転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

実録!面接徹底攻略法 今回の面接者
【第28回】
頼りなさを露呈したのは、
営業職募集に対する認識不足だった!


今回の面接設定 応募業種:不動産業
応募職種:営業
年齢・性別:26歳・男性

2年間勤務した会社を退社後は、通訳の仕事に就くために資格取得に励んできた成尾さん、不動産会社を志したのは求人情報に「英会話力があれば歓迎」と記されていたから。まだ20代ということもあり、面接官も積極的に採用を検討したい意向を持っている。しかしハードな営業のため、タフな精神力を求めていた。


今回の挑戦者



名前:成尾浩太(仮名)
経験年数:2年(家具の製造・販売会社での営業経験)
年齢:26歳
職務経歴:4年制大学卒業後に、関西の家具の製造販売会社へ入社。既存顧客へ商品提案をしながらの営業をしてきた。約2年後に退社。その後は2年間通訳案内士の資格取得のために勉強に専念してきたが断念。現在は関西在住だが、上京して転職活動をしている。
年収実績:360~400万円
希望年収:360万円以上


面接会場に現れた成尾さんは、線の細さは感じるが、人当たりの良さそうな雰囲気を持っていた。不動産営業としての資質は持ち合わせているように思える。ただ面接官は柔和なばかりでは資質十分とは言えないと考えていた。不動産営業では、今も昔もタフな精神力を求めているからだ。
面接官  
まず履歴を見ると、前社を退社後に2年間のブランクがあるのですが、なにかされていたのですか?
   
挑戦者   実はあのぉ、前社を退社後に国家試験の通訳案内士の勉強をしておりまして……。えっとですね、1年3カ月ぐらい勉強して……、あ、勉強しておりました。※以下、語尾がはっきりしない話しかたが続く。 ポイント1
   
面接官  
それはなにか理由はあるのですか?
   
挑戦者   学生時代から英語に興味がありまして、それを形にしたという……。
   
面接官  
興味があることを形にするだけ?それって自己満足?(苦笑い) ポイント2
     
挑戦者  
そう…ですねぇ、……自己満足的なところもありますね。通訳案内の仕事に憧れてたのもあるんですが、……いや、ハローワークにもいったんですが、あ、そうですね、すぐに就職せずに……、なんか憧れみたいなものがあったんです。 ポイント3
     
面接官  
それはあきらめたんですか?
     
挑戦者   あきらめた……と思われるかもしれませんが、とにかくあのぉ、勉強して得られたものもありまして、社会で生かしていきたいなと思います。
     
面接官  
社会で生かせることってなんですか?
     
挑戦者  
合格できるレベルとのギャップを埋めていかなければと思っておりまして、日々目標を立てていく大切さを知りました。
     
面接官  
結局、国家試験は合格されたのですか?
     
挑戦者   いえ、とって……おりません。
     
面接官  
もう1回チャレンジしないのですか?
     
挑戦者  
いや、もう26歳なので自立した生活をしたいと思います。まぁ、あのぉ、また勉強するかもしれないんですが……。 ポイント4
     
     
     
     
面接官のワンポイント
頼りない! 答えがはっきりしないから不安になる!
営業担当を採用するとき、面接官はお客様の立場になって相手を見ます。成尾さんの場合、まず答えがはっきりしていないのが問題です。これは話し方にも問題があります。さらにフリーターをしていた2年間について言い訳がましい答えになっています。潔く「2年間勉強をしていましたが、あきらめました」「努力が足りなかったことは自分でも認めます」と言い切るほうが印象が良いでしょう。
 
すでに不採用と考えてはいたが、働くことについて、不動産業界を志した理由などを聞くことに。しかしこの時点では、不採用にかたむいているので面接官も深く突っ込まなくなる。
 
     
スペーサー スペーサー スペーサー
面接官  
私どもの会社は英語力ももちろんあればいいのですが、新規顧客のニーズを聞いてくるとか、そういう能力が求められているのですが。
    スペーサー
挑戦者   通訳案内士の試験に落ちて感じたのですが、英語の専門職には向いていないのかなと思いまして……。私はフリーターでアルバイトしながら勉強していたんですが、多くの人は正社員で働きながら受けていらっしゃった。なのに合格できなかったんです。英語の専門職ではなくて、英語をちょっと使える程度で生かせていける仕事を探していたんです。 ポイント5
  スペーサー
面接官  
ご自身のどういうところが営業に向いていると思われますか?
     
挑戦者   人を助けてあげたいという気持ちが強い人間で、たとえば、英語を習いたい人がいれば自分の教材を渡してあげたり、ダイエットをしている人がいればノウハウを教えてあげたり、人を思いやる心はあると思います。
     
面接官  
では、どんなスタイルで営業をしていきたいと思いますか?
     
挑戦者  
社内のチームワークを大切にしていきたいと思います。お客様からのクレームを処理をしていただくのも社内のサポートがあってこそですし、まずは社内営業をしたいと思います。 ポイント6
     
面接官  
前社でも営業されておりましたよね。そのときはどんなスタイルで?
     
挑戦者  
前社ではけっこう新聞とか読んで、その記事をヒントに新規顧客にアプローチしたりするように心がけていました。先輩から引き継いだ顧客については定期的に訪問していました。
     
   
※ その後、クレーム処理についてのやりとりがあり、面接は終了。
     
     
     
     
     
甘いなぁ! 意志の弱さを感じます!
新卒相手の面接官なら「社会に出ていないから仕方ないか」と思い、資質のみを見ることもできますが、中途採用の場合、「すでに働いているから、働くことの厳しさはすでに体験しているので教育する必要はない」と考えます。中途採用者に新卒研修を受けてもらうわけにはいきません。その意識の甘さを改めないと、望む職にはつけません。
面接官のワンポイント

面接心得
はっきりした話し方は面接の基本だ!
成尾さんの答え方から学べることがある。それは以下の2点だ。
(1) イエス、ノーをまず話す。
(2) 語尾があいまいな話し方はしない。
普段の話し方から改善するように心がけたり、何度か面接を受けて実践で鍛えないかぎり、これらは簡単に直るものではない
挑戦者の感想

準備ができていませんでした!
なにを話したらいいのか、準備ができていないことから、あいまいな答えになってしまいました。

面接官プロフィール
名前:細田 咲江さん

早稲田大学卒業後、1983年に流通会社に入社。12年間、主に人事部で採用担当や人事教育などに従事。1994年にハナマル キャリアコンサルタントを設立。現在は、高校生や大学生の就職、社会人の転職、主婦向けの再就職に関する講演、執筆など幅広く活躍中。面接官の視点に立ったアドバイスには定評がある。また、埼玉女子短期大学と駒沢女子大学では講師も務める。
ポイント1
語尾がはっきりしない話し方は相手をイライラさせる
話し方に問題がある。きちんと「です、ます」をつけて語尾をはっきりさせる。
ポイント2
勉強をしていた理由を必ず伝える
面接官は暗に「英語を勉強していた目的を話してもらわないと!」と感じていた。
ポイント3
これでは営業は無理!
この答えでは、ほぼ不採用。
模範解答例
英語を仕事に生かしたいという目的がありました。今後、外資系のニーズが求められている不動産業界、とくに御社のような外資系企業を顧客に持つ企業で、私の英語力が生かせればと考えて勉強してまいりました。
ポイント4
就職の意志はあるの?
ここでは「あきらめて、御社の仕事に専念したい」と答えるべきだった。
ポイント5
志望動機を語るべきだった
英語力をどう生かすのかを具体的に語るべき。
模範解答例
御社の営業において、英会話はスキルの1つにすぎません。それは重々承知しております。私が御社を志したのは(以下、志望動機について語る)。

ポイント6
依存度が高い人と受け取られる
ここでは自分が前社でどんな営業スタイルを持っていたのかを話すべき。質問の意図からはずれているばかりか、社内営業などのキーワードは依存しがちな人と受け取られる。
バックナンバー
併せて読みたい記事
賛成! あたらしい生き方。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。

キーワードから記事を探す

検索フォーム

人気コンテンツランキング
転職成功ガイド