転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

職種別 受かる!志望動機・理由の書き方、伝え方職種別 受かる!志望動機・理由の書き方、伝え方職種別 受かる!志望動機・理由の書き方、伝え方

採用担当者が採否を決定するうえで、大きなポイントとなる志望動機について、さまざまな職種の経験・未経験者の例文(サンプル)をご用意しました。志望動機をどう考えて伝えればいいのか、書き方について例文(サンプル)と併せてマイナビ転職の転職MYコーチがアドバイスします!

採用担当者に聞きました!

新卒採用とは異なり、中途採用で人事や採用担当者が履歴書など応募書類に記載された内容の中でもっとも重視するのは「職務経歴(業務経験)」でした。

そして、「志望動機・志望理由」です。多くの会社の中から、「(当社で)具体的に何がしたいのか?」「(当社で)何ができるのか?」「(当社に)入社したいと考える理由」などから、自社の採用ニーズにマッチした人材なのかを見極めたいと考えています。ですので志望動機にはその答えとなる内容を盛り込むことが重要になります。

グラフ:採用担当者が応募書類で重視する点、2位が志望動機・理由で19.0%グラフ:採用担当者が応募書類で重視する点、2位が志望動機・理由で19.0%グラフ:採用担当者が応募書類で重視する点、2位が志望動機・理由で19.0%

※ 調査方法:インターネット上で実施(楽天リサーチ株式会社)/調査対象:人事など採用業務の経験者300人 /調査期間:2014年1月27日~31日

「志望動機」「志望理由」の
書き方・伝え方について、
転職MYコーチがアドバイス!

履歴書などの応募書類において、志望動機や志望理由はスキルや経験を生かせる「職務経歴の強み」と、応募企業だからこそキャリア目標が実現できるという「企業への思い」という2つのことを説明する必要があります。ですが、履歴書などの応募書類でどちらか一方のみのアピールしている方が多いんです。

「なぜ当社なのか?」という採用担当者の疑問に答えられなければ、優秀なキャリアがあっても、インパクトの弱い志望動機になってしまいます。経験があるというだけでは、応募企業と他社との差別化ができず、技術を習得できるという志望動機は、企業は学校ではないと考える採用担当者もいます。

一方、応募企業に対して熱烈なラブコールを示しても、経験やスキルなどが企業側の求める人材とマッチしていなければ、「あこがれ」だけの志望動機になってしまいます。

ですので、志望動機は、応募企業に向けた独自性のあるものを作成する工夫が必要です。個人のキャリア目標は変わらなくても、企業によって求める人材が異なりますので、応募企業に特化したキャリアの強みと貢献できる業務を強調した書き方に工夫することがポイントです。

企業の情報収集はもちろん、求人情報から求められる能力を把握し、入社後の自分の活躍する姿をイメージしながら、採用担当者にアピールするようにしていきましょう。

書き方のポイント

企業が求める人材を踏まえて、(自分の)仕事上の強み、興味を伝える

(自分の)将来の
キャリアビジョンを伝える

応募企業の特徴を踏まえて(自分が)実現・貢献できることを伝える

「なぜ当社なのか?」に答えるために必要な情報収集とは?

前述のとおり、説得力のある志望動機や志望理由を作るためには「なぜ当社なのか?」に答えられることが重要です。そして、その答えを用意するためには情報収集が欠かせません。応募企業のことを十分に知らないまま作った志望動機だとありきたりな内容になりがちで、説得力が乏しいものになってしまうからです。

もし応募企業が商品やサービスを提供している企業であれば、商品を使ってみる、店舗に足を運んでみる、顧客目線でパンフレットを読んでみるなど、リアルに接してみると良いでしょう。情報として知っているだけではなく、実際に見て感じたことを自分の言葉で説明できると、志望動機はぐんと説得力が増します。

併せて、基本的な情報収集も忘れずに。求人情報や採用ページだけでなく、応募企業のホームページや会社案内もチェックしておきましょう。代表者メッセージ、沿革、経営理念、企業規模、事業内容、営業拠点がどこにあるのかなど、隅々まで熟読してください。漫然と読むのではなく、「何度も出てくる単語や話題」を意識してみると、企業が大切にしている考えや注力していることが分かるはずです。

また、同業他社や競合商品(サービス)を調べて比較したり、業界シェアや応募企業がかかわるニュースも目を通しておくと、また違った視点から応募企業の強みやカラーを理解できるでしょう。このように企業の特徴をつかんだうえで、応募職種の仕事内容を踏まえ「自分が社員だったらどんな仕事で貢献できるか」「どんな取り組みに挑戦したいか」を考え、志望動機・志望理由に盛り込んでいきます。そうすると、「なぜ当社なのか?」という問いに答え、採用担当者に本気度が伝わる志望動機になるでしょう。

>志望動機に説得力がでる! 情報収集で調べておくべき項目リスト
>「当社を志望した理由は?」お手本回答とNG回答をチェック

応募書類(履歴書や職務経歴書)と面接で志望動機は変える?

面接は応募書類(履歴書や職務経歴書)に書いた内容をベースに進むので、面接と応募書類で志望動機や志望理由を変える必要はありません。ただし、面接の場でより効果的に伝えるために、以下のことを意識してみてください。

【内容】

実際に声に出して読んだ時に2分くらいに収まるようにまとめましょう。また、すべての面接官があらかじめ応募書類を読んでいるとは限りませんので、応募書類に書いてあることも省略せずに伝えてください。そのうえで、具体的なエピソードを交えて話すと、面接官はあなたが入社後に活躍する姿をイメージしやすくなり採用するメリットを感じてもらいやすくなります。

【話し方】

面接では「内容」だけでなく「態度」「話し方」も重要です。どんなに企業のニーズに合った志望動機・志望理由でも、声が小さい、うつむきがちである、おどおどしているといった態度では良い印象は持たれませんし、説得力が半減してしまいます。事前に声に出して読んでみる、自分の話す様子を動画で撮ってチェックしてみるなど、練習してから面接に臨むと安心でしょう。

>「話し方」で不採用!? 注意すべき5つのポイント

採用担当者にマイナス印象を与えるNG志望動機とは?

ここまで志望動機や志望理由の書き方・伝え方を説明してきました。最後に、採用担当者にマイナス印象を与えるNGな志望動機を紹介します。用意した志望動機が当てはまっていないか、チェックしてみてくださいね。

【1】退職理由と志望動機に一貫性がない

退職理由と志望動機に矛盾があると、「本音を隠しているのでは?」「条件だけで当社を選んだのでは?」と採用担当者は不信感を抱きます。そのため、「前職で『かなえられなかったこと』を、御社では実現できる。だから志望した」など、退職理由と志望動機に一貫したストーリーを持たせると良いでしょう。

ただし、「前職ではかなえられなかった」というのが「自ら行動せずに企業だけのせいにしている」と思われてしまうのも、印象が良くありません。「転職を考える前に今いる環境でどのような行動、努力をしたのか」「前職ではかなえられない合理的な理由」も併せて伝える必要があります。また、言うまでもないことですが「その不満が応募企業の応募職種で本当に解消できるのか」もしっかりチェックしておきましょう。

>退職理由と一貫性のある志望動機を作るコツ


【2】「経営理念・ビジョンに共感しました」

「経営理念・ビジョンに共感しました」という志望動機や志望理由そのものがNGというわけではありません。ただ、具体的に「どこに」共感したのかを説明できないと薄っぺらく聞こえますし、「どの企業にも同じことを言っているのでは?」と思われてしまうかもしれません。事前に情報収集して、「どこに、なぜ共感したのか」を自分なりの言葉で説明できるように準備しておきましょう。

また、「経営理念に共感した」という志望動機のみでは、採用担当者はあなたを採用するメリットを感じません。「どのような経験を生かして、どのような仕事に取り組んでいきたいのか」など、貢献していきたいという意欲も併せて伝えること。そうすれば、採用担当者に「即戦力として申し分なく、当社に合っている、自社が求めている人材である」と納得してもらえるでしょう。


【3】「御社で学ばせていただきたく……」

謙虚さや熱意をアピールするつもりで言ってしまいがちな言葉ですが、実は注意が必要。受動的だ、自分本位だと思われてしまうからです。企業は応募者が即戦力として貢献し、足りない部分があれば補うべく自ら行動することを期待していますので、同様に「研修制度が充実しているため」「未経験でもOKと書いてあったので」なども避けたほうがいいでしょう。

受動的な姿勢と思われないためには、先に「前職のXXXの経験を生かして、●●●の仕事で貢献していきたい」というように、生かせる経験やスキルを具体的に伝えること。そのうえで、「今までの経験に固執し過ぎることなく、新しいノウハウやスキルを取り入れていきたい」「やったことがない業務にも積極的にチャレンジしていきたい」と柔軟で前向きな姿勢をアピールすれば、「即戦力でやる気もある」と伝わるでしょう。


【4】「給料が良いため」「プライベートと両立させたいため」

同じく「休みが多いため」「福利厚生の制度があるため」「地元で働きたいため」もふさわしくありません。もちろん、転職先を選ぶうえで給料や休みなど条件面は大切でしょう。しかし、そればかりを伝えてしまうと「制度目的の転職で仕事に意欲がない」と見なされてしまいますし、「もっといい条件の企業があったら、また転職してしまうのでは?」と採用担当者は懸念を抱いてしまうからです。

待遇や条件にかかわる話は、前職の退職理由を聞かれた時に「転職を考えたきっかけ」として話す程度なら問題ありませんが、ストレートに「志望動機」にするのは避けたほうが無難。志望動機はあくまで「企業で自身のどんな経験を生かしてどのように貢献していきたいか」など、仕事内容にかかわるものを軸に組み立てるようにしましょう。


>ホンネの志望動機は「休日が多いこと」。面接でどう言う?
>採用担当者が明かす「NG志望動機」ワースト5とは?

転職MYコーチとは?

CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)や、キャリアコンサルタントなどの資格を有するプロのキャリアアドバイザーのチームです。IT、メーカー、小売・流通などさまざまな業界の実務経験も豊富な「マイナビ転職」専任のアドバイザーたちが、あなたの魅力や強みを採用担当者の視点でチェック。志望動機など記載された内容のアドバイスを行う会員限定「履歴書添削」サービスも行っています。

併せて読みたい記事
賛成! あたらしい生き方。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。