転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

転職や就活の面接でも必ず聞かれる自己PR。「アピールできる実績やスキルがない」「自己PRが書けない」と悩む人もいると思いますが、そのような場合アピールポイントとして使いたいのが忍耐力やリーダーシップなどの長所や人間性。長所や人間性も企業が求めている人材のイメージとマッチすれば立派なアピールポイントになるのです。

早速応募企業の求人情報でどのような人物を求めているのか確認し、ここにある例文を参考にしながら自己PRを作成してみましょう。

忍耐力アピールが効果的なのは、応募したい求人情報の求める人材に「負けず嫌い」「根性がある」「高い目標に向かって頑張ることが好き」などが挙げられている場合など

「忍耐力」の自己PR例文

忍耐力とは…… 困難や逆境などつらい状況でも耐え、目標に向かって努力し続ける力。

同じ自己PRでもシチュエーションによって適切な文字数が異なります。履歴書・職務経歴書それぞれの例文を載せていますので、必要な文字数や職種に合わせて使い分けてくださいね。

履歴書の「忍耐力」アピール例文(150文字前後)

営業職

営業として、難しい要望でも忍耐強く対応することを心掛けています。

ある時、通常の3倍の発注をいただいたものの、在庫がなく対応が難しい状況でした。
しかし、あきらめず社内の生産計画や在庫を確認し、生産計画の変更を関係者と粘り強く交渉した結果、在庫を調整してもらえ、お客さまの要望をかなえ、自らの売上目標も達成できました。
貴社でもこのように忍耐力を生かし貢献してまいります。

サポート職

新製品のサンプルの製品ラベルに誤記載が発生し、2日間で1万個のサンプルに訂正ラベルを作成、貼り付ける作業が必要になりました。

周囲の協力も得て、根気強く作業を行った結果、2日間で1万個に訂正ラベルを貼り付けることができました。
困難な状況でもコツコツと根気よく作業をすれば乗り越えられることを実感できました。貴社でも忍耐力を生かし、貢献してまいります。

職務経歴書の「忍耐力」アピール例文(270文字前後)

営業職

営業として、お客さまの要望をなるべくかなえられるよう、忍耐強い対応を心掛けています。

先日もお客さまより、急遽通常の3倍の発注をいただきました。受注すれば、今期の売り上げ目標を達成できるのですが、在庫がなく、対応が難しい状況でした。製造ラインの担当者とも話し合いましたが、当初は調整が不可能と言われました。

しかし、あきらめず、アシスタントにも協力をしてもらい、社内の生産計画や在庫を確認し、生産計画の変更を関係者と粘り強く交渉した結果、調整してもらえることになり受注でき、難しい状況でも根気よく対応することでお客さまの要望をかなえ、自らの売上目標も達成することができました。

貴社でもこのように忍耐力を生かし、貢献してまいります。

サポート職

サポート職として、営業やお客さまからの要望をなるべくかなえられるよう、困難な状況でもあきらめず、忍耐強く対応することを心掛けています。

ある時新製品のサンプル配布の2日前に、製品ラベルの誤記載が発覚しました。しかし、サンプルの配布日はずらせないため、1万個のサンプルに訂正ラベルを作成し、貼り付けることになりました。

気が遠くなる思いでしたが、通常業務のかたわら、他部署の方にも協力をお願いし根気強く作業を行い、間に合わせることができました。また、並行し誤記載が発生した原因を突き止め、業務フローの改善・見直しも行いました。

このように、困難な状況でもコツコツと根気よく作業をすれば乗り越えられることを実感できました。貴社でも忍耐力を生かし、貢献してまいります。

「忍耐力」アピール 転職MYコーチからのアドバイス

履歴書の自己PRは、志望動機(3行前後)の前に3行ほどで収めます。文字数が限られているので、忍耐力を裏付ける内容としては「困難な状況でもあきらめず、粘り強く取り組み目標を達成した」など、簡潔に自身が実践していることを述べるに留めます。

一方、職務経歴書の自己PRでは具体的なエピソードを添えて、あなたに忍耐力があることを納得してもらうことが大切。大きなことでなくても構いませんので、「逆境を打破するためにどのように段取りをしたのか」「計画を立て実行して、困難な目標を達成したこと」など忍耐強く業務を遂行した具体的なエピソードを交えて伝えましょう。

例文のほかにも

  • システムトラブルにより1カ月分のデータが消えてしまったが、5日間で約2,000枚の伝票をコツコツと入力し直し、月末処理に間に合わせた
  • 一度断られた提案もさまざな方向性からアプローチし、通すことができた

など、あなた自身は「些細なこと」「取るに足らないこと」だと思っていても、それは立派な工夫です。具体的な行動内容を交えて説明していきましょう。

面接で忍耐力を自己PRする際には、職務経歴書に書いた内容をもとに、実際に声に出して読んでみて2分くらいに収まる長さに要約してみましょう。

■注意■ 自己PRとは「企業が求めている人材」へのマッチ度をアピールする場!

自己PRを「自分の強みや長所をアピールする場」と思っていませんか? 本来自己PRとは、「企業が求めている人材にいかに自分がマッチしているか」をアピールするもの。「どれだけ優れたスキルを持っているか」ではなく、「募集している人物像と合っている」ことが大切なのです。

まずは応募したい企業の求人情報をしっかり読み込み、「求めている人材」に合わせて自己PRを作成していきましょう。

こんな振る舞いはNG! 転職MYコーチが語る
「忍耐力」アピール台無しの瞬間

「忍耐力がある」とは、一見無理そうなことでもあきらめず業務を遂行し、計画を立てたり見直したりしながら、やり遂げることです。

ただ努力しただけで結果が伴わないエピソードを話してしまうと、目標を達成するための実行力が伴っていないと判断されてしまい、マイナスイメージになってしまうかもしれません。

また、面接の際は自己PRの内容と矛盾した受け答えや、言動にならないように注意しましょう。

≫面接で忍耐力など「長所」をアピールするには? コツとNGポイントを紹介!

賛成! あたらしい生き方。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。

キーワードから記事を探す

検索フォーム

人気コンテンツランキング
転職成功ガイド