転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

QUESTION
業務違反のためという、正直な理由を話してもよい?

行政書士事務所に勤務しております。職場が、弁護士法に違反する業務(非弁行為)を行っています。違法行為をやめるよう所長に申し入れましたが聞き入れられません。摘発される前に他の事務所に転職を検討しておりますが、応募先での退職理由の説明として現事務所の実情を話してもよいものでしょうか。

違法部分を除いた職務は大変やりがいがあり、今後その方向で実務経験を積みあげていきたいと考えています。一般論として、前職で実現出来なかったことを応募先で実現させるというコンセプトで志望動機・前職の退職理由を説明せよと言われますが、私の場合、違法行為から逃れるための転職ということになってしまいます。本当の退職理由は伏せて、現職と同じ業務分野はあきらめ、他の分野に関心があり新しいことに挑戦するという趣旨の退職理由・志望動機にすべきでしょうか。

pink0601(30歳 女性)

ANSWER

文面からどのような違法行為なのかわかりませんので、アドバイスが難しいのですが、一般的には、現職の告発のように受け取られる可能性があり、違法業務に関連するような情報について、応募事務所に話をすることは、採用試験では問題があります。応募企業が該当する違法行為に断固として否定的な事務所であれば共感されますが、応募事務所においても何らかの問題がある可能性もあり、採用後にそれが原因で再び退職するのではと採用担当者が考えることも予想できます。

記載されているように現職でできない仕事が応募企業で可能であるという退職理由が理想ですが、退職理由のためだけにやりたい仕事から離れることは、結局再び転職を考えるきっかけになりかねません。事務所の規模、扱う業務の特徴、キャリアアップできるといった退職理由を、伝えてみてはいかがでしょうか。応募企業でも前職の経験を評価するわけですから、他の分野でなく、仕事のスケールや評価制度が違うといった理由でアピールすることも可能かと思います。

面接では、実務能力を積極的にアピールし、採用したい人物だと思わせることも大切です。確かに退職理由や志望理由は、面接では重視されますが、質問の目的は、自社で貢献できるか否かを見極めることです。そのためにも現在の実力、今後の方向性を明確にして、応募事務所で活躍できる人材であることを伝えるのが、何よりも大切です。

回答者:キャリアアドバイザー 谷所健一郎

併せて読みたい記事
あした転機になあれ。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。

キーワードから記事を探す

検索フォーム

人気コンテンツランキング
転職成功ガイド