転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

QUESTION
休職を隠したまま内定をもらった。どう報告すべき?
職務経歴書記載事項に関しまして、アドバイスをお願いいたします。1社内定が出ておりますが、1点問題があり、職務経歴書に嘘の記載があります。本年7月・現在まで休職をしておりますが、現職中であるという前提で転職活動しています。休職していることに関しては一切触れておりません。10月いっぱいで退職し、11月から新しい職場へ転職しようと思っております。休職期間中雇用保険・健康保険・厚生年金は支払っておりました。しかし転職先に源泉徴収票を提出する際に4カ月分の給料支払いがないことがわかってしまうと思います。この場合内定取り消し・解雇になってしまうのでしょうか?アドバイスのほどよろしくお願いいたします。

Maisyo(25歳 男性)

ANSWER
現在も在職していますので、面接で、元気に働いているという偽った事実を述べていなければ、休職についてあえて職務経歴書に記載しなかったという説明も可能かと思います。しかし休職について判明した場合、少なからず不信感を抱かれます。

休職中であることを記載しなかっただけで、内定取消し・解雇になることは通常ありませんが、休職理由が業務に支障を与える場合、内定取消しになる場合もあります。源泉徴収票の提出時に疑問を持たれる可能性もありますが、4カ月間の休職であれば、担当者が、気がつくかどうかは、何とも言えません。

いつか解雇になるのではとビクビクしながら仕事をするのでしたら、「休職期間が短いので職務経歴書にあえて記載しませんでしたが、~という事情で現在休職中です。しかし御社の業務をおこなううえで、全く支障はありません」というように、担当者に話しをしてしまう方法もあります。内定取消しになる可能性が全くないとは言えませんが、職務能力を評価され、面接をおこない採用に至ったわけですから、理解をしてもらえるのではないでしょうか。正直に話しをするか、黙って入社をするかという最終的な判断は、ご自身でお考えください。

キャリアアドバイザー 谷所健一郎

併せて読みたい記事
あした転機になあれ。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。

キーワードから記事を探す

検索フォーム

人気コンテンツランキング
転職成功ガイド