転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

60秒で元気になれる耳寄りヘルスケア

立ちくらみはなぜ起こる? 急な立ちくらみを防ぐためにできる4つのこと

掲載日:2015.1.22

急に起き上がった時の立ちくらみ。 誰にでも起こりうるものですが、一時的に気分が悪くなったり、バランスを崩して倒れるなどの事故につながることもあるので注意が必要です。

立ちくらみはなぜ起こる? 急な立ちくらみを防ぐためにできる4つのことのイメージ画像1

そもそも「立ちくらみ」とは?

急に立ち上がった時に起こる軽いめまい、ふらつきを指します。 起立性低血圧(きりつせいていけつあつ)の症状の一つで、脳の血流や血液量が減り、酸素不足になった状態(脳貧血)において起こるものです。 地球には重力があるために、元々血液は下半身のほうにたまりやすいのですが、体を動かさない状態を長く続けることで、余計に脳貧血の状態を作り出しやすくなります。 立ちくらみは椅子から立ち上がる時のほか、横になった姿勢から起き上がる際にもよく起こります。

立ちくらみを防ぐためには?

1.朝はガバリと起きない

朝ベッドから起き上がる時は、横になった体勢からいきなり頭を起こさず、ゆっくりと体を動かしながら起きましょう。ゴロゴロと寝返りを打ったり簡単なストレッチをするなど、体に血を巡らせてから起きて、朝の行動を始めましょう。

2.貧血の改善に役立つ栄養を補給する

貧血は血中のヘモグロビンという色素が少なくなることによるものです。レバー、ほうれん草、大豆や赤身魚など、鉄分やタンパク質を多く含む食材を摂取してヘモグロビンをたくさん作り、貧血の改善に努めましょう。

3.体の血行を促す

運動したり体を冷やさないことで、体の血行を良くしましょう。あまり乗り物を使わずに歩く、冷たいものを食べ過ぎない・飲み過ぎないなど、普段の生活で心掛けることが大切です。

4.自律神経を整える

不規則な生活習慣や暴飲暴食は自律神経系のバランスを乱し、体の不調を引き起こすものです。疲労やストレスは適度に解消し、体に無理をさせないようにしましょう。

適度な水分補給も忘れずに! 脱水状態も貧血を引き起こし、立ちくらみの原因となります。

記事提供:GozoRopp

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena

メンタル関連動画

  • 【メンタル防衛術】職場でムダに傷つかない!考え方シフト

  • 【ストレスに勝つ】強いメンタルをつくる脳の鍛え方!

  • 【メンタル大丈夫?】心の健康を保つコツ教えます【精神科医Sidow】

自分を向いて歩こう。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。