転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

QUESTION
「転勤可能」と本音と違う答えをしてしまったが……

2次面接で「転勤は可能ですか」という質問をされ、「可能です」と答えてしまったのですが、正直、転勤はしたくないのが本音です。採用された後、転勤を言い渡された際は、断るようなことは難しいのでしょうか。

実は、2次面接まで進んだ会社は先方に好印象を持ってもらったのですが、地方支社に転勤の可能性があり、新規支店候補が決まっていて、そこに配属する要員らしいのです。まだ採用と決まったわけではないのですが、転勤の可能性のことばかり考え込んでしまいます。

もし採用が決まっても、転勤を言い渡された際に「また辞めたい」と思うくらいなら、辞退して1次選考の結果待ちの会社にかけてみようかとも思っているんです。アドバイスをお願いいたします。

かげ(25歳 男性)

ANSWER

転勤する可能性が、かげさんの人生にとってどれだけ影響があり、重要なことなのかを考えてみてください。人それぞれ生活事情は違いますから、一概にチャレンジするべきだとは申し上げられません。しかし、特別な事情もなく、生活環境を変えることに対して不安や迷いがあるのでしたら、大きな視野で考えてみるべきです。

入社前と明確に状況が変わった場合は別として、「転勤が可能です」と答えたのに、入社後「転勤できない」と言うのは、一般的には問題があります。採用が決まって転勤を言い渡されたら、「また辞めたい」と思う程度の企業でしたら、応募企業の業務内容、将来性に魅力を感じていないのではないでしょうか。

応募されている企業の仕事が、かげさんにとって魅力的で、どうしても就きたい仕事なのか、仮に転勤したとしても、将来希望するポジションに就く可能性があるのかということを検討してください。

転職は、現在の環境や人間関係が大きく変わるわけですから、エネルギーと勇気がいることです。しかし、日々すべてのことが変化しているなかで、現状と同じ状況が続くということはありません。前向きに捉えて新しい出会いや環境を求めることも、かげさんにとって素晴らしいことだと思います。

回答者:キャリアアドバイザー 谷所健一郎

併せて読みたい記事
あした転機になあれ。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。

キーワードから記事を探す

検索フォーム

人気コンテンツランキング
転職成功ガイド