転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

QUESTION
子供を育てながら、正社員として働きたい
去年の5月に3人目の子供を産んだ主婦です。今年の4月から再就職を考えております。2人目を産んでから3人目を産むまでは、フルタイムのパートとして働いていましたが、今回は正社員として働くことを希望しております。ちなみに、現在、義父、義母と同居しており子育てをサポートしてくれます。

そこで気になるのが、サポートがあるといっても子供が3人いて正社員として働くのは難しいのかということです。採用する側としては子供がいないほうがやはり採用しやすいのでしょうか? 4人目は産む予定がないので、これからは正社員として、定年まで働きたいと思っております。仕事に対するやる気も他の方には負けません。また、面接の際に、面接官に好印象をもたれる自己PR方法がありましたら教えてください。

はなは(31歳 女性)

ANSWER
子供がいるから採用されないということはありませんが、残業や休日出勤のある企業の場合、勤務要件を満たさなければ、不採用になるケースはあります。正社員であれば、長期雇用が前提になりますので、どれだけ応募企業への思いがあり、貢献できる人材かという点も見極めています。

はなはさんは、ご家族のサポート体制もあり、定年まで働きたいと考えていますので、子供がいることが不採用の要因にはならないと思いますが、安定した生活を送りたいという理由だけで、正社員を希望しても企業は、興味を示しません。大切なことは、はなはさんの仕事における強みを明確にして、応募企業で貢献できる人材であることを、具体的にアピールすることです。

自己PRは、抽象的な表現ではなく、先に結論を言い、できれば、仕事に関連する経験を事例としてあげて説明してください。自己PRを通じて、面接官にはなはさんの働く姿をイメージさせることがポイントです。面接は、回答だけでなく、表情や仕草もパーソナリティを見極めるうえで採否のポイントになりますので、面接官の話を聞く態度などにも注意を払ってください。

>> 仕事と家庭を両立しやすい会社か見極めるコツは? 選考で注意すべき点は?

キャリアアドバイザー 谷所健一郎

賛成! あたらしい生き方。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。

キーワードから記事を探す

検索フォーム

人気コンテンツランキング
転職成功ガイド