転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

先どりストーリー

社長はメジャーミュージシャン!? 大企業用クラウドCMSで企業支援――株式会社コネクティ

日本企業としてエンタプライズCMS分野にイチ早く注目し、純日本製のクラウド型大規模環境向けCMSの開発に成功した株式会社コネクティ。

現在は自社開発の「Connecty CMS on Demand」を軸に、インフラからコンテンツマネジメント、マーケティングまでWeb戦略をトータルに支援。その確かな技術とノウハウ、日本企業ならではのきめ細やかなサポートに対する信頼から、各業界を代表する大手企業への導入が相次いでいます。

CMSマーケティングのパイオニアとして業界をリードする一方で、休む時にはしっかり休むといったメリハリのある働き方も推奨する同社。今回はミュージシャンとしてもメジャーシーンで活躍が期待される代表取締役社長の服部氏に、前例のないサービスの立ち上げに挑んだ理由やその苦労を伺うと共に、働き方へのこだわりについても詳しくお聞きしました。

――大手メーカーのご出身と伺いましたが、起業を思い立ったきっかけを教えてください。

1998年に新卒で入社したソニー株式会社には、創業者をはじめ多くの伝説的な経営者のベンチャースピリットが脈々と受け継がれていました。配属先は人事部門でしたが、私自身も従来の型にはまらず、インターンシップ制度を活用するために学生とのコミュニティーサイトを作ってみたり、社員から会社への要望を集めるために社内SNSを作ったりしていたんです。当時、日本ではSNSという言葉さえ普及していませんでしたが、そこから新サービスとして社内外に提供されたものもあるんです。

その頃からBtoBビジネスへの興味が高まり、社内転職制度を活用してBtoBビジネスを手掛ける部署へ異動しました。その異動先で、「一人シリコンバレー創業プロジェクト」という起業コンテストの話を耳にしました。興味が湧いて、試しに応募してみたら優勝してしまったんです(笑)。元々、日本から世界に誇れるようなソフトウェアを生み出したいという想いもあったのですが、この優勝が大きな転機でしたね。

――起業当初も今と同じ事業内容だったのですか?

いえ、違います。当初は各企業がユーザーなどとコミュニケーションを取るためのポータルサイトの構築がメインでした。しかし、そういった分野は企業にとってはサービスをより充実させるためのオプション的な要素が強いんです。そうなると、景気が悪くなった時には一番にコスト削減の対象になる。会社としてもっと安定して収益を得るためには、よりお客さま企業の根幹を担うようなビジネスを手掛ける必要があると考えたことが、今のビジネスにつながりました。

――それがエンタプライズCMSだったのですね?

そうです。日本で一般的なCMS(コンテンツマネジメントサービス)は、Webサイトを更新するためのツールといった要素が強いのですが、私たちが目指したのは、Web運用の基盤となるようなシステム。それがエンタプライズCMSだったんです。この分野は海外製品が日本市場を独占しているような状態でした。それってなんだか悔しいじゃないですか? どうせなら日本から世界を目指せる製品を作ろうと、ある時期から社内の開発体制を、一斉にこの大規模環境向けCMSにシフトしました。

――この新サービスでこだわったポイントは?

まずはクラウドサービスとしての提供ですね。これによってお客さまがサーバーを導入したり、運用する手間もコストも削減できる。更にお客さまのほうでその都度バージョンアップをする必要もなく、タイムリーに新機能を利用できることも大きなメリットですね。

もう一点、代理店を介さずに直接エンドユーザーに販売する体制にもこだわりました。サービスの提供開始以来、1社1社すべてへダイレクトにアプローチしていますが、メーカーとしてお客さまの課題をしっかり把握できるだけでなく、市場ニーズを製品へ迅速に反映することが可能になりました。

――現在は更に幅広いWeb領域をサポートしているそうですね。

CMSを利用されているお客さまが増加すると共に、「売上UPに直結するような効果的なWeb制作もトータルに任せたい」という依頼もどんどん増えていきました。現在は、自社開発のCMSを活用したWeb制作からマーケティングまで、Web戦略に必要なソリューションをトータルに提供しています。

エンタプライズCMSという製品の特性上、お客さまは大手企業が中心です。なかには、当社のサポートにより売上が300%UPしたり、3年計画の目標値を1年で達成したお客さまもいらっしゃいます。着実に成果や実績を生み出していることも、当社への信頼につながっています。

――御社に続こうとする競合も増えそうですね?

CMSの開発は、実はかなり難しいんです。大企業向けとなると更に難易度が上がります。独自に開発するとなると、それなりのコストが掛かる。それとWeb業界ではデザイン会社がCMSの販売代理店になっているケースがほとんどなので、CMSからデザイン、マーケティングまでトータルにサポートできる会社は国内にほとんどないのが現状です。CMSのメーカーとしてWebの根幹部分からサポートする一方で、Webデザインでは誰もが知る大手広告代理店とも戦える。当社のようなダイレクト販売は、ほかに例がないだけに大きなチャレンジではありましたが、結果的にはそれが独自のビジネスモデルの確立につながりました。

――ビジネスだけでなく音楽でもメジャーデビューされたりと、ワークスタイルでも注目を集めていますね?

そうですね。コネクティを経営しつつ、BlueHairsというバンドで音楽活動をしています。ただ、プライベートはもちろん大事ですが、社員には仕事と私生活に半々の力を注げば良いというふうに誤解しないで欲しいですね。私は社員には仕事のプロであってほしいと思っているんです。プロとして、自分の専門フィールドで最高のパフォーマンスを発揮してほしい。その方法の一つとして仕事以外の時間を大切にしてほしいと思っています。

私自身も仕事は全力投球をしてなるべく残業せず早く帰り、残った時間で音楽を楽しむ事でONとOFFを切り替え毎日の仕事への活力を得ています。自分の趣味や価値観に社員を巻き込むつもりもありませんので、方法は何でも良くて、家族の時間を大切にするも良し、趣味を思いっきり楽しむも良し。OFFをしっかり充実させることで、仕事にまた全力投球できると思っているのです。もちろんその中で両方に本当に100%力を注げるという社員には二刀流も勧めます。

――御社が目指す未来像も教えてください。

デジタルマーケティング分野はCMSだけにとどまりません。今後はECやCRMなども含め、プラットフォームを提供するメーカーとしてUIやデザイン、マーケティングまでトータルソリューションを展開したいですね。そうして日本発の企業としてグローバルな舞台でチャレンジしたいと思っています。

同時に、多くの社員が人生をとても豊かに過ごしている。そんな会社作りを通じて社会の働き方改革にも一石投じていければと思っています。

――ベンチャースピリットを発揮して、他に類を見ないビジネスモデルや革新的なソフトウェアの開発に取り組み成長を続けてきた株式会社コネクティ。「テクノロジー抜きでデザインは語れない」とおっしゃる服部代表の、今後の活躍に注目しています。本日はありがとうございました。

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
自分を向いて歩こう。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。