転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

未経験から人事になれる? 転職を成功させるには?

人事部門は会社の根幹である「人」にかかわる重要なセクションで、未経験からの転職は難しいだろうというイメージがあるかもしれません。しかし、組織拡大を活発に行っている成長企業においては、人材採用・労務の担当者を中心に求人を増やしています。中途採用も積極化し、未経験者を採用する企業が多くなっているようです。

そこで、未経験から人事に転職するために、どうしたら良いか、どのようなスキルが求められるかなど、マイナビエージェントのキャリアコンサルタントに取材しました。

未経験から人事に転職・タイトル画像

人事の仕事内容とは?

人事の仕事は、人材採用、労務、教育研修、人事制度設計・運用に大きく分かれます。そのなかで未経験歓迎の求人が多いのは人材採用と労務の領域です。

人材採用

新卒採用、中途採用、アルバイト・パート・派遣採用など、会社の人材採用活動の全般を担う仕事です。経営陣や各部門責任者などから人材ニーズを聞いて、部門・職種ごとに年間採用数の目標を策定します。その後、求人メディア・人材紹介会社の選定、求人要件・求人票の作成、学校訪問、会社説明会の企画・運営、応募者対応、書類・面接選考の段取り、内定者フォローなどを実施し、人材の募集から採用・入社に至るまでのプロセス全体を担当します。

労務

社員の欠勤・遅刻・早退などを管理する勤怠管理、および勤怠データにもとづいた給与計算、健康保険・厚生年金・労災保険・雇用保険などの加入・退出手続きを担います。労務関連の業務を外部委託会社へアウトソーシングしている場合は、委託先とのデータ共有や進捗管理などのやりとりを行います。

教育研修

新入社員研修、専門スキル研修、階層別研修、マネジメント研修などを企画・実施します。外部の教育研修企業へ委託する場合は、委託先との窓口となってカリキュラムの企画・実施を遂行します。

人事制度設計・運用

評価や給与など、社員の処遇や働き方のルールを定める制度の企画・設計や構築、導入や運用を担います。会社の経営状況や従業員のニーズ、労働法の改正などに応じて人事制度の企画や見直しを行い、経営層とも相談しながら作ります。これらの制度によって社員の意欲・能力を向上させたり、異動・転勤・昇進などの配置転換が行われるため、企業活動の基幹と言っても良いでしょう。

人事のやりがい・向いている人は?

「入社時に相談に乗ってくれたお陰で希望職種に就き、研修でスキルアップできています」、「意欲の高い営業メンバーを迎え入れたことで、新規事業を順調にスタートできたよ」など社員や各部門から感謝の言葉が届き、社員の生き生きと働く姿を目にする度にやりがいを実感できる仕事です。

企業が優れた商品・サービスを生み出すには、その担い手である「人」の成長と活躍が欠かせません。また、商品・サービスを顧客に提供するのも社員である「人」です。つまり、「人」は企業にとって重要な経営資源であり、その採用や教育、モチベーションアップを担うのは人事の大きな役割です。会社の業績や社会的価値を左右するといっても過言ではないのです。

人事は、「人」と向き合う仕事のため、「人が好き」「人の活躍を支えたい」といった「人への思い」が欠かせません。時には経営層と現場社員との板挟みになったり、人事評価や給与制度に対して不平・不満を投げかけられたりすることもあるでしょう。そうした困難に対しても、改善に努め、社員の前向きなモチベーションを引き出さなくてはなりません。それらもすべて「人への思い」がベースとなるでしょう。

人事になるために求められるスキルや資質は?

コミュニケーション力

就活生、学校関係者、求職者、経営層など、社内外のさまざまな立場の人と接する仕事のため、コミュニケーション力が必要不可欠です。それだけではなく、学生や求職者に自社の魅力を伝えるプレゼンテーション力や、経営層や現場社員が抱える課題を掘り下げて、人事面から解決策を見つけ出していくヒアリング力も重要なスキルになります。

目標達成意欲

特に採用業務では、「この期日までに何名を採用する」という具体的な数値目標を達成することが大きなミッションとなりますので、営業職のように目標達成への強い意欲が求められます。どうすれば応募者を増やせるのか、現場ニーズに叶った人材の入社を後押しするにはどうアプローチすればいいかなどを考え抜き、プロセスの立案、実行、効果分析、改善というPDCAサイクルを回し続け、目標達成に向けてコミットする意欲と姿勢が大切になります。
⇒「PDCAサイクル」とは?

調整力

人事の業務は、さまざまな場面で調整力が求められます。採用業務では経営層や各部門責任者と募集条件をすり合わせたり、求人メディアと広告出稿手続きをしたり、応募者と面接する社員との選考スケジュールを組むなど、日々調整業務があります。

労務においても勤怠について、単にデータを処理するのではなく、現場社員と確認・調整する場面があります。教育研修では講師・受講者との調整が不可欠で、人事制度の設計・運用では、更に会社全体を俯瞰した視点からの調整ごとが日々発生します。

また、経営層や現場の希望をすべて受け入れるだけではなく、双方の意向を調整し、お互いに納得のいく提案を出すといった解決力も重要になります。

守秘義務の徹底

人事部門は、社員の給与情報や評価内容、応募者の個人情報など、機密性の高い情報を取り扱いますので、守秘義務を徹底することが大前提として求められます。

未経験から人事へ転職するためのステップ

未経験から人事を目指すには、未経験者が応募可能な求人が多い人材採用または労務にチャレンジするのが良いでしょう。
選考の際に重視されるのは、「なぜ人事として働きたいのか」という志望動機です。「前職のチームで目標達成に向かう業務を通じて、人の成長を支える人事の仕事に興味を持った」など、自身のエピソードを交えながら人事として働くことへの強い意欲を表現できるように、志望動機を整理しておくことが第一歩となります。

現職中の方であれば、社内外のさまざまな人とコミュニケーションを取り、調整力を磨くなど、説得力をもってコミュニケーション力・調整力をアピールできる経験を培っておくと良いでしょう。人事には会社組織に対する理解も必要になりますので、現職の会社にどんな部署・役割があり、どんな人員構成で成り立っているのかといった観点から会社全体に視野を広げておくこともプラスになります。

また、人材採用業務では目標達成意欲が重視され、目標達成の実績があれば強いアピールポイントにできます。例えば、営業職として「こんな工夫をし、売り上げ目標を達成した」という実績が目標達成の裏付けになりますので、そうした実績づくりに励んでおくことが人事に転職するためのステップにもつながります。

未経験から人事になるための自己PR例

Web広告の営業職として、顧客ニーズに応じた広告企画を提案し、反響を分析しながらブラッシュアップしていくことで前年比120%増の会員数・売り上げアップをもたらしました。この経験は御社の採用計画の目標達成にも通ずると考えています。

POINT

  • PDCAサイクルを回すことで課題を解決し、具体的な数字で表せる成果を上げたと伝えることで、目標達成への意欲を強くアピールすることもできます。
  • 単に商品を提供するだけでなく、顧客が抱える悩みや問題点を聞き出したうえで解決策を提案するなど、コンサルティングに関する経験があれば、人材採用担当として歓迎される傾向にありますので、自己PRに盛り込みましょう。

飲食店の店長としてアルバイト・パートタイムスタッフの採用・育成に力を入れてきました。新人育成に関するマニュアルを作成し、店内のどのスタッフも教育に携われるようにしたところ、新人スタッフの早期戦力化やモチベーションアップにつながり、退職者がなくなっただけでなく、全店舗中2位の売り上げを達成することができました。
こうした経験を人材の採用・教育に生かしたいと考えています 。

POINT

  • 人事の実務経験がなくても、店舗やチームでの人材育成や労務環境改善などの取り組みを実績と共に伝えることで、人事への意欲と適性を効果的に伝えることができます。

人事で求められるスキルを自己PRでどう書く?

人事未経験の人が転職しやすい業界や企業は?

中小・ベンチャー企業では、人材採用担当者の求人が増えていて、未経験者採用を積極的に行う企業も多くあります。新規ビジネスや組織拡大が活発なため、大規模な年間採用計画が進行し、それに伴って、採用業務の担い手である人材採用チームの増員が行われているからです。未経験から人事を目指すなら、こうした成長段階にある中小・ベンチャー企業に応募してみてはどうでしょうか。

業界で見ると、人事未経験者の採用を積極的に行っている業界は、IT業界と人材業界が挙げられます。IT業界ではエンジニアの人材不足のため、各社で採用業務の強化が進められています。人材業界では各職種において未経験採用が活発で、人事部門においてもポテンシャル重視で採用・育成するケースが増えています。

労務については、労務部門社員の未経験者採用は比較的少ないですが、企業から労務全般を請け負うアウトソーシング会社では未経験者を積極採用しています。未経験から労務のスペシャリストを目指すなら、アウトソーシング会社への転職も一つの選択肢になるでしょう。

未経験で人事への転職の成功事例

システムエンジニア ⇒ 人材採用担当

ITシステム開発の業務を通じて磨いてきた課題解決力やロジカルな思考力に加え、プロジェクトメンバーの育成に携わってきた経験をアピールできたことで、内定を獲得しました。

広告営業職 ⇒ 人材採用担当

クライアントの課題ヒアリング、広告プランのアレンジ、効果検証、ブラッシュアップというPDCAサイクル全般に携わり、クライアントに目に見える成果をもたらせたことをアピールし、課題解決力や目標達成の意欲が評価されて人事へのキャリアチェンジに成功しました。

鉄道会社車掌職 ⇒ 採用・労務担当

鉄道会社でダイヤ編成に携わってきたことを強みに、調整力や推進力をアピール。また、乗客対応を担ってきた経験から人に対するホスピタリティやストレス耐性も認められ、人事部門での採用が決まりました。

未経験から人事へ転職する時の注意ポイント

多忙ゆえ、体力や健康管理が大事

人事などの社内管理部門はワーク・ライフバランスを取りやすい仕事だと思われがちですが、実は採用活動が重なる時期にはある程度のハードワークになるという覚悟が必要です。人事の業務はデスクワークだけではなく、支社や支店、店舗を訪れて、現場とのリレーションを築いたり、新卒採用の際には全国各地の学校訪問、合同企業説明会に参加することもあります。常に健康管理に注意することが大事です。

取材協力:マイナビエージェント バックオフィス領域担当

「マイナビエージェント」は、就職情報サイト「マイナビ」や転職情報サイト「マイナビ転職」などを運営するマイナビグループの人材紹介サービスです。大手・有名企業から、中小企業まで幅広い求人案件をご紹介しています。

≪ 未経験からの転職成功ガイドTOPに戻る
併せて読みたい記事
賛成! あたらしい生き方。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。

キーワードから記事を探す

検索フォーム

人気コンテンツランキング
転職成功ガイド