転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

退職理由は伝え方次第? 第二新卒ならではの面接対策法!

全力で自己アピールする男性のイラスト

転職活動をしていると、避けることができない「面接」。

それは新卒(学生)の就活も、第二新卒も同じですが、第二新卒の場合は「退職理由」など新卒の時の面接とは違った質問をされます。また、伝え方や内容次第で面接官の印象が大きく変わってしまうことがあります。

そこで、第二新卒ならではの面接のポイントや伝え方を押さえておきましょう!

<INDEX>

第二新卒ならではの、面接官のチェックポイント

第二新卒の面接において、面接官はいったいどこをチェックしているのでしょうか?

面接の前には、履歴書などの書類選考があります。学歴や前職、持っているスキルや資格などからその人の能力を推測し、自社が求める人材に近いと判断した人を面接へと呼ぶのです。

そして面接では、書面からだけでは読み取れない部分、つまり応募者の人柄や熱意、印象なども確かめます。その中でも、第二新卒の面接で特に気を付けてほしいことは3つあります。

Check1:ビジネスマナー

第二新卒の場合、まずは「基本的なビジネスマナー」が問われるので注意が必要です。短い期間でも社会人として働いた経験があれば、「ビジネスマナーは身に付いていて当然」と思われています。言葉遣いはもちろん、立ち居振る舞いなど、自分ができているか確認しておきましょう。

Check2:退職理由

第二新卒の面接では、必ずと言っていいほど「新卒時に入社した会社の退職理由」を聞かれます。

第二新卒は、理由はどうであれ前職を短期間で離職しているため、面接官は「うちの会社もすぐに辞めてしまうのでは?」という不安を抱きやすいもの。

そんな第二新卒に対する不安を払拭するためにも「退職理由」を聞くのです。

≫詳しくは、『第二新卒の「退職理由」は伝え方に注意!』の項目で解説

Check3:仕事への前向きな熱意

退職理由の伝え方も大切ですが、第二新卒の面接では「これからどう活躍していきたいか」という思いや熱意を面接官に伝えることが必要です。

たとえ社会人としての経験やスキルが浅くても、その期間で何を学び、次はどうしたいか、という熱意や意欲を感じさせる志望理由や受け答えで「自社にとって力になる存在だ」と、入社後の活躍を面接官にイメージさせることが大切です。

≫詳しくは、『アピールすべきは「前向きな熱意」』の項目で解説

ここからは「Check2:退職理由」「Check3:仕事への前向きな熱意」について更に解説していきましょう。

第二新卒の「退職理由」は伝え方に注意!

面接官は「仕事に不満があったからその仕事を辞めたのだろう」ということは当然分かっています。

しかし、「またすぐ辞めてしまう」人材を採用しないためにも、前職での不満が「転職理由として妥当なものであるか」、「自社に入社した場合に、その不満は解消されるのか」などを確かめるために退職理由について聞くのです。

第二新卒の場合、「やりたい仕事ではなかった」「休みが取れない」「残業が多い……」など、本音で言えばネガティブな理由で仕事を辞めた人も多いかもしれません。

しかし、そのまま話すと、面接官に良い印象は与えづらいもの。かといって嘘をつくのはトラブルのもとになります。バレた時に信頼を失いかねないので避けましょう。

ポイントは、「ネガティブ」な退職理由でも「ポジティブ」に伝えることです。次の例文を参考に、コツをつかんで効果的にアピールしましょう!

【例文】ネガティブな退職理由、面接でどう伝える?

ネガティブ退職理由(1)
飛び込みやテレアポなど、新規開拓営業をしたくない!

面接の回答例
新しいお客さまとお話しすることは楽しかったのですが、その分、お客さま一人ひとりに割ける時間が少ないのが悩みでした。もっとお客さま一人ひとりと向き合い、信頼関係を築いて長く付き合っていく仕事がしたいと思い、転職を決意しました。

ネガティブ退職理由(2)
残業が多すぎる

面接の回答例
残業を減らしたいというよりも、仕事のオンとオフをしっかり分けることでメリハリがつくのではないかと思います。そうすれば自分はもっと効率的に仕事ができるはずだと考え、仕事を変えようと思いました。

そもそも、ネガティブな退職理由の原因になる「不満」が生まれたということは、「もっとこうしたい!」といった仕事に対するポジティブな気持ちがあるからではないでしょうか?

不満の原因を探っていけば、自分の「仕事への価値観」や、「本当にやりたいこと」が見えてくるはずです。そうすれば、面接で退職理由をポジティブに表現しやすくなるでしょう。

絶対NG! 採用が遠のく退職理由

NG退職理由(1)
退職理由:給与や福利厚生などの待遇面に不満があった

そのまま伝えると、「お金のことしか頭になく、仕事に対する意欲が見えない……」「“会社のためにできること”ではなく“会社に何をしてもらうのか”しか考えていないのでは?」などと思われかねません。

NG退職理由(2)
退職理由:「上司と合わなかった」など人間関係に問題があった

従業員が複数人いれば、一人くらい折り合いが悪い人がいても当然ではないでしょうか。更に、スムーズに仕事を進めようと思えば、人間関係にもそれなりに気遣いが必要です。

面接で人間関係を退職理由に挙げると、「自社の社員とは良い関係が築けるのだろうか」、「本人が何かトラブルを起こしたのでは」などと思われかねません。

「社内で暴力やセクハラを受けた」「違法な長時間労働やサービス残業を強いられた」など、明らかに会社側に問題があったことを退職理由として伝えたいと考えている人もいるかもしれません。

もちろん、その場合は速やかに退職して、新たなキャリアをスタートさせたほうが良いでしょう。しかし、面接で退職理由として伝えるのはあまり良くないでしょう。なぜなら、面接という短い時間の中で、面接官がその状況を正しく理解してくれるとは限りません。

また、明らかに会社側に問題があるとは言い切れない場合も、伝え方には注意が必要です。いずれにしても、相手が受ける印象を考えながら言葉を選びましょう。

退職理由を伝える時のポイント

先に挙げたNG退職理由は「転職を考えるきっかけ」であっても、「面接で伝える退職理由」としてはふさわしくありません。

退職理由で大切なことは、「会社のせい」にしないことです。会社の悪口に聞こえてしまと、「自社に入っても不平不満を並べるようになるのでは?」「すぐに人や環境のせいにするのでは?」と面接官に敬遠されかねません。

また、退職理由ばかりにフォーカスを当ててしまうと、「その不満が解消できるなら自社でなくてもいいのでは?」と思われかねません。退職理由をポジティブに言い換えるのも重要ですが、それ以上に「なぜその会社に入りたいのか」を面接官にきちんと伝えることがポイントです。

最も適切なのは、「退職理由」と「志望理由」に一貫性があることです。「今の会社では叶えられないことがある」「それを叶えるために御社に入社したい」と、退職理由が応募先の会社への志望理由へとつながるように、自己分析や企業研究を通して、自分なりに話をまとめておきましょう。

次は、志望理由にもかかわる「Check3:仕事への前向きな熱意」についてお伝えします。

アピールすべきは「前向きな熱意」

第二新卒は経歴が短い分、経験や実績が少なく、「面接でアピールできることがない」と思っている人もいるかもしれません。

しかし面接官に「自社にとって力になる存在だ」と感じてもらわなければ、内定に近づくことはできません。

そこで第二新卒の場合は、「これからどうやって活躍していきたいか」、つまり仕事に対するやる気を伝えるようにしましょう。

面接ではさまざまな質問をされますが、「どんな姿勢で仕事に取り組んでいるのか」「自分が将来どのような働き方をしたいのか」「そのために会社で実現したいことは何なのか」…… そういった話を回答の中に盛り込んでいくことで、応募先への熱意も伝わるでしょう。

第二新卒の面接でよくある質問&回答法

では、第二新卒が面接で前向きな熱意を示すためには、どのような回答が効果的なのかをQ&A方式で具体的に見ていきましょう。

Q.1 あなたの現状の課題(短所)は何ですか?

A.1 自分の力量を見極め、柔軟性を持って仕事に取り組みたいと考えています。
前職では、熱心に業務に取り組むあまり頼まれる仕事をすべて一人で抱え込んでしまい、時に仕事を時間どおりに終えられないことがありました。自分の現状や能力を分析し、必要に応じて同僚や上司に協力を仰ぎながら仕事をしたいと思います。

解説
面接では自分の課題や短所を聞かれることはよくあることです。この質問から面接官が知りたいのは、客観性や問題解決能力をどれだけ持っているのかです。わざわざマイナスな情報を伝えることに抵抗がある人もいるでしょうが、伝え方次第でアピールチャンスにもなりますので、事前に自己分析をしておきましょう。

Q.2 以前の職場の失敗談を教えてください

A.2 間違えて多く商品を発注してしまい、必要以上の在庫を抱えることになってしまったことがあります。すぐさま関係部署に謝罪し、それからは一人で作業するのではなく、同僚や上司にダブルチェックをしてもらってから発注するようにしています。

解説
Q.1と同じで、内容次第で自己PRにつなげられる質問です。失敗をそのままにするのではなく、反省して次に生かす姿勢を見せましょう。

Q.3 仕事にやりがいを感じられなくなったらどうしますか?

A.3 なぜ御社に入社したいと思ったのか、自分自身に問いかけてみます。
御社に入社したいと思ったのは、自分の将来を考えた時、御社で働くことが自分にとってプラスになると思ったからです。御社でさまざまなことを経験させていただき、将来的に○○なビジネスパーソンになりたいと思ったからこそ志望したのです。
今のこの気持ちを思い出すことができれば、再びやりがいも感じられると思います。

解説
長く勤めていけば心境に変化が現れるのは当然のことです。しかしそれを会社や仕事のせいにするのは良い印象を与えません。気持ちは自分次第で変えられることですから、前向きな気持ちになろうという姿勢を示しましょう。

面接ではポジティブな話し方が未来を切り開く!

第二新卒の面接では、退職理由をはじめとするさまざまな質問の中で、仕事に対する姿勢や情熱、人柄を見て、面接官は合否を判断しています。

前職を批判するようなマイナスな回答ばかりでは、良い印象は与えにくいですから、伝え方には十分に注意する必要があります。

ネガティブな内容はポジティブに言い換え、前向きな熱意を伝えることで、第二新卒の採用面接の突破を目指しましょう!

第二新卒って一体何? 実は転職しやすい時期だった!?

「第二新卒よ、俺みたいになるな!」4つの失敗例から学ぶ転職成功術

第二新卒は大手企業や未経験の職種・業種へ転職するチャンス? 選考突破のコツは?

退職理由は伝え方次第? 第二新卒ならではの面接対策法!

賛成! あたらしい生き方。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。

キーワードから記事を探す

検索フォーム

人気コンテンツランキング
転職成功ガイド