転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

QUESTION
志望動機につながる、企業分析の方法は?
私は事業再生の分野での転職を目指しております。経験があまり多くないので、企業(名)よりも仕事内容を重視して就職したいと思っています。ただ、志望動機で、いざ「なぜこの会社を志望しているのか」という点で常に困ってしまいます。

監査法人系のコンサルティング会社をとっても、どの会社も同じような業務分野で、これといってそれぞれの特徴も考えられません。「なぜこの会社を」と質問に答えるための考え方を教えてください。やはり企業分析をとことんやるしかないのでしょうか。目をつけたほうがいいところなどがありましたら、お願いします。

ktori60(26歳 男性)

ANSWER
監査法人系の企業は、一般企業と比較し、大きな違いを見つけることは難しいかもしれませんが、「なぜこの会社を」という問いの答えを見つけることは、採用試験のためだけでなく、今後のktori60さんのキャリアプランを考える意味でも大切なことです。

会計監査に強い法人やコンサルティングを主としている法人など、それぞれ特徴があります。まず、会社資料、インターネット、プレスリリースなどで、沿革、特色を掴んでください。監査法人の多くは書籍を出版していますので、代表者が書いた本や事業再生について書かれたものはチェックしましょう。法人の特色を掴めない場合、代表者の著書に感銘したということも志望理由の1つになります。

監査法人系コンサルティングは、応募条件が公認会計士やMBA取得者などに限定される場合があります。あまり経験がない場合、コンサルティング業務をなぜやりたいのかという志望理由を軸にしてもかまいません。法人に対する志望動機も大切ですが、なぜ事業再生をやりたいのか、そのためにどのような強みがあり、応募企業でどう活かしたいのかということを明確にして、志望動機としてアピールしてください。監査法人についての知識を得ないまま、特色だけを無理やり述べると、志望動機のための付け焼刃の回答と受け取られることがありますので、ktori60さんの言葉で話すことが大切です。

キャリアアドバイザー 谷所健一郎

併せて読みたい記事
賛成! あたらしい生き方。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。

キーワードから記事を探す

検索フォーム

人気コンテンツランキング
転職成功ガイド