転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

面接・選考

QUESTION
転居をしてまで職を求める気持ちを面接官に理解してもらうには?
初めてお便りいたします。前職を辞して二年程になりますが、最近特に就職活動で行き詰まりを強く感じるようになりました。

私は東京の大学を卒業後、実家のある地元の信用組合に就職し、融資事務と営業職を経験いたしました。その後、地元での生活では満足できない自分を強く感じ退職を決意いたしました。退職後、東京の職業訓練校で半年ほど訓練を受け、現在はアルバイトをしながら就職活動を行っております。

面接は十回ほど受けましたが、その共通の印象として、面接官の方々に「なんで好条件の会社を辞めてまで転居し職を求めるのか理解できない」という反応が強かったということです。

私は、両親のよほど強い反対が無い限りは自分のもっとも好ましい土地を本拠地として生活し、やがては自分の家族を築き上げてゆくのも悪くない生き方だと思うのですが・・・。
私自身地元に対しての未練はありませんし、就職先も転勤があっても、狭い範囲のものを選び応募しているので、採用先のニーズとバッティングすることは無いと考えているのですが、なかなかご理解いただけないようです。

書類選考が面接前にある企業を中心に受けてきたので、求人から外れるようなキャリアでは無いとしたら、自分の人間的な部分と考え方の表現がうまくいかなかったのだと考えておりますが、今後どのように面接に対応していってよいか悩んでおります。

どうか、ご指導を賜りますようお願い申し上げます。

Nao (27歳 男性)

ANSWER
地元での生活では満足できないために転職したいという理由は、漠然としていて面接官は納得しないと思います。地元での生活では満足できない、具体的な理由は何なのでしょうか?地元ではできず、応募企業だからこそ実現できることを、具体的に説明する必要があります。

企業は、地元を離れることに懸念を持つのではなく、なぜ東京、或いは応募企業で働きたいのかという明確な動機を求めています。地元で求人がないから、東京に出てきたという理由もインパクトに欠けます。今までの経験を強みとして、応募企業だからこそ実現できることを具体的に説明してください。

人間的な部分が不採用になっているのではなく、今後の目標が明確でないため、入社したいという熱意が伝わっていないのです。将来の実現したいキャリア目標と応募企業でなければできないことを結びつけた志望動機を考えてみてください。

キャリアアドバイザー 谷所健一郎

併せて読みたい記事
賛成! あたらしい生き方。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。

キーワードから記事を探す

検索フォーム

人気コンテンツランキング
転職成功ガイド