転職ノウハウ 応募企業の探し方、面接のポイントから、円満退職の秘訣まで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!
このエントリーをはてなブックマークに追加

面接・選考

QUESTION
前職の給与を聞かれたら、そのまま答えるのが賢明?
会社が合併したことを理由にリストラされ、現在無職で転職活動中です。転職希望の大本命先で、以前担当していた同業種・同職務の募集を見つけ面接まで辿り着きました。面談中に以前の所得額を尋ねられたのですが、やや高めだったので正直に伝えては不採用になると思い、「額が理由で候補から外れると残念ですので、一旦お任せ致します。ご提示頂いてから交渉させて頂けますか」と申し上げましたが、その後何の連絡もありません。

やはり以前貰っていた給料額は言った方がよかったのでしょうか。無職特有の焦りもあり、気に掛かっています。

hana(35歳 女性)

ANSWER
前職の給与額は、採用後、源泉徴収票を提出される際にわかりますので、所得額を尋ねられたのであれば、正直に伝えるべきだったのではないでしょうか。面接官が尋ねている質問について、回答を拒否したと受け取られた可能性があります。
前職での金額が高いと思われるのであれば、「現在○○万円ですが、貴社の規定でお願いします」と答えれば問題ありません。

回答で気にある点があります。「一旦お任せ致します」の部分ですが、回答が曖昧です。提示額を聞いて交渉するのであれば、任せるという主旨とは異なり、面接官は混乱します。「私の実力を見て、ご判断ください」という回答で、能力をアピールすべきでないでしょうか。「提示額を聞いたうえで交渉する」という回答も採用担当者によっては好感を持ちません。最低希望額があるのであれば、「前職では総額○○万円いただいていましたが、生活を考えますと△△万円以上を希望いたします」と意志表示すべきです。

面接時に希望給与額について尋ねられない場合は、内定後に給与交渉をおこなうことも可能です。面接時に待遇面の希望を強調しすぎると、面接官から、待遇面だけにこだわる応募者だと受け取られるケースもありますので、前職の給与を質問された場合は、簡潔に希望額を述べて、希望額に見合う人材だと理解してもらうために、応募企業で発揮できる強みを積極的にアピールしましょう。

>> 面接での年収に関する質問。好印象な答え方&スマートに希望年収を伝える方法は?

キャリアアドバイザー 谷所健一郎


適職をディグる! ジョブリシャス診断(適職診断)
履歴書の添削を受ける
  • マイナビ転職 グローバル
  • マイナビ転職 エンジニア求人サーチ【IT】
  • マイナビ転職 エンジニア求人サーチ【ものづくり】
  • マイナビ転職 女性のおしごと
マイナビ転職 適性診断
マイナビ転職 適性診断

会員登録(無料)


1分で分かる! あなたの強み「社会人力診断」
メカラボ
土地柄タイプ診断
職務経歴書・履歴書テンプレのダウンロード
オフィシャルBOOK
シゴトサプリ