このエントリーをはてなブックマークに追加

20代でも増加中! ぎっくり腰の原因と対処法とは?

60秒で元気になれる耳寄りヘルスケア

2014.12.25

ぎっくり腰なんてお年寄りに起きる症状で、20代のうちは関係ないと思っていませんか? 最近では、20代でぎっくり腰を経験する人は増えていて、お年寄りだけの病気ではないと言われています。特に、デスクワークが増え、体を動かすことが少なくなった現代人の場合、昔に比べてぎっくり腰になりやすくなっていると言われています。今回は、ぎっくり腰の原因と対処法についてご紹介します。

ぎっくり腰とは?

ぎっくり腰とは正式には急性腰痛症といい、突然腰の辺りに痛みが走る症状のことを指します。欧米では「魔女の一撃」と言われることもあるようです。重いものを持ち上げるなど、腰を支える靭帯や筋肉に急激に負担を掛けることで起こることが多いです。


ぎっくり腰の症状

ぎっくり腰が起こると腰に痛みが走り、体を自由に動かせなくなります。一般的な症状としては以下の通りです。


  • ●上半身を起こせない
  • ●腰が痛くて普段通り歩けない
  • ●せきやくしゃみが腰に響く

動くのはもちろんのこと、通常の姿勢でいることもつらく、日常生活に大きく支障をきたします。ねんざに近い症状で、安静にしていれば数日間で痛みは引きます。重いものを持ち上げる以外でも、ラケットで素振りをする、前かがみになる、せきやくしゃみをする、など日常的な動作でも起こることがありますので、注意が必要です。

ぎっくり腰の原因

椎間板の老化

椎間板は背中にある椎骨の間に存在する軟骨ですが、歳をとると共に椎間板や関節が老化し、痛みやすくなります。


悪い姿勢で長時間いる

背骨のカーブが強い猫背の姿勢は、腰に負担を掛けることになります。また、長時間同じ姿勢でいることも筋肉への負担に偏りが出てしまい、ぎっくり腰になりやすくなります。ストレスや食事なども少なからず関係していますが、薬などで予防できるわけではないので、普段から運動をして、筋肉や体の調子を整えることがとても大事になります。

ぎっくり腰になってしまった場合の対処法

もしぎっくり腰になってしまった時には、ひとまず安静にしましょう。下手に動かしてしまうと再発の危険性があり、慢性的な腰痛へと繋がります。

まずは痛みがある個所の炎症を抑えるために冷やし、横になっているのが一番です。痛みが我慢できない、痛みが長期間続く場合には病院に行って診察を受けてください。

ぎっくり腰を事前に防ぐには、日々の運動が大事です。体を動かす時にはストレッチをして、しっかりとほぐしたうえで運動をするのが良いでしょう。ぎっくり腰が癖になるとつらいので、20代のうちから気を付けてくださいね。


記事提供:GozoRopp

このエントリーをはてなブックマークに追加
ジョブリシャス診断

バックナンバー

あなたも「隠れ冷え性」かも? 低体温にならないために気を付けるべき6つのポイ...
人間の体温は平均で36.5℃くらいと言われていますが、皆さんの体温は何度くらいでしょうか? 近年、生活習慣の乱れから、体温が低い人が増えてきています。 低体温...
寒い冬の朝を乗り切るために! すっきり快適に目覚めるための4つのコツ
冬の朝は布団が恋しく、なかなか起きることができないもの。温かい寝床と決別してすっきり起きるためには、一体どうすれば良いのでしょうか? 1. 朝起きたらカー...
立ちくらみはなぜ起こる? 急な立ちくらみを防ぐためにできる4つのこと
急に起き上がった時の立ちくらみ。 誰にでも起こりうるものですが、一時的に気分が悪くなったり、バランスを崩して倒れるなどの事故につながることもあるので注意が必要...
マイナビ転職 適性診断
マイナビ転職 適性診断
アクセスランキング
朝が苦手な人必見! 強制的に早起きができるようになる5つの方法
60秒で元気になれる耳寄りヘルスケア
2014.09.2
ライフ
居眠り防止に! 眠気覚ましによく効く4つのツボ
60秒で元気になれる耳寄りヘルスケア
2014.10.9
ライフ
二日酔いはこう治せ! つらーい二日酔いを乗り切るために覚えておきたい5つのこ...
60秒で元気になれる耳寄りヘルスケア
2014.09.25
ライフ
その疲れ、肝臓や腎臓が原因かも? 肝腎臓を回復させる食材
60秒で元気になれる耳寄りヘルスケア
2014.07.8
ライフ
第7回 会社に行きたくない…… 放っておくとなってる? 出勤困難症とは
「メンタルタフネス」で転職に克つ!
2015.10.9
ライフ