転職ノウハウ 応募企業の探し方、面接のポイントから、円満退職の秘訣まで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!
このエントリーをはてなブックマークに追加

面接・選考

QUESTION
第二新卒採用での自己PRは学生時代の話をしてOK?
私は去年、就職先を決定しないまま大学を卒業しました。

現在は第二新卒を募集する企業などに応募しています。そこで疑問が生まれたのですが、面接やエントリーの段階で自己PRをする際、学生時代の経験をふまえた自己PRをしてもいいのでしょうか?

また第二新卒を募集なさる企業は、大学卒業後アルバイトのみの経験しかない人も選考の対象にしているのでしょうか? ご回答の程よろしくお願いいたします。

海援隊 (23歳 男性)

ANSWER
学生時代や卒業後のアルバイト経験でも構いません。大切なことは、応募企業で求めている人材を考えたうえで、学生時代を含めてアピールできる材料を探してみてください。第二新卒の厳密な定義はありませんが、概ね第二新卒の採用対象は入社1年目~3年目で、25歳位までの若手社員を、第二新卒として考えている企業が多いと思います。

アルバイト経験しかない人でも、選考の対象になります。アルバイトであっても、たとえば接客業をされていたのであれば、コミュニケーション能力や営業力など、応募企業で活かせる強みとしてアピールできます。アルバイト経験しかないと悲観的に捉えず、アルバイトをしながら、貴重な経験をしたという気持ちで、臨んでください。

第二新卒で求められることは、職務経験は浅くても、社会人としてのマナーを心得ており、仕事に対して貪欲にチャレンジできる人材です。第二新卒の求人では、未経験者を歓迎する募集も多いのですが、経験がないから「できない」といった受身の気持ちで応募するのではなく、応募職種で求められることで、自ら学習できることは、自主的に取り組んでいる前向きな姿勢をアピールすることが大切です。

キャリアアドバイザー 谷所健一郎


適職をディグる! ジョブリシャス診断(適職診断)
履歴書の添削を受ける
  • マイナビ転職 グローバル
  • マイナビ転職 エンジニア求人サーチ【IT】
  • マイナビ転職 エンジニア求人サーチ【ものづくり】
  • マイナビ転職 女性のおしごと
マイナビ転職 適性診断
マイナビ転職 適性診断

会員登録(無料)


メカラボ
土地柄タイプ診断
オフィシャルBOOK
シゴトサプリ