転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

未経験から営業になれる? 営業職に必要なスキルや募集が多い業界とは?

営業職の求人は常に多く、大手・上場企業から中小企業やベンチャー企業まで幅広い企業で未経験者を募集しています。しかし、企業によって商品・サービスや営業スタイルも多種多様です。

そこで、未経験から営業職に転職するために知っておくべき営業職の仕事内容や求められるスキルなどを、営業の転職事情に詳しいマイナビエージェントのキャリアアドバイザーに取材しました。自分の希望や適性に合った転職先を探すための参考にしましょう。

未経験から営業に転職・タイトル画像

営業職の仕事内容とは?

商品・サービスの提案を通じて、顧客(取引先・お客さま)の要望や課題解決に応えることで、自社の売り上げに貢献します。まさにビジネスの最前線を担うのが営業職です。その仕事の基本的な流れは、下記のようになります。

【仕事の流れ】

  • 顧客との商談アポイントを取る
  • 顧客を訪問し、要望や課題をヒアリングする
  • 要望をかなえ、課題が解決できる商品・サービスを提案する
  • 受注・納品
  • アフターフォロー、新たな提案へ

基本的な流れはこうなりますが、商品やサービスの特性、顧客によって提案方法など大きく異なります。

【求人情報でよく見かける「営業職」にかかわる言葉】

≪顧客のタイプ別≫

法人営業(BtoB)
一般企業や学校、病院、福祉施設、国、地方公共団体など、法人・団体に向けて商品・サービスを提案・販売します。

個人営業(BtoC)
個人の顧客に向けて商品・サービスを提案・販売する営業職です。個人営業の商品・サービスは、住宅・マンション、リフォーム、保険、教育サービス、自動車などが代表的です。

≪商品・サービスの特性別≫

有形商材の営業
住宅、パソコン、通信機器、機械製品、部品、オフィス備品、自動車など、“カタチのあるモノ”を提案・販売する営業職です。
すでに量産されている物を販売することもあれば、注文住宅や印刷物、工作機械など、顧客の要望を反映した特注品を作るため、企画から手掛けることもあります。

無形商材の営業
保険、広告、人材サービス、ITシステムなど、カタチのない商材・サービスを企画・提案します。顧客の要望や抱えている課題を聞いたうえで、自社の商品・サービスによってどう解決できるのか最適なプランを提案します。

≪アプローチ方法別≫

新規開拓営業
これまで取引のない顧客に対して、新規にアプローチする営業手法です。まずはアポイントを獲得することからスタート。ホームページや広告を通じて、資料請求やお問い合わせのあった顧客を対応することもあります。自らの手でチャンスを切り拓く醍醐味であふれ、開拓心が強い方に向いているスタイルです。

ルート営業
すでに取引のある、つまりルートのある顧客をフォローする営業スタイルです。コツコツと訪問を重ねて信頼関係を育み、継続的な受注や取引拡大を目指します。

営業職のやりがいは?

自身の工夫やアイデアによって、顧客に喜ばれる

営業職は、単に商材を売り込むのではなく、自らの工夫・アイデアを注ぎ込むことができる仕事です。顧客が今、どんなことに悩んでいるのか、何を必要としているのかといったヒアリングだけでなく、業界の動向なども踏まえ、自社の商品やサービスを用いて、どう提案すれば顧客満足につながるのか戦略的に考え、提案していきます。

その提案が受注につながり「こんな商品が欲しかった」、「サービスのお蔭で業務効率がアップした」など、お客さまに喜んでいただけた時の手応えは格別です。

頑張った成果が数字に表れる。昇給や昇進・昇格などの評価に反映されやすい

成果が売り上げという目に見えた数字で表れ、目標を達成した時には、大きなやりがいを味わえます。その成果が昇給や昇進・昇格に反映されることが多いのも営業職の醍醐味です。企業によっては、年齢や社歴にかかわらず評価することもあります。未経験入社でも実績を上げれば、収入アップをかなえたり、役職に就くチャンスにも恵まれるでしょう。

業界・職種によっては大きく稼げる

「営業をやるからには稼ぎたい!」という野心家は、インセンティブ(歩合給、報奨金)が多い営業職にチャレンジするのも良いでしょう。一般的に、不動産売買や金融・保険業界などはインセンティブが多いと言われています。ただし、数字に対する厳しさ、目標達成への強い意志を持つことが不可欠です。

顧客との関係をコツコツとじっくり育みたい方は、ルート営業が適していると言われています。また、変化やスピード感を持って仕事をすることが好きな方は、新たなサービスのリリースや技術開発が活発なWeb業界や、顧客の採用ニーズに合わせて動く人材サービス業界が良いかもしれません。

営業職になるために求められるスキルや資質は?

コミュニケーション力

「対人」がメインとなる仕事ですから、コミュニケーション力は必須と言えます。
もちろん、最初から高度なトークスキルが求められるわけではなく、入社後の研修や先輩同行などを通じて、ビジネス上のトークはいくらでも吸収できます。

ただし、営業職は一方的に商材を売り込むのではなく、顧客が抱えている要望や悩み事をヒアリングによって引き出すことが欠かせません。相手の言葉に丁寧に耳を傾け、どうすれば力になれるのかを真摯に伝える「相手の立場に立ったコミュニケーション」が大切で、その心配りがお客さまとの信頼関係を築きます。

成長意欲・積極性

企業各社が未経験者を積極的に採用するのは、入社後の成長、つまり伸び代に期待を寄せているからです。
未経験スタートの場合、最初から思いどおりに成果を上げられるケースばかりではありません。しかし、目標に向かって前向きにチャレンジする気持ちを持ち続けていれば、上司・先輩もサポートを惜しまず、きっと成果につながっていくものです。失敗を恐れず、積極的にアクションを起こし、工夫と改善を重ねていく。そうした成長意欲が、活躍のカギとなります。

未経験から営業職へ転職するためのステップ

特別な知識・スキルを身に付ける必要はありませんが、仕事・プライベートにかかわらず、人とかかわる機会を増やし、コミュニケーション力を意識的に磨いておくとよいでしょう。できれば初対面の人と話す機会を積極的に作ることがおすすめです。一方的に話すだけでなく、聞き上手になることも、営業職にとっては必要です。

まだ「どんな業界に転職したい」か決まっていないのであれば、できるだけ視野を広げ、いろんな業界にアンテナを張って情報収集することをおすすめします。営業職での転職は、幅広い業界にチャンスが広がっていることはもちろん、「こんな業界もあったんだ」という新しい発見にもつながるからです。

また、自分からどんどん切り拓く新規営業が向いているのか、コツコツと積み重ねるルート営業が向いているのかなど、自分の適性を考えておくことも大切です。そうした向き・不向きを自分だけで見極めるのは難しいため、先輩や友人、家族など第三者の意見を聞き、参考にするとよいでしょう。

そして、いざ転職活動に臨むにあたっては、どんな営業になりたいのか、どんな目標をかなえたいのか、あらためてマインドをしっかりとセットしておきましょう。面接ではこうしたマインド面が選考の大きなポイントになります。説得力をもって成長意欲をアピールするためにも、営業職を志す意欲や動機をきちんと整理しておきましょう。

営業未経験者が転職しやすい業界は?

無形商材の新規開拓営業は、未経験者の募集が多い傾向にあります。業界で言えば、成長の勢いがある不動産業界、保険業界、人材サービス業界、インターネット業界などでしょう。なかでも多いのは不動産業界です。戸建・マンション・アパートの住み替えニーズが安定して伸びており、リフォーム市場も拡大を続けていることから、売買仲介営業、賃貸仲介営業、リフォーム営業の求人数が増えています。投資用マンションの営業職も未経験募集が活発です。

保険業界では各社が新たな保険プランの開発を急いだり、保険代理店の参入も多く、競争が激しくなっていますが、未経験から保険のプロを育成する企業が増えています。人材サービス業界では、求人広告、採用代行、人材派遣などを通じて顧客の課題解決の力になる営業職の増員が進んでいます。また、インターネット業界ではとりわけWeb広告の伸びが目覚ましく、広告営業職の未経験募集が増えています。

これらの業界では入社後の研修や、実務を通じた指導で未経験者を育成していく企業が多いため、専門的な知識・スキルは入社後に習得することが可能です。営業職は、ヒアリング力、提案力、顧客サポート力など、ビジネスパーソンとして大切なさまざまなスキルをイチから磨き上げるうえで絶好のフィールドとなるでしょう。

⇒不動産業界、保険業界、インターネット業界の特徴や求人ニーズは?

未経験から営業になるための自己PR例

前職の総務職では他部門との連携を積極的に図りながら会社を支えるやりがいがあったものの、自分の仕事の成果が見えにくく、会社の売り上げに目に見えて貢献でき、かつ自らの成果を明確に評価される営業職への意欲を募らせました。

POINT

  • 数字への意識の高さ、成果にコミットする意欲をアピール。実績の表現が難しい職種では、コミュニケーション力や積極性、意欲をアピールすると共に、「なぜ営業職を志望するのか」という思いを明確に伝えましょう。

アパレルショップの販売員時代には、接客力に磨きをかけましたが、お客さまの来店を待ち、既存の商品を販売するスタイルに物足りなさを覚え始めました。自分から顧客を開拓し、課題解決の力になりたいと考え、Web広告の企画から提案できる御社を志望します。

POINT

  • アクティブに顧客開拓にチャレンジする意欲を伝え、応募企業の商材や営業スタイルへの興味を盛り込むことで説得力をプラス。アルバイト経験も含め接客・販売の経験があれば、コミュニケーション力をアピールすることができます。

営業職で求められるスキルを自己PRでどう書く?

未経験で営業職への転職の成功事例

美容師 ⇒ 不動産営業

「稼ぎたい」という意欲が高く、販売実績が明確に収入に反映される不動産営業を志望しました。やるからには稼ぎたいという思いと、厳しさも覚悟のうえでチャレンジしたいという意欲を率直に伝えたことで入社が決定。未経験スタートながら、入社3年目で年収1,000万円超えを実現。

社会人未経験 ⇒ 広告営業

既卒者で社会人経験がなく、アルバイトでの接客・販売経験もなかったものの、広告営業の最前線でどこに出ても通用するビジネススキルを体得したいという意欲をアピール。自分は社会人としてのスタートラインにも立っておらず、遅れを取っているという自覚もあること、だからこそ貪欲にスキルアップに励み、成長したいという気持ちも素直に伝え、その覚悟と成長意欲が評価されて内定を獲得しました。

未経験から営業職へ転職する時の注意ポイント

ビジネスの最前線に立つ営業職は、未経験からでもビジネススキルを磨き上げることができ、将来のキャリアの可能性を大きく広げることができる仕事です。

ただ、未経験者にもチャンスが開かれているとはいえ、決して楽な仕事ではありません。「商品のニーズが高い」、「ブランド力がある」といった営業しやすさがあっても、顧客から信頼を得るのは簡単なことではありません。また、売り上げなどの目標数字をクリアする強い意志を持ち続けることも大切です。

しかし、それらを乗り越えた先にこそ、成長ややりがいがあります。そのためには仕事を通じてどんな自分になりたいのか、どんなキャリアを描きたいのかという気持ちをしっかり固めたうえで、営業職にチャレンジすることが大切です。

取材協力:マイナビエージェント ゼネラル領域担当

「マイナビエージェント」は、就職情報サイト「マイナビ」や転職情報サイト「マイナビ転職」などを運営するマイナビグループの人材紹介サービスです。大手・有名企業から、中小企業まで幅広い求人案件をご紹介しています。

≪ 未経験からの転職成功ガイドTOPに戻る
併せて読みたい記事
賛成! あたらしい生き方。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。

キーワードから記事を探す

検索フォーム

人気コンテンツランキング
転職成功ガイド