転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

60秒で元気になれる耳寄りヘルスケア

飲み会がダイエットタイムに!? かしこいおつまみオーダー術

掲載日:2014.8.26

ダイエットしたい、おなか周りが気になる、健康診断の肝機能値が気になる、、でも飲みたい! なんてことはありませんか? 仲間とお酒をワイワイ楽しむ時間、どうせなら好きなものをおいしく楽しみたいですよね。

今回は、肝臓を保護してダイエットにも役立つ、かしこいおつまみのオーダー術をご紹介します。ストレスフリーでお酒を楽しみたい! という人は要チェックですよ。

飲み会がダイエットタイムに!? かしこいおつまみオーダー術のイメージ画像1

1回目のオーダー:3つの食材グループで肝臓保護&ダイエット効果アップ!

おいしそうなメニュー、隣のテーブルの焼き鳥がいい匂い、、、お腹が空いていると、つい「あれも!」「これも!」と食べられる量よりも多く頼んでしまいがちですが、ここはぐっと我慢。

次に挙げる3つの食材グループから1品以上ずつ選んでオーダーし、いったんストップしましょう。

ねばねば系食材&きのこ類

ねばねば系食材やきのこ類など食物繊維の豊富な食材には、消化吸収のスピードを抑え、血糖値の急上昇をブロックする作用があります。血糖値の上がり方を穏やかにすることで、脂肪が付きにくくなります。

ねばねば系の食材としては、オクラ、海藻類(もずく、わかめ、昆布など)、モロヘイヤ、納豆などがあります。きのこ類は、しめじ、まいたけ、えのき、エリンギ、マッシュルームなどがありますね。

豆類・大豆製品

良質なタンパク質をたくさんとることで肝臓の代謝機能が活発になり、アルコールの分解が促進されます。

枝豆、いんげん、豆腐、湯葉、納豆、みそなどの豆類や大豆製品は、特に高タンパクな食品としておすすめです。

緑黄色野菜

タンパク質と同様、肝臓の代謝に欠かせないのが、ビタミンやミネラル。お酒を飲む時は、普段以上にこのビタミンやミネラルをとる必要があります。

小松菜、ブロッコリー、オクラ、ニラ、トマト、アスパラなど、中まで色が濃い緑黄色野菜には、ビタミンやミネラルが豊富に含まれています。

2回目以降のオーダー:ワイワイ楽しく、自由にチョイス!

2回目以降のオーダーは、肉料理、揚げ物、ご飯ものなど、食べたいものを自由にオーダーしてOK。過度な食べ過ぎ、飲み過ぎには注意が必要ですが、好きなものを食べて、大いに楽しんでいきましょう。

肝臓にもノー残業デーを

週に2日は休肝日をつくり、肝臓に休息を与えることも忘れずに。
飲酒した量に関係なく、できれば連続2日間にするのがベストです。

肝臓は24時間休みなしで、アルコールのほか、薬品や添加物、化学調味料などの分解・解毒も行っています。アルコールが入ると、そういった肝臓本来の機能もスピードダウンしやすくなりますので、週に一度でも休めて、肝臓をいたわってあげましょう。

記事提供:GozoRopp

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
自分を向いて歩こう。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。