転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

QUESTION
希望とは異なる業界で2年目。転職するなら今?
私はIT業界に勤める社会人2年目の者です。大学受験時に自分のやりたい事を見つけられず、成り行きで情報系の大学へ入学、卒業を経て、現在の職に至りました。会社の雰囲気はとても良いのですが、給料はとても安く、サービス残業は当たり前です。入社の際に、「1、2年目は給料が安いが、耐えて頑張れば3年目には給料が上がる」と言われ、今までプライベートも削り頑張って来たのですが、才能やセンスが無い為、うまく実績を上げることが出来ず、来年も給料が上がりそうにありません。

才能の無さは、今以上に努力して勉強していけば、補っていけるのでしょうが、元々IT業界が希望職では無い上に、来年も給料が低いことが確定していることで、これ以上頑張ろうという気持ちになれず、転職を考えています。しかし、これから自分のやりたい仕事を1から探して行くことに不安も感じます。

入社3年目が一番重要な時期だと思いますので、もう1年今の仕事を頑張るべきでしょうか? それとも、早めに決断し、新しい道に進んで行った方が良いでしょうか?

FK(24歳 男性)

ANSWER
「耐えて頑張れば、3年目には給料が上がる」ということと、「才能やセンスが無いから給料が上がらない」ということは、矛盾があるような気がします。プライベートも削り頑張ってこられたのに、実績が上がらないから評価されないのであれば、企業は、事前に昇給基準を明確にするべきです。

FKさんは、才能やセンスが無いから今後も昇給が望めないと考えているようですが、今後努力をすれば、解決できることなのでしょうか? 元々IT業界が希望職ではないということですが、別に興味がある職種があるのでしょうか? 給与が高ければIT業界に在籍したいのか、それともITそのものに携わりたくないのか、本当にやりたいことは何なのかということを考えてみてください。

現職のIT業界に興味がないというだけで転職をされても、別の業種でも同様の問題が起きる可能性があります。

3年間頑張れば、何かが変わるわけではありません。現職であっても、FKさんが書かれているもう一歩の努力をすることで、楽しみや面白さが見出せる可能性もあります。結果が出ないことで逃避するのではなく、もう1年頑張り、結果を出して転職するという選択肢もあります。3年後、5年後のなりたい自分をイメージしたうえで、決断をしてください。

キャリアアドバイザー 谷所健一郎

併せて読みたい記事
賛成! あたらしい生き方。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。

キーワードから記事を探す

検索フォーム

人気コンテンツランキング
転職成功ガイド