転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

面接・選考

QUESTION
転職と入籍時期が重るのはマイナスイメージ?
このたび、現在の会社を退職し、転職活動をしようと考えています。

現在は社宅住まいなので、退職後は交際中の彼と同居しようという話になりました。彼は同居するなら籍も入れたいと言っていて、私もかまわないと思っているのですが、退職時期と入籍時期が重なることで結婚退職だと思われ、いざとなったら専業主婦という道もあるという印象を与えないか心配です。

当分は子どもをつくる気もなく、きちんと仕事をしたいと考えています。入籍は再就職が決まってからのほうがよいでしょうか? また、面接時も入籍の予定があることは言わないほうがよいでしょうか?

さき(23歳 女性)

ANSWER
確かに採用担当者の受け止め方によっては、結婚退職だと思われる可能性はありますね。結婚退職だというイメージを持たれることで、さきさんの仕事のスタンスや将来の目標、仕事に対する熱意を、短い面接時間で理解してくれるか? という不安はあります。その意味では、可能であれば入籍を少しずらしてもいいかもしれません。

しかし、現在は女性だから専業主婦でなければいけないという時代ではなく、むしろ結婚後も女性が活躍している企業や分野は多くあります。大切なことは、さきさんが今までの経験を活かし、応募企業にとって必要な人材だということと、将来のキャリアビジョンをアピールできるかということです。

この点がしっかりしていれば、採用担当者は入籍ということを気にせず、さきさんと一緒に仕事をしていきたいという気持ちになります。仕事の強みをアピールできず、将来設計もはっきりしない状態では、採用に結びつきません。入籍という問題を打ち消すくらいの強みをアピールし、きちんと仕事をしていきたいという熱い気持ちを語れるようにしてみてはいかがでしょう?

キャリアアドバイザー 谷所健一郎

併せて読みたい記事
賛成! あたらしい生き方。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。

キーワードから記事を探す

検索フォーム

人気コンテンツランキング
転職成功ガイド