転職ノウハウ 応募企業の探し方、面接のポイントから、円満退職の秘訣まで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!
このエントリーをはてなブックマークに追加

未経験から施工管理になれる? 転職を成功させるには?

「施工管理」と聞いても、どんな仕事なのかイメージが沸かない人もいるかもしれません。 しかし、建設業界全体が好景気である今、施工管理の求人は増えており、大手企業から中小企業まで、未経験・第二新卒者の積極採用を進めています。

そこで、施工管理の仕事内容や、未経験から転職するにはどうすればいいのか? どんなスキルが求められるのかなど、建設業界の転職事情に詳しい、マイナビエージェントのキャリアアドバイザーに聞きました。

未経験から施工管理に転職・タイトル画像

施工管理の仕事内容とは?

施工管理の人が属する建設・設備業界は好況です。住宅需要が安定的に伸びているだけでなく、複合ビル・商業施設などの再開発ラッシュ、道路・河川などのインフラ整備、リニア中央新幹線プロジェクトなど、今後も建設・工事ニーズは高まっていくでしょう。そのため、建設業界各社では長期的な視点に立った人材育成に力を入れています。

そのなかでも注力されている「施工管理」という仕事は、建設工事の準備から完成まで、プロジェクト全体を指揮・管理する役割です。

現場責任者として、実際に工事作業を行う職人や協力会社と密にコミュニケーションを取りながら、「安全が徹底されているか」、「工程・日程・品質が守られているか」、「予算内で進んでいるか」などに目を行き届かせ、工事が計画どおりに進むよう、現場を動かしていきます。

現場での業務が中心となりますが、施工計画・施工図面の作成、資材や協力会社の手配、工事をするにあたって必要な行政などへの申請書作成、報告書作成などのデスクワークも行います。

また、施工管理と一口に言っても、さまざまな分野に分かれています。
ビルやマンション、戸建住宅などの「建築施工管理」、道路、河川、港湾、鉄道、上下水道などの「土木施工管理」、公園や緑地を整備する「造園施工管理」、そのほか電気設備や給排水設備の施工管理など、専門性を持って活躍する場合があります。

大規模な商業施設やオフィスビルを建設する際には、土木、建築、造園、電気、給排水設備など各分野を専門とする施工管理担当者がそれぞれを管理し、工事責任者が全体を統括します。
一方、戸建住宅やアパートなどの小規模工事では、施工管理担当者が職人・協力会社と共にトータルに手掛けることが多いです。

未経験で入社した場合、初めからいきなりすべてを任されるわけではありません。
施工管理の先輩に付き、サポート業務を行いながら業界用語や現場の流れ、資材・工法・設備の知識、職人とのコミュニケーションの取り方、指示の出し方などを学んでいきます。専門分野や担当物件にもよりますが、工期が長いこともあり1年スパンで育てていく企業も多く、未経験からでもじっくりと成長を目指せます。

施工管理のやりがいは?

手掛けた仕事がカタチになる、達成感の大きさ

自身の手掛けた建築物が目に見えるカタチとして残ることが、この仕事の何よりのやりがいです。
施工管理の仕事は、悪天候による工事の遅れや突発的なトラブルによって、計画どおりに進まないこともあります。
しかし、そういった場面も、職人や協力会社とチーム一体となってさまざまな工夫をし、課題を一つひとつ乗り越えていくからこそ、無事に完成した建築物を目の当たりにした時の達成感は何物にも代えがたいほど大きなものとなります。

住人や利用者の快適な暮らしを支える

戸建やマンション、ビルなどの新築・リノベーションでは、そこに暮らす人や利用者の快適な環境づくりに貢献でき、喜びの言葉を直にいただける機会にも恵まれます。大規模な商業施設や複合ビルなどの建設では、完成時の達成感はもちろん、施設がグランドオープンを迎え、多くの人々が訪れる光景を目にした時には誇らしさを感じることができるでしょう。

国家的プロジェクトに携わり、地域・社会に貢献できる

道路や河川、鉄道などのインフラ建設では、国家的プロジェクトに携わることもあり、地域貢献・社会貢献というやりがいを味わうことができます。

施工管理になるために求められるスキルや資質は? 向いている人は?

コツコツと努力を重ねることができる

建設物が完成するまでには、多くの時間や労力がかかります。大規模な工事になると、工期が十年単位におよび、かかわる人の数も桁違いに多くなります。だからこそ、日々の業務を確実にコツコツと積み重ねることが大切です。

コミュニケーション力

施工管理の仕事には、職人や協力会社との連携が必要不可欠であり、社内外を問わず、年代や立場が異なる人と力を合わせて仕事を進めていきます。チームで連携・調整を図りながら仕事を進めることが好きな方が向いている仕事だと言えるでしょう。

現場の安全や品質を守り抜くためには、年上のベテラン職人にも自分の意見をしっかりと伝えなければならない場面も出てきます。幅広い層の人と臆することなく向き合い、積極的にコミュニケーションを取ることが、信頼を得ることにもつながっていきます。

リーダーシップやマネジメント力

施工管理は、プロジェクト全体に目を行き届かせ、職人や協力会社の協力を仰ぎ、チームを引っ張っていく立場です。業界・職種にかかわらず、何らかのリーダー経験やチームワークで成し遂げた経験があれば生かすことができます。

併せて一方的に指示を出すのではなく、職人や協力会社の立場も考え、意図や方針を共有していくという配慮も大切です。これまでの仕事上での経験だけでなく、例えば学生のころに部活やサークル、文化祭、アルバイト先などでリーダー的な役割を務めた経験・資質も役に立つでしょう。

臨機応変さ

工事の進行状況に応じてスケジュールを調整したり、上司の協力を仰ぎながら突発的なトラブルに対応したり、臨機応変な対応が求められるシーンも出てきます。もちろん、こうした“対応の引き出し”は実際の現場経験を重ねていきながら増やしていくものですが、そのベースとして、何事も報告・相談を欠かさず、問題が大きくなる前に対処する心掛けやフットワークが大切になります。

施工管理に必要な資格は?

未経験からチャレンジする場合、必要な資格はありません。文系・理系の出身を問われることも少ないでしょう。

施工管理には1級・2級建築施工管理技士、1級・2級土木施工管理技士などの国家資格がありますが、1級・2級どちらも受験するには実務経験が必須となるため、未経験者採用では同資格を問われることはないでしょう。

ただし、建設工事現場の各営業所には「2級以上の施工管理技士の有資格者を1名以上置くこと」が法律で定められているため、企業は入社後の施工管理技士の資格取得を奨励しています。

社内で資格取得のための勉強会を開いたり、外部スクールや通信講座の講習費や試験の受験費用を会社が負担するなど、支援制度を整えている企業が増えていますので、入社後に資格取得を目指したいという意欲を伝えることは大きなアピールになります。

未経験から施工管理へ転職するためのステップ

必要なスキルは入社後に学ぶことができますが、報告書や工程表、予算表などを作成する際にはMicrosoft Word/Excelを使用するため、基本操作ができれば良いでしょう。

更に、CAD(設計や製図をするためのソフト)の基本スキルを身に付けておくと、選考時のアピールにもつながります。CADスキルを習得するには職業訓練校やビジネススクール、通信教育などの方法があります。

意外と役立つとされるのは、簿記の知識です。経理関連書類の読み方を知っていると工事予算の作成・検討にも生かせるため、簿記3級以上の資格があればアピールポイントになります。

未経験から施工管理になるための自己PR例

営業事務としてルーティンワークを確実に遂行するだけでなく、営業や顧客からの突発的なオーダーにも迅速に対応できるよう、あらかじめ業務計画を営業と共有し、次のアクションを想定して準備をしておりました。その結果、多くの案件で納期よりも早く納品することができ、顧客満足を得て更なる受注につながっていました。このように、計画性や臨機応変な対応力を貴社でも発揮したいと考えています。

POINT

  • 担当業務をコツコツと全うする誠実な姿勢に加え、備えを怠らず、臨機応変な事態にも冷静に対処できることをアピール。職種に関係なく、対応力を裏付ける経験・シーンがあれば積極的に盛り込みましょう。

飲食店の店長時代には売上数値やサービス品質の管理はもちろん、年上のパートスタッフや、学生アルバイトスタッフからも積極的に意見を聞き、取り入れることで気持ちよく働ける環境づくりに努め、チームをまとめるリーダーシップを磨いてきました。

POINT

  • 年代や立場の異なるスタッフと積極的にコミュニケーションを取り、良好なチームを築き上げてきた経験があれば、リーダーシップやチームワークがカギになる施工管理の資質のアピールにつながります。

施工管理で求められるスキルを自己PRでどう書く?

未経験で施工管理への転職の成功事例

通信機器の営業 ⇒ ビル・マンションの施工管理

「既存の商品を売って終わり」ではなく、チームで協力しながらゼロから作り上げる仕事がしたいと考え、ダイナミックなモノづくりに挑めるビル・マンションの施工管理を志望。面接ではこの志望理由に加え、営業として磨いたコミュニケーション力や調整力を具体的な事例を交えながら伝えることができ、内定を獲得。

飲食店店長 ⇒ ハウスメーカーの施工管理

前職では店長から先のキャリアが見えず、専門スキルを磨くことで将来まで長く活躍できる仕事を志望。店長としてスタッフ育成や売り上げ・原価管理などを担ってきた経験からマネジメント力をアピールすると共に、衣食住の「住」にも元々強い関心があり、住まいづくりへの強い意欲を伝えたことで入社が決定。

未経験から施工管理へ転職する時の注意ポイント

常に学び、成長する意欲の高さを持つ

建設業界特有の専門用語や慣習があり、それらを覚え慣れていくまでは大変な面もあります。また、建設現場によって手掛ける建築物や人員構成、規模、工法、予算などが異なりますので、柔軟に取り組み、新しい手法や知識を吸収しようとする意欲が欠かせません。

だからこそ、チャレンジのしがいがあり、経験一つひとつが一生モノの技術として積み重なっていきます。仕事の難しさも踏まえたうえで、前向きにチャレンジしていく意欲が大切です。

企業によっては、転勤の可能性がある

全国展開している大手企業への転職を目指すなら、転勤の可能性もあることを踏まえておきましょう。慣れ親しんだ地域でずっと働き続けたい人には、地元の施工会社や工務店などへの転職がおすすめです。

取材協力:マイナビエージェント ゼネラル領域担当

「マイナビエージェント」は、就職情報サイト「マイナビ」や転職情報サイト「マイナビ転職」などを運営するマイナビグループの人材紹介サービスです。大手・有名企業から、中小企業まで幅広い求人案件をご紹介しています。

≪ 未経験からの転職成功ガイドTOPに戻る

賛成! あたらしい生き方。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。

  • マイナビ転職 グローバル
  • マイナビ転職 エンジニア求人サーチ【IT】
  • マイナビ転職 エンジニア求人サーチ【ものづくり】
  • マイナビ転職 女性のおしごと
マイナビ転職 適性診断
マイナビ転職 適性診断

会員登録(無料)


1分で分かる! あなたの強み「社会人力診断」
メカラボ
土地柄タイプ診断
職務経歴書・履歴書テンプレのダウンロード
オフィシャルBOOK
シゴトサプリ