転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

地力アップ 実録!激辛スーパーリアル面接
人情派の30代女性は、「未経験の壁」を乗り越えられるのか!?
「面接での受け答えがどうも…」とお嘆きのみなさま! 他人の面接の徹底分析を見て、我が面接の教訓を得ようではないか。第3回の挑戦者(求職者)は31歳の女性。短大卒業後に出版社に就職し、ここ数年はディレクター職として社内の信頼を得ていた。そんな彼女は人材ビジネスに興味を抱き、2年前からコーチングの勉強を始めた。そして、この10月に退職。業界内でも成長著しい総合人材サービス企業が募集した人材コンサルタント職の面接に挑む。
面接官 髭 彰さん
今回の挑戦者 猪飼 奈美さん(仮名)
挑戦者がヒューマンスキルを裏付ける殺し文句を!

総合人材サービス業界では屈指の実績を持つB社。多様化する人材ビジネス業のニーズに応えるB社が求めるのは、「求められる人を求める人に」はもちろん、売り上げにも貢献できる人材コンサルタント。募集年齢は35歳までだが、「30歳以上なら経験者がほしい」というのが本音(以上、面接の設定)。そこにやってきたのが、未経験だが「人材ビジネスをライフワークに!」と、熱意ある猪飼さんだった。背筋がピンと伸びた姿勢が猪飼さんの誠実さを表していた。面接官の髭さんは猪飼さんのキャリアについて一通り聞いたあと、何気ない口調で尋ねた。

 
髭さん 編集ディレクターをしていて難しい点は?
 
猪飼さん やはり納期管理です。イラスト、翻訳といった各部署のスケジュール調整ですね。どのようにして折り合いをつけていくか、これが難しい点です。
 
髭 さん 失敗した経験は?(1)
 
猪飼さん あります。各部署間で「言った、言わない」というのがあり、人間関係が悪くなったこともあります(しっかりとした口調で)。
 
髭さん 退職されたばかりですよね。今のお気持ちは?
 
猪飼さん 正直に言って複雑な気持ちです。ただ、会社の人たちと、これからも付き合っていけることが確認できたんです。これは嬉しかったです。(2)
 
髭さん 辞められた理由は?
 
猪飼さん 私が担当していたのは自動車会社のマニュアルづくりだったんです。ちょうど経営者が変わったこともあり、アイデアを出す機会もあって、やりがいも感じていたのですが、やはり自動車業界は男性がメインで、女性がやっていくには難しい点がありました。
 
以上の応答に前後して、猪飼さんはコーチングを経験する中で、「人の決断をサポートすることに喜びを感じました。人が決断をした後には声のトーンまで変わる。そんな人の決断に関わっていきたい」と、転職理由について語る。
 
髭さん では、人材コンサルタントという仕事は、どんな仕事だと認識されていますか?
 
猪飼さん まず数字をあげていかなければいけない。そういう点でプレッシャーが強いイメージがあります。(3) ただ、転職する人は、いろんなところで悩んだり、迷ったりすると思うんです。そこを脱出すると目の前が開けてくる。そんな人を手助けすることに喜びを感じられるんじゃないかと思います。
 
POINT1. 「失敗した経験は?」のとき、表情を見られる!
POINT2.人間関係を大切にしていたことを証明
POINT.3 会社に利益を与える人材なのか?

未経験職でも具体的な事例は答えられるように!

髭さんは、人材コンサルタント未経験の猪飼さんに、さらに事例をあげての質問をしていく。

 
髭さん では、たとえば年齢が高く、合った求人案件が少ないのに、高いキャリアを望む求職者が来たときにどうします?(4) 
 
猪飼さん 情報収集をしていただいて、企業側がどういった人材ニーズを求めているのかを知っていただきます。
 
数字をあげることを考えれば、1人に時間をかけていられない。どう処理しますか? あなたにもジレンマがありますよ(5)
 
猪飼さん 求職者自身に意欲があるのなら、自ら情報収集することを指導します。私自身のジレンマは、人に話したり、紙に書いて残すなど、一度出力することで解消できます(以下、猪飼さんは、かつて自分自身についてもらっていたコーチとの経験を説明する)。
 
髭さん では、20歳そこそこで学歴もない。そんな人が中堅以上の有名企業を希望していたらどうしますか?
 
猪飼さん 今の時点では難しいことを伝えて、もっと長いキャリアビジョンを見据えるように指導します。
 
髭さんは、残業が可能かどうかの質問をした後、再び退職についての質問を行った。
 
髭さん 退職を決断したのは、いつなんですか?
 
猪飼さん 昨年の年末に上司に伝えました。ありがたいことに引きとめていただいたのですが、私がどうしても人材ビジネスの仕事に就きたいことを申し上げて理解していただき、調整して今年の10月に退職になりました。(6)
 
POINT4. 事例の質問に対しても回答できるように!
POINT5. 自己処理に対する認識は?
POINT.6 退職を申し出てからの期間は?

未経験だけに回答が抽象的! どうする?

ここまで的確な受け答えを続けていた猪飼さんだったが、髭さんが人材コンサルタントについて、さらに突っ込んだ質問に入ると…?

 
髭さん 10年後に、どんなビジョンを持っていらっしゃる? (7)
 
猪飼さん キャリアコンサルタントの資格をとって、企業への貢献ができるように成長していきたい。
 
髭さん 成長とは?
 
猪飼さん 名刺にキャリアコンサルタントと書けるような。肩書きと自分がマッチしている自分になりたいと思っています。(以下、髭さんとのやりとりで「マッチとは?」「恥ずかしくない」、「恥ずかしくないとは?」「頼りがいがある」、「頼りがいがあるとは?」「解決策が見えてくる」、「解決策とは」「担当した求職者が一歩踏み出せる」とやりとりが続いた)(8)
 
髭さん 求人をマッチさせるには、どういった点がポイントなんでしょう?
 
猪飼さん 求人企業が求める人材の情報を、顧客から直接聞いたり営業担当者から聞き出して、求職者にどれだけ噛み砕いて伝えられるかがポイントだと思います。
 
髭さん そういった情報はコンピュータで見ることができますよね。それだけでマッチができると思うんですが?(9)
 
猪飼さん いいえ、文字情報だけでは伝えられないことが多いと思います。やはり直接足を運んでいる営業担当者と時間を共有することで、どういうイメージを持っているのか、営業担当者がどんな意見を持っているのかを聞くべきだと思います。
 
髭さん それだけ時間がとれますか?
 
猪飼さん はい、とりたいと思います。
 
髭さん わかりました。
 
以上で面接は終了。
 
POINT7.10年後に会社でどんなポジションにいるか?
POINT8.自分の夢を具体的に答える。
POINT9.面接官の誘導尋問に気をつけろ!

今回の面接教訓

1.未経験職でも本質を理解しておく!
猪飼さんは非常に好印象でした。会話の中に人材コンサルタントの本質である「人間関係を大切にする」というキーワードが何度も出てきました。最後に「文字情報だけではマッチできない」と言いきった点も評価できます。人と企業をマッチさせるという現場は、非常に泥臭いものなんです。未経験にも関わらず職種の本質を理解していました。合格ですね。ただ当然ですが、経験を語れず話が抽象的になる弱さはあります。
2.「謙遜しながら業界のリアルな話を」が、未経験職チャレンジのウラ技!
未経験者の場合、話が抽象的になってしまいます。そこをカバーするために、業界で働く知り合いなどにリアルな話を聞けばいいんです。そこで収集した情報を、「まだ、業界について知識はあまりないんですが――」と謙遜しながら話すことです。話すことによって、業界を知ろうと努力をしているのがわかるし、入社後も「わからない業界の案件に接したら、同じように知り合いの業界人の話を聞きにいくだろう」と好印象を残します。
3.「転職も仕事」、片っ端から応募する
いくら猪飼さんに潜在能力があっても経験者と比べると弱い。経験者はノウハウを教育する必要がありませんからね。だから、未経験者は募集している企業へ片っ端から応募することを勧めます。「転職も仕事」だと思うことです。その転職活動が人材コンサルタントになったとき活かせます。ただし面接にいったときは、「研究のため2~3社応募しています」、「御社が第一希望です」と言っておくことです。面接では、「自分が不利になるマイナス面は言わない」が鉄則です。

猪飼奈美さんの感想
どうしても抽象的な話になるという自分の欠点がわかりました。
「面接は苦手」という意識が強いためか最初は緊張していたんです。話をしていくうちに、自分のペースで話せるようになりましたね。未経験職で業界も知らないので、話をすると抽象的になるのが自分でもわかりました。知識を話すと、面接官に「浅い知識」を話すことになると思っていたので、「謙遜しながら業界の話をする」というのは参考になりました。


面接官
髭彰(ひげ あきら)さん 有限会社キャップ総合研究所代表取締役
1948年生まれ。伊藤忠テクノサイエンス株式会社にて、技術教育課長、QCサークル活動推進事務局長、人事採用研修グループリーダーを歴任。
1998年独立後、キャリアコンサルティング、社員教育企画、数社の人材採用コンサルティングを手掛ける傍ら、某派遣会社のIT就職塾 塾長として大学生への就職指導、キャリアデザイン研修講師を担当。

併せて読みたい記事
賛成! あたらしい生き方。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。

キーワードから記事を探す

検索フォーム

人気コンテンツランキング
転職成功ガイド