転職ノウハウ 応募企業の探し方、面接のポイントから、円満退職の秘訣まで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!
このエントリーをはてなブックマークに追加
実録!面接徹底攻略法 今回の面接者
【第37回】
同業界のマネジメント職から技術職へ
未経験の挑戦者のアピールは?


今回の面接設定 応募業種:システム開発
応募職種:SE
年齢・性別:26歳・女性

サーバ管理やマネジメントの経験はある。しかし、プログラムや開発工程に実際に関わった経験は無いに等しい。SEとしてのスキルや経験が乏しい今回の挑戦者は、面接で何をアピールにするべきだろうか?


今回の挑戦者

名前:高橋 凛(仮名)
経験年数:0年
(社内システムのみ多少の経験あり)
年齢:26歳
職務経歴:4年制大学卒業後に人材系の企業へ入社。3年間WEBサイトの管理・運営を行う。去年から自らの希望でシステム開発部署で働いている。
年収実績:370万円
希望年収:380万円以上


面接官は、高橋さん(挑戦者)のシステム開発にかける熱意や意気込みを見ようとしていた。気負いの無い様子で話し始める挑戦者。一見、順風満帆かに見えたが……?

面接官  
まず、今までの経歴と、現在のお仕事内容を教えてください。
   
挑戦者  
新卒で入社してから3年間、WEBサイトの運営をする部署に配属になりまして、更新作業などルーチンワークが中心でした。会社にも慣れてきた3年目に、自分で開発して何かを作りだす作業に興味を持ち、システム部署へ異動を願い出ました。一応開発には携わってはいるのですが、実際にプログラムを組んでいくのはシステム開発会社です。私の仕事としては、現場の要望をシステム開発会社に伝えることがメインになります。つまり現場の意見をシステム開発会社にわかりやすい内容にして伝えるという、翻訳のような仕事ですね。 ポイント1
   
面接官  
今までやってきた案件で、一番大きなものは?
   
挑戦者   社内のデータベースを管理するシステムの運用です。そのデータベースから対象モニターを抽出して、DMを送る際などに活用されています。
     
面接官  
発注する側として一番苦労したことはなんですか?ポイント2
     
挑戦者   現場の要望が非常に曖昧で、感覚的にものを言われるのですが、そのままシステム会社に伝えても理解していただけません。現場から言われた要望を、いかにシステムの理論に落としていくかというところが非常に苦労しました。
     
面接官  
では、逆にシステム開発会社とのやりとりで難しかったことはありますか?
     
挑戦者   システムとして何ができて、何ができないのかを私がわかっていないので、システム開発会社側に無理なオーダーを言ってしまうことです。開発会社より、社内の意見を尊重しすぎてしまいます。ポイント3
     
面接官   今回、転職を考えた理由は何ですか?
   
挑戦者   システム開発会社とのやりとりのなかで、だんだん開発そのものに興味を持つようになりました。プログラムを勉強するようになって、自分で作りたいと思う気持ちが強くなりました。システム開発会社では仕事全体をなかなか見ていないのですが、私がもしそちらの立場でしたら仕事全体をもう少しわかって、開発などもできるのではないかなと思っております。
     
     
     
面接官のワンポイント
転職理由が不十分
未経験や、経験の浅い人材を採用するとき、実際にどれくらいこの業界に興味があり、自発的に業界研究や勉強をしているかなどが大きな決め手です。口では「興味があります」「やる気があります」とアピールしても実際の知識がともなっていなければ、面接官には響いてきません。
逆に、最近の業界の傾向や、新しい技術の話などを織り交ぜつつ、挑戦したいことを具体的に話すと説得力がありやる気を伝えられます。
 
業界や仕事に対する高橋さんの熱意を探るため、面接官は様々な方向から挑戦者の内面を見ようとする。業界研究、自己分析、将来のビジョンなど、挑戦者としては前もって準備しておくべきところなのだが……。
 
     
スペーサー スペーサー スペーサー
面接官  
システム開発側の人間としてお客さんと接するときは、何が大切だと思いますか?
    スペーサー
挑戦者   まず、ユーザーが何をしたいのかをつかむことだと思いますが……。ポイント4
    スペーサー
面接官   それは当たり前ですよね。もっと具体的には?
     
挑戦者   ……。
     
面接官  
考えてなかった?
     
挑戦者   はい……。
     
面接官  
私どものようなシステム開発会社側に視点を変えて見たときに、問題として何が見えてくると思いますか?
     
挑戦者   お付き合いさせていただいているシステム開発会社では、システムとして「できる」「できない」をベースに考えていて、ユーザー側が何に使いたいシステムなのかをわかっていないと思います。別のアプローチで解決の糸口を探そうとしていないので、もっとユーザー側に立った視点でアプローチする必要があると思います。ポイント5
     
面接官  
自分にはその仕事が向いていると思いますか?
     
挑戦者   思います。まだ仕事を実際にしているわけではないので、はっきりとは言えないのですが、納得しないと気がすまない性質(たち)なんです。漠然と言われたことだけをやるというのは、やれと言われればできないことはないですが、やりたいとなかなか思えないです。ポイント6
     
面接官  
わかりました。ところで仕事が忙しくなると、徹夜での作業が必要になる場合もでてきますが、その辺は大丈夫ですか?
     
挑戦者   できるだけ徹夜作業をしないようにするのが1つの役割だと思いますが、そういう状況になってしまったらシステムを全力で作らなければいけないと思います。
     
面接官  
三日徹夜、四日徹夜でも大丈夫ですか?
     
挑戦者   ……はい。ポイント7
     
     
     
準備不足だと面接突破は非常に厳しい
転職活動は事前準備が成功の鍵です。転職先の企業を研究するのはもちろん、業界全体、今勤めている会社の事、自分の仕事、これからの展望や問題点など事前に話すベきことを整理しておくと、面接などでも慌てることなく答えられるはずです。もし自分の知らないことを聞かれたときも、「わかりません」と正直に答えてから、「しかし~」と別の切り口からアピールできるだけの情報収集をしておくべきです。情報や知識を述べるだけでなく、自分の考えやPRを入れて説明できるとなお良いです。
面接官のワンポイント
面接心得
未経験を行動力で補う
高橋さんは技術的には未経験になるので、スキルをアピールすることはできない。よって本気で内定を目指すなら、それに代わる行動が必ず必要である。例えば、応募企業とライバル企業の業務内容・プロジェクトの傾向などの比較や、業界全体のなかでの応募企業の位置付けなどを調べると、企業理解、業界理解ともに深まるのでオススメだ。採用側も応募者の技術より仕事への関心度や本気度に重きを置いて面接をしている。
挑戦者の感想

勉強不足を痛感しました。
自分でも準備が足りていなかったと反省しています。業界だけでなく、応募する企業や自社のことをもっと勉強して、ちゃんと受け答えができるようにしなければと思いました。

面接官プロフィール
名前:髭 彰さん

株式会社CAP総研 代表取締役、産業カウンセラー 1948年生まれ。伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(CTC)にて、技術教育課長、QC推進事務局長、採用研修グループリーダーを歴任。 2001年にCAP総研を設立。自ら開発した行動変革プロセス・メソッドに基づく管理職研修の企画及び講師、学生へのキャリア・デザイン研修講師などを多数担当しながら、キャリア・カウンセリング、人材採用コンサルティング等も手がけている。
ポイント1
自分を売り込むPRがない
自分のPRになるようなことが何も言えていない。正直に自分の仕事を説明するのはいいが、それと関連づけて、転職の動機やその為にした努力などを伝えるべき。
ポイント2
「苦労した点は?」という質問は、「どう努力したのか?」という意味
「苦労した点は?」と聞かれた時は、苦労した点をどのような努力やアイデアによって克服したか、具体的に説明する。トラブルなどに、柔軟に対応できることをアピールする良い機会だ。
ポイント3
「わかっていない」は、
「わかろうとしていない」と
とられてしまう
自分の仕事内容について「わかっていません」は禁句。わかろうと努力する姿勢が見えない。スキルやキャリアを武器にできない面接では、やる気や向上心を伝えることが重要。
模範解答例
最初の頃はプログラミングの知識などが足りず、システム開発会社に無理なオーダーをしてしまうこともありました。 今ではプログラミングの基礎を勉強し、提示した予算内では何ができるのかを考えながら、システム開発会社にオーダーするように気を付けています。
ポイント4
当たり前の回答は避ける
常識で答えられる、新卒レベルの回答はNG。自分なりの考えや、経験を踏まえた具体的なアイデアを言うべき。今まで培ってきた能力や、効率的な仕事のスタイルなどを披露できればPRにも繋がる。
ポイント5
具体的な解決策に欠ける
仕事上の問題点を聞かれたら、自分の考える解決策まで含めて答えると良い。高橋さんの立場の場合、ただ問題点を指摘しただけでは、開発会社への不満ととらえられかねないので注意したい。
模範解答例
第1にあげられるのは、ユーザーが見えづらいという問題です。 そこで、開発側がユーザーの要望を聞く機会を作れば良いのではと考えました。具体的にはユーザー向けの説明会を設け、実際にシステムを操作してもらい、不具合や改善点を洗い出すなどの方法があると考えています。
ポイント6
「納得しないと動かない」はアピールにならない
「納得しないと行動できない」のは、企業側からすると扱いにくい人材という印象を与える。
ポイント7
消極的な返事は悪い印象を与える
表情が見える面接だからこそ、返事が明るいと好感が持てる。このような質問の時、曖昧な答え方や長い沈黙は嫌々答えているという印象を与えかねない。
模範解答例
はい、大丈夫です。ですがその後、なぜ徹夜作業が続くようになったのかを考え、今後は無理のないスケジュールで作業できるように、解決策を練ります。
バックナンバー
バックナンバー

最終回 特別対談 面接を成功に導くための5つの鉄則

100を超える事例から浮き彫りになったどんな面接にも通用する、成功のための鉄則

vol 113 30代後半で、正社員経験はほぼなし。マイナス印象を覆すPRはできるのか?

財団法人での医療系事務→派遣社員→社内SE→社内SE 橋本 美由紀さん(仮名、37歳・女性)

vol 112 入社1年半で、初めての転職に挑戦! 第2新卒の面接で注意する点とは?

人材系企業のイベント企画→人材系企業の営業 佐々木 徹さん(仮名、23歳・男性)


面接コーチが教えるあなたに合った想定質問と回答例
適職をディグる! ジョブリシャス診断(適職診断)
  • マイナビ転職 グローバル
  • マイナビ転職 エンジニア求人サーチ【IT】
  • マイナビ転職 エンジニア求人サーチ【ものづくり】
  • マイナビ転職 女性のおしごと
マイナビ転職 適性診断
マイナビ転職 適性診断
動画版もチェック!

会員登録(無料)


メカラボ
土地柄タイプ診断
オフィシャルBOOK
シゴトサプリ