転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

転職Q&A【情報収集】

今後、国際社会ではどういう人材が求められていきますか?

私は、大学を卒業したばかりで、今年から現地採用として中国の工場で生産管理をする予定です。会社の雰囲気もよく、給料も高く今はその仕事についてまったく問題ないと思います。

ただ大きな問題は、将来日本に帰るということです。一生中国で暮らすつもりは無いので、まず最低3年は中国で働こう! と決めており、中国の会社のほうにも伝えてあります。

ですので、3年後の日本就職のことを考え行動を起こしたいのですが、何が有効でしょうか? また、今後日本と海外の間ではどんな人材が求められるでしょうか? 私は幅の広い仕事がいいと思っているのですが、キャリアの為どんな仕事をするのが良いでしょうか? ご意見お聞かせください。よろしくお願いします。

ワタ(22歳 男性)

A

これからの3年間は、ワタさんにとって貴重な経験になると思います。そのためには、全てが勉強という意識で、先の損得をあまり考えず、日常の仕事に打ち込んでください。特に新卒から5年間で培った経験は、成功体験だけでなく失敗したことも、今後仕事をしていくうえで、とても大切な経験になります。予想もしない出来事や、多くの出会いがあると思いますが、いずれ退職するからという気持ちではなく、本気で仕事に打ち込んでください。

国際力のある人材は有望ですが、ワタさんが何をやりたいのか中国における仕事を通じて考えてみてください。転職は、即戦力を求める傾向がありますので、中国の工場における生産管理の経験や、語学力も、強いアピール材料になります。さらに国籍が異なる人々とのコミュニケーション能力や、人事管理能力、業務改善能力、貿易実務、取扱商品の専門知識などは、3年間で培える職務経験ではないでしょうか。

転職に関して、インターネットを通じて海外からも、求人サイトは閲覧できますし、退職時期の6カ月前くらいになりましたら、日本の企業とコンタクトを取ったり、人材紹介会社に登録することで、転職市場を把握することも可能です。

キャリアアドバイザー 谷所健一郎

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
自分を向いて歩こう。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。