを学ばせていただきました。かなり突っ込んだ質問はこれまであまり経験がなかったので、戸惑いもあり、つい本音で弱い部分までさらけ出してしまったような気がします。

今回の面接の心得

マイナビ転職会員限定の特別企画です。

ログインいただくと続きをご覧いただけます。

会員登録がまだの方

カンタン会員登録を済ますだけですぐ使えます!

マイナビ転職に会員登録すると、会員限定セミナーだけでなく履歴書添削サービス「転職MYコーチ」や「スカウト」など、転職活動を効率的に進めるための便利なサービスがご利用になれます。

会員登録する

すでに会員登録がお済みの方

会員ID
パスワード

会員ID・パスワードを忘れた方

次回から自動でログイン    セキュアモード
細田咲江さん
今回の面接官 Profile細田 咲江さん
早稲田大学卒業後、流通会社で12年間、主に人事部に従事。1994年に上田晶美さんとともにハナマルキャリアコンサルタントを設立。現在は、埼玉女子短期大学にて准教授としてキャリアに関わる授業を展開。
また、高校生や大学生の就職、社会人の転職、主婦向けの再就職に関する講演・執筆など幅広く活躍中。近著では、転職の最新ノウハウを満載した「転職 書類」「転職 面接」(すばる舎発行)が話題になっている。
併せて読みたい記事
賛成! あたらしい生き方。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。

キーワードから記事を探す

検索フォーム

人気コンテンツランキング
転職成功ガイド