転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

QUESTION
面接時、「何か質問はありますか?」と聞かれたら!?
面接時に、必ず面接官から「何か質問はありますか?」と聞かれます。たくさん質問しないと意欲がないように見られるとか、1次面接のときは2、3個にとどめておくべきとか、待遇面の質問はしないほうがいいといったように、いろいろな噂を聞きますが、しないほうがいい質問ってありますか?

やはり気になるのは待遇や職場環境のことになってしまい、業務の質問はそれほどたくさん思い浮かばないので、困ってしまいます。

ちょこ(30歳 女性)

ANSWER
面接官に「何か質問はありますか?」と言われて、たくさん質問しなければ意欲がないと見られることはありません。それまでの面接過程が重要で、最後に無理やり質問をしても効果はないということです。面接官は、応募者が無理やり質問をしていることはすぐにわかります。本当にあなたが入社したい企業でしたら、募集要項や会社案内を徹底的に調べることで、理解しにくい点や入社前に確認しておきたいことがあると思います。応募企業の企業研究と募集要項を調べたうえで、事前に質問事項は用意しておきましょう。

その際、募集要項や会社案内などに記載されているような、企業研究をしていれば理解できるような質問はタブーです。企業研究をしたうえでの質問が前提になります。待遇面の質問は、面接を通じて提示されていない内容であれば質問をしてもかまいませんが、福利厚生施設や有休がとりやすいかなどの質問は、仕事の意欲に欠けると見なされることがありますので、面接時に質問をしないほうがいいと思います。

業務の質問は浮かばなくても、社風については質問できると思います。例えば、「何度か御社を訪問して、社員の方々の活気を感じましたが、社風をお聞かせください」と質問します。ただ「社風を聞かせてください」という質問より、意欲と積極性をアピールできます。

「何か質問は?」と問い掛けることで、応募者は面接が終了したという安心感を抱き、本音を話してしまう傾向があります。好感を持たれる本音ならばいいのですが、最後まで気を抜かないことが肝心です。あくまでも面接だということを忘れずに、ちょこさんの入社したいという意思を示すように心掛けてください。

キャリアアドバイザー 谷所健一郎

併せて読みたい記事
賛成! あたらしい生き方。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。

キーワードから記事を探す

検索フォーム

人気コンテンツランキング
転職成功ガイド