転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

QUESTION
希望職種で転職できたが、年収はガタ落ちで生活が逼迫。前職に戻るべき?
高校を卒業し6年間メーカーにて企画デザイナーとして勤めましたが、学校のような楽しい環境だったため、外の世界を知りもっと成長しなくてはと思い、業績急上昇中の小さい会社のMD(マーチャンダイザー)職に転職しました。

入社して半年、まったく体制の整っていない部署、教える気のない先輩、いがみ合う女性たち、毎日5時間のサービス残業といった悪環境の中でしたが、学ばせてもらうだけでなく自らも良くしていこうと、自分の持てる能力を全力投球してきたと思います。

ところが先日の査定で、研修期間が終われば上がると思っていた給料が殆ど上がらず、前職の330万から270万へのダウンが決定しました。私個人の評価自体はべた褒めでしたが、MD(マーチャンダイザー)未経験ということと会社全体の賃金の低さから、このくらいが妥当だと言われました。

7年目にしてこの大幅ダウンは本当に痛く、この半年で生活はみるみる圧迫され、残業で自分の時間もなくなり、仕事のやりがいがどうこうといったこともまともに考えられなくなり、気持ちがどんどん沈んでいくばかりです。

まわりを見る限り、前職と同じ職種であれば転職での年収アップは確実と思われます。そのため、まわりより成長したい気持ちを持ったが為にこんな給料になったかと思うと、惨めな気持ちに耐えられそうになく、前職に戻った方が得なのではと悩んでいます。

一生今のように経営にも関わるような仕事を続けるつもりはなく、学んだあとは、自分の本当にしたい得意分野のデザイナーとして、ゆったりと、プライベートを大切に生きていきたいと思っています。そのためには、いくら安い給料でもあと3年ぐらいは我慢して学ぶしかないのでしょうか?3年後の転職では前のような給料が保証されている訳ではないので、非常に不安です。

モリ(24歳 女性)

ANSWER
文面から判断する限り、社内の環境が悪く、さらにMDとしての仕事がハードで、年収に見合わないと感じられているようですが、モリさんが、現在の職業へどのような目的で転職されたのかを、再度考えてみてください。将来、企画デザイナーとしてゆったりと暮らすために、MDの経験が今必要だと考え、勉強のつもりで経験のない職種に就かれたのでしたら、前職の年収より減ることも止むを得ないのではないでしょうか。

勉強するということでしたら、年数にこだわることより現職で何を学び、今後何を学ぶことができるのかという点について考えてみてください。いずれ企画デザイナーに戻りたいという気持ちが強く、現職では、精神面、肉体面の疲労だけで、得るものはないと感じるのでしたら、転職を考えられてもいいと思います。

企画デザインの仕事は、感性と経験が大切です。3年間のブランク後に、再び前職と同様あるいは、年収をアップして転職できるという保証はありません。ヘッドハンティングで先方企業からどうしても入社してほしいという場合は別ですが、同業種に転職すれば、年収が上がるという考え方も正しいとは言えません。企業は、入社時の年収を、企業貢献度と期待度で決定しているのが一般的です。3年間のブランク期間があることで、どれだけの売れるデザインができる人材か、すぐには判断できません。再び実績を作っていくなかで、評価をされて、年収もアップしていくというのが、多くの企業の実情です。

キャリアアドバイザー 谷所健一郎

併せて読みたい記事
あした転機になあれ。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。

キーワードから記事を探す

検索フォーム

人気コンテンツランキング
転職成功ガイド