転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

面接・選考

QUESTION
選考においての苦情を受け付けてくれる機関はどこ?
先日、某企業の採用試験を受けた際、気になったことが2点ありました。

【1】 1次面接の際、記入し提出するよう渡された用紙がありました。質問事項は家族の氏名や年齢、今の住まいが持ち家か家族所有か借家か、などといったものでした。内定や入社時の書類ならいざ知らず、まだ1次面接を受ける段階の者にこのような事を書かせるのは許されることなのでしょうか? 

最終的には採用されず、履歴書と職務経歴書は返却されたのですが、この用紙は返却されませんでした。返却して欲しいと電話すると、廃棄しましたとの回答でしたが、信用できないし不快感で一杯です。

【2】 1次面接通過の電話連絡の際、「内定しましたので、役員面接を受けてください」と言われました。“役員面接”の際にも「これはあなたを選考するためではなく、あなたに入社するかどうか判断してもらうための面接です」とのことだったのですが、翌日連絡があり、「残念ながらご縁がなかったということで……」と言われてしまいました。驚いて「内定とおっしゃいましたが、まだ選考中だったのですか?」と尋ねると「内定であって、正式決定ではありません。昨日の“2次面接”で最終的に決定し、あなたより社風にあった方を選びました」との返答でした。

確かに内定は正式決定ではないかもしれませんが、社会通念的には内定したら、後は特別な問題がない限り、採用となると思っていました。連絡の際、内定などと言う紛らわしい言葉を使わず、普通に「1次面接を通過しましたので、2次面接に来てください」と言ってくれれば、誤解もなかったと思うのです。

私の考えは間違っているのでしょうか? こういった採用試験での苦情を受け付けてくれる機関はありますか?

angie(32歳 女性)

ANSWER
【1】 高卒採用試験では家族構成等に関して質問をしてはいけない等、厳密に規定されていますが、社会人対象の採用では、配偶者や家族の協力が得られているか等の理由で確認をすることはあります。ただし、自宅を所有しているか賃貸かという点まで記載させることは非常に不可解です。企業の意図が理解できませんし、記載させるのであれば、少なくとも採用担当者は目的を明確にするべきです。

【2】書面による内定通知や電話で内定の連絡を受けて受諾することで、労働契約の締結とみなされますので、電話により内定したから役員面接を受けてほしいという採用担当者の言葉は、不可解です。応募者にとって内定と言われれば入社が認められたと判断しますし、さらに面接時の役員の言葉から考えれば、内定だと当然考えます。内定は業績が急激に悪化した等、特別な理由以外、取り消しになることはまずありません。今回のケースは、angieさんが記載されているように「1次面接を通過しましたので、2次面接に来てください」と言うべきです。

この企業の採用担当者と役員が、採用に関して知識と配慮がないとしか考えられません。苦情を申し立てる場合、ハローワーク、労働基準局、労働基準監督署で受け付けてもらえますが、内定については書面で提示されていませんので、企業側から「言っていない」と主張される可能性があります。いずれにしましても、入社に値する企業ではないと思いますので、むしろ内定をもらわなくて良かったと考えて、気持ちを切り替えて転職活動をおこなってください。

キャリアアドバイザー 谷所健一郎

併せて読みたい記事
賛成! あたらしい生き方。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。

キーワードから記事を探す

検索フォーム

人気コンテンツランキング
転職成功ガイド