転職ノウハウ 応募企業の探し方、面接のポイントから、円満退職の秘訣まで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!
このエントリーをはてなブックマークに追加

応募業種:情報通信
応募職種:システムプログラマー
年齢・性別:23歳・男性

今回の面接官

仕事に取り組む
姿勢を見極めたい

細田 咲江さん

今回の挑戦者

短い職務経歴を
うまくアピールしたい

土井 義男さん(仮名)
今春大学を卒業した挑戦者は、システムプログラマーとして入社したが、会社の業績不振の影響でわずか3カ月で退社した。そして今回は第2新卒者として、情報通信会社に再びチャレンジすることになった。面接官はしっかりとしたキャリアプランがあるか、社会人として仕事にどのように取り組んでいくのか、そして「我が社にどのように貢献できるのか」といったことを面接で探ろうとしていた。
面接会場に現れた挑戦者の土井さんは生真面目そうだが、スーツの着こなしがまだぎこちなく社会人としてのキャリアの浅さを感じさせる。前職ではわずか3カ月で退職したが、短いキャリアでもどのようにアピールするのか、今後どんなキャリアプランを持っているのかを期待したい。
 
面接官

まず我が社に入社を希望された理由についてお聞かせください。

  
土井さん

前職で経験したコンピュータの知識を生かそうと考えたんです。そのなか(数あるコンピュータ関連会社)で御社を希望したのは、情報セキュリティが徹底できていると思った点があげられます。それとサーバーでは銀行とか官公庁といった大手クライアントを取り扱っているので、キャリアアップができるのではないかと思い、志望いたしました。

 
面接官
なるほどね。前職で身についたものってどんなものなんですか?
  
土井さん
C言語を始めとする基礎知識や、さらに物事を自分で考えることですね。
  
面接官
物事を自分で考えるってどういうことですか?
  
土井さん
IT系の仕事はチームを組んでやる反面、自分からプログラムをどうすればいいかを研究しなければいけないと思います。
  
面接官
前職での経験が非常に短いんですが、実際にお客様とプログラムについてのやりとりをした経験はありますか?
  
土井さん
ありません。
  
面接官
そのなかで物事を考えてプログラムに生かした経験はあるんですか?
   
土井さん
ありません。
   
面接官
ということは、前職で培ったものは確たるものがあるわけではないんですよね?
   
土井さん
はい、申し訳ありません。
   
面接官
いえ、いいですよ。
ではプログラムのどんなところに興味があるんですか?
   
土井さん
自分でコンピュータを組み立てることを勉強していけるところです。
   
面接官
我が社にとってのメリットはどうなんでしょうか?
   
土井さん
自己PR文(提出済)にもあるんですが、「知的な私」と書いてあるように多くの知識を学ぶことにより、それをシステム開発に生かしていけること。そして「情熱的な私」と書いてあるように、行動力を生かしてある程度のプログラムをつくっていけることだと思います。
   
面接官
えっと(戸惑う)、……勉強していくことがお好きなんですね? その勉強したことをアウトプットすることは得意ですか?
   
土井さん
いやぁ……得意か得意でないか……。得意ではないかも知れませんね。
   
面接官
勉強したことを会社にどのように活かしていけるかが問題だと思うんですが。過去にそういった経験がありましたらお話していただけますか?
   
土井さん
前職で経験したプログラムづくりですね。検索画面のプログラムだったんですが、色を変えて見やすくしたりなどの工夫をしました。
   
面接官
はい、わかりました。
   
   
プログラマーとして何をやりたいのかがわからない。
土井さんの回答は、「物事を考えていくことです」のように、仕事をするうえで当たり前のことばかりで、具体的にプログラマーとして何をしたいのかが見えてこない。前職と同じ職種だからこそ、具体的な展望を語るべきです。その点では志望動機がすごく弱いと感じました。
 
前職と関連づけて具体的な説明を求めている

わずか3カ月だけだが、前職でプログラマーの経験があるので、具体的な志望動機を求めている。

 
 

ただ安定を求めているように思える

土井さんの答え方は「クライアントが大手なので、安定している」と受け取られる。それだけでは言葉が足りない。

 
クライアントが大手金融機関や官公庁といった、最先端のシステムを求めている会社なので、そのなかで技術を磨き、自分の能力を生かしていけるようになりたいと考えたからです。
 
 
 

あまりにも当たり前すぎる回答

この回答で面接官は「新卒の学生と意識レベルが変わらない」と考えた。第2新卒者の答えるような内容ではない。

 
 

「勉強していきたい」はNGワード

評価を下げる言葉だから、慎重に使いたい。

 
さまざまな知識を勉強して、そのことをクライアントのシステムに役立つように生かせることが楽しいと考えています。
 
 
 

抽象的すぎて意味が伝わらない

用意された言葉だが、抽象的すぎて面接官は「何を伝えたいのかわからない」と思う。ここはもっと自分をアピールする必要がある。

 
 
 
面接官は土井さんが、具体的にどんなシステムをつくりたいのか、さらにどんな能力を持っているのかを知るための質問を繰り返すことになる。
 
面接官

我が社に入社してどんなことをやりたいですか?

  
土井さん

まず最初は公共機関のシステムづくりをして、そこで実績を上げたいと思います。

 
面接官
具体的に何をやりたいんですか?
  
土井さん
サーバー構築をやっていきたいと思います。
  
面接官
将来的にはどんな仕事をやっていきたいんですか?
  
土井さん
将来的には「困ったときの土井頼み」と言われる存在になりたいです。
  
面接官
では将来的にもプログラマーとしてやっていきたいんですか?
  
土井さん
将来的にはネットワークマネージャーとか、プロダクトマネージャーになるかどうかはわからないんですが、頼られる存在になりたいです。
  
面接官
方向性はどうなんですか?
   
土井さん
先ほど申し上げたように「困ったときの土井頼み」と言われるような存在になりたいです。
   
面接官
それなら、便利に使われていいんですか?
   
土井さん
いやぁ、それは困りますね。動くときは自分からしっかり動いて、他人から頼まれたときは、そのことをしたいと思います。
   
面接官
では会社のなかでどんなポジションでいたいんですか?
   
土井さん
マネージャーにはなりたいと思います。
   
面接官
マネージャーになって何をやりたいんですか?
   
土井さん
ネットワークです。金融機関とかの情報漏えいを防ぐ仕事をやっていきたいと思います。
   
面接官
ではそのような仕事をするのにどんな能力を身につけていきたいとお考えですか?
   
土井さん
人をまとめる力と、技術知識ですね。それと産業の知識ですね。クライアントの動向を知る必要があると思います。
   
面接官
人をまとめるという点では、学生時代にサークルを立ち上げられたそうですが、その経験はどうでしたか?
   
土井さん
それは失敗でした。ある時期、人が集まらなくなったんです。
   
面接官
どんな失敗だったんですか?
   
土井さん
放送系のサークルだったんですが、アナウンス部の教育で「マイクと口との間はこぶし1個分開けるんですよ」とアナウンスの指導をしても、「いいから、いいから」とか言われたり、「こういう番組をつくるんですよ」と言っても、だめだったり。それと会議を昼にやるのか夜にやるのかでうまくとりまとめることができなかったんです。
   
面接官
その失敗から学ぶものがあったんですね?
   
土井さん
やはり人をうまくまとめるには、教育が必要だと感じました。
   
面接官
なんの教育ですか?
   
土井さん
自分自身の教育と、人を教育することです。
   
面接官
はい、わかりました。ではこれで面接を終了します。
   
   
つくり手としてのこだわりに欠ける。
この面接では、「具体的にどんな仕事をしたいのか?」「そのやりたい仕事で我が社にどのように貢献してくれるのか?」という2点を語るべきです。その点では、あいまいすぎる回答になっている。「困ったときの土井頼み」のような抽象的な言葉は、面接官に不必要な質問(「どういうことなのか?」)をいたずらに繰り返させるだけで、評価が下がってしまう。
 
キャリアプランを聞いている

ここでは具体的なキャリアプランの内容を答えるべきだった。

 
 

面接官の求める答えとはまったく違う

具体的に答えなければいけないのに、ここでさらに抽象的な表現になってしまった。

 
 

面接官が戸惑う

この回答で面接官は採用には厳しいと考えている。繰り返された質問の意図を理解しなければならない。

 
 

ポジションを語るときも具体的に

「課長になりたい」「社長になりたい」という回答は稚拙すぎる。

 

金融系のセキュリティシステム構築のマネージャーとして、世界で最先端のシステムを構築していきたいと考えています。

 
 
 

経験は包括的に述べてから具体的に

細かな事例を述べるよりも、まずは包括的に語りたい。面接官は、興味を持つとさらに質問をする。

 
 
 
 
キャリアプランを明確にしておく
  土井さんのように、回答が抽象的すぎると、面接官は質問を繰り返し、相手のことを最後まで理解できないまま面接が終わってしまう。社会人経験がある人は職種内容や会社の仕事内容を見据えて、「自分の能力は御社ではこのように生かされます」とプレゼンテーションするとよいでしょう。そのためにどんなキャリアプランを描いているのかもしっかりと準備しておきたい。
   
客観的に見ることができました
自分がやりたいことがまだまだ不明確なことに気づきました。そのため、自分をうまくアピールできなかったと思います。それにもっと具体的なキャリアプランも考えなければいけませんでした。これからは自分のやりたい仕事やキャリアプランをしっかりと考えていきたいと思います。

名前:土井義男さん(仮名)

職務経歴:情報通信の会社に入社。自社ホームページや自社管理データベースの作成、自社開発製品の動作確認テストなどを経験する。会社の業績不振により3カ月で退職することになる。
年齢:23歳 
志望動機:システムプログラマーとして成長していきたい
希望年収:200万円

名前:細田 咲江さん

早稲田大学卒業後、1983年に流通会社に入社。12年間、主に人事部で採用担当や人事教育などに従事。1994年にハナマル キャリアコンサルタントを設立。現在は、高校生や大学生の就職、社会人の転職、主婦向けの再就職に関する講演、執筆など幅広く活躍中。面接官の視点に立ったアドバイスには定評がある。また、埼玉女子短期大学と駒沢女子大学では講師も務める。

次回の挑戦者は28歳の男性。これまでのキャリアを活かし、技術開発の向上を目指してリアル面接に挑戦する。彼のキャリアは果たしてどのように評価されるのだろうか。
バックナンバー

最終回 特別対談 面接を成功に導くための5つの鉄則

100を超える事例から浮き彫りになったどんな面接にも通用する、成功のための鉄則

vol 113 30代後半で、正社員経験はほぼなし。マイナス印象を覆すPRはできるのか?

財団法人での医療系事務→派遣社員→社内SE→社内SE 橋本 美由紀さん(仮名、37歳・女性)

vol 112 入社1年半で、初めての転職に挑戦! 第2新卒の面接で注意する点とは?

人材系企業のイベント企画→人材系企業の営業 佐々木 徹さん(仮名、23歳・男性)


適職をディグる! ジョブリシャス診断(適職診断)
履歴書の添削を受ける
  • マイナビ転職 グローバル
  • マイナビ転職 エンジニア求人サーチ【IT】
  • マイナビ転職 エンジニア求人サーチ【ものづくり】
  • マイナビ転職 女性のおしごと
マイナビ転職 適性診断
マイナビ転職 適性診断

会員登録(無料)


1分で分かる! あなたの強み「社会人力診断」
メカラボ
土地柄タイプ診断
職務経歴書・履歴書テンプレのダウンロード
オフィシャルBOOK
シゴトサプリ